御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年2月22日
八幡神社ではいただけません
広告

はちまんじんじゃ

八幡神社
岩手県 一ノ関駅

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

参道中程 5台ほど

八幡神社の基本情報

住所岩手県一関市釣山19
行き方
アクセスを詳しく見る
名称八幡神社
読み方はちまんじんじゃ
通称一関八幡神社
参拝時間

24時間

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0191-23-2906
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://tamura-hachiman.com/mokuji.html?viewmode=pc

詳細情報

ご祭神《主》誉田別命
ご由緒

当神社は延暦年間(782~806)坂上田村麻呂が東夷平定の際館山(現釣山公園)に陣営を敷き、諏訪の大神(長野 諏訪大