御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

こまがたじんじゃ

駒形神社のお参りの記録(1回目)
岩手県水沢駅

投稿する
0197-23-2851

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

投稿日:2022年07月03日(日)
参拝:2022年4月吉日

【陸奥国 式内社巡り】

駒形神社(こまがた~)は、岩手県奥州市水沢中上野町にある神社。式内社で、旧社格は国幣小社。現在は神社本庁の別表神社。全国一の宮会の認定する陸中国新一の宮。祭神は天照大御神、天常立尊、国狭立尊、吾勝尊、置瀬尊、産火尊の6柱で、駒形大神と総称される。馬の守護神で、馬頭観音や大日如来と習合し、東日本各地に勧請されている。神体山は駒ケ岳。なお、駒ケ岳に奥宮、奥宮と本社の間に中宮がある。

創建は不詳。社伝によると、雄略天皇の御代、第十代崇神天皇の末裔である上野毛胆沢公が焼石連峰の駒ケ岳山頂に駒形さまを祀ったのが始まり、のち平安時代前期の851年に慈覚大師が山頂に社殿を建立したとしている。国史の初見は『日本文徳天皇実録』で851年に「駒形神」の神階奉授、『日本三代実録』には862年に神階昇叙の記載がある。927年に編纂された『延喜式神名帳』に記載のある「陸奥國 膽澤郡 駒形神社 小」に比定されている。蝦夷平定の坂上田村麻呂、前九年の役・後三年の役の源頼義・義家父子から崇敬され、奥州藤原氏からの信仰も篤かった。
江戸時代には伊達仙台藩と南部盛岡藩から守護され、里宮はそれぞれの藩内に1社ずつあったが、駒ケ岳山頂が両藩の境界線であったため、奥宮は両藩によって20年ごとに交互に建替えが行われていた。明治時代に入ると、近代社格制度において国幣小社に列するにあたり、奥宮、里宮ともに参拝に不便であるとして、1874年に当時の水沢県庁に近い現在地に遷された。

当社は、JR東北本線・水沢駅の西南西600mの街の中心地、水沢公園の北西部にある。同公園内には野球場、陸上競技場、テニスコート、体育館などがある。境内は特別広くはないが、市民が集まる場所なので平常時でも入口鳥居付近には屋台がいくつも出ている。東向きに建つ社殿の周りに境内社がいくつも並んでいて、降雪時でも参拝して廻りやすい造りになっている。

今回は、陸奥国の式内社、旧国幣小社、新一の宮ということで参拝することに。参拝時は休日の午後で、祈祷も含め、家族連れなど多くの参拝者が訪れていた。
駒形神社(岩手県)
北側の水沢公園入口から南下すると見えてくる<鳥居>と<社号標>。
駒形神社(岩手県)
境内東端入口。屋台があって人がたくさんいるし、自転車が無造作に置いてあったりと、なにやら賑やかな雰囲気。(o^―^o)
駒形神社の狛犬
鳥居前左側の<狛犬>。
駒形神社(岩手県)
鳥居前右側の<狛犬>。
駒形神社(岩手県)
鳥居をくぐって参道左側の屋台群。右側にも屋台が出ている。例祭日でもないのに、この屋台の数はスゴイかも。(o^―^o)
駒形神社の本殿
授与所近くで御朱印を待っている間にぱちり。拝殿左後方の桜が満開で華を添えている。
このあと、拝殿後ろの本殿や、神域北側を見て廻る。
駒形神社の山門
参道は<神門>につづく。
駒形神社(岩手県)
神門の左手にある<社務所>。授与所は神域の内側にある。
駒形神社(岩手県)
<神門>をくぐる。さすが雪国、「落雪注意」の貼り紙がある。
駒形神社(岩手県)
神門をくぐったところからの眺め。左右両側にも建物が並び、包まれ感がある。
駒形神社(岩手県)
<拝殿>全景。
駒形神社の本殿
<拝殿>正面。
駒形神社の建物その他
拝殿に向かって左手(南側)の<祈祷者控室>。室内と廊下にオレンジ色の「交通安全祈願」の札が大量に掛かっている。当社独特のものかな。
駒形神社(岩手県)
祈祷者控室の建物の左側(東側)にある<神楽殿>。これも雪国ならではなのか、渡廊下で左右の建物と繋がっている。
駒形神社の建物その他
神楽殿の左側(東側)にある、社務所の<授与所>。御朱印はこちら。
駒形神社の本殿
拝殿後ろの<本殿>。
駒形神社の末社
本殿の右隣にある<山神社>。
駒形神社(岩手県)
山神社の右隣の大きな境内社は<鹽竈神社>。明治時代に駒形神社が遷座して来る前から現在地にあった神社。
駒形神社(岩手県)
鹽竈神社の拝殿正面。
駒形神社(岩手県)
鹽竈神社の社殿全景。本殿は瑞垣でぐるっと囲まれている。
駒形神社(岩手県)
鹽竈神社の本殿。
駒形神社(岩手県)
財運が開けるという<塩吹き釜>。気仙郡(現大船渡市)の豪商・稲子沢家から奉納されたものとのこと。写真左端は巨大な<七宝しゃこ>。
駒形神社(岩手県)
境内北側中央にある<水沢招魂社>。
駒形神社(岩手県)
水沢招魂社の右前にある臨時授与所と御御籤掛け。
駒形神社(岩手県)
水沢招魂社の左前にある<縁美須(えびす)神社>。
駒形神社(岩手県)
神域内の見納めに、まぶしい太陽光と満開の桜に映える<社殿>。
駒形神社の自然
神域を出て、屋台と手水舎の間にある<夫婦杉>。
駒形神社(岩手県)
境内南東部、駐車場の中にある<神馬舎>。
駒形神社(岩手県)
最後に、神馬舎内の<神馬>。あまりにかわいい表情だったので。(^▽^)/
駒形神社の御朱印帳
岩手県の神社の初参拝につき、<陸中国一宮>の当社の御朱印帳を購入。
駒形神社の御朱印帳
御朱印帳の裏面。

すてき

御朱印

御朱印帳

みんなのコメント(0件)

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

投稿者のプロフィール

惣一郎さんのプロフィール画像

惣一郎973投稿

2020年1月から寺社仏閣巡りを始めた初心者です。東京在住です。
クルマとバイク、旅行が趣味なので、近くから遠くまで、精力的にお参りしています~♪

■2020年は、寺院も神社もよく分からないので、分かりやすそうな神社を中心に回り始めました(366寺社)。

①関東圏の延喜式内社 + 坂東三十三観音。
②関東以外に旅行に行くときは一之宮。
③チャンスがあれば、憧れの伊勢や出雲。

■2021年は、寺院にも力を入れてみました(574寺社)。

①寺院は巡礼を中心に。西国三十三、江戸三十三、鎌倉三十三、秩父三十四、関東三十六、北関東三十六、関東八十八、東国花の寺百ヶ寺。
②神社は、引き続き延喜式内社、旧社格県社以上、総社、一国一社八幡宮、神社本庁の別表神社。
③関東なら鎌倉、やっぱり京都・奈良、チャンスがあれば憧れの熊野・四国・九州。

■2022年は、良かった寺社を再訪しながら、日本各地(目標:47都道府県)を廻ってみたいと思っています~♪ (^▽^)/

(1月)東京都、三重県、岐阜県、愛知県 
(2月)静岡県 
(3月)山梨県、沖縄県 
(4月)滋賀県、福岡県、長野県、兵庫県、岩手県
(5月)埼玉県
(6月)長野県、北海道
(7月)(東京都)
(8月)富山県、(岐阜県)
(9月)(東京都)、(岩手県)、青森県

惣一郎さんの投稿をもっと見る

ホトカミ見ました! で広がるご縁

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
駒形神社の投稿をもっと見る41件
コメント
お問い合わせ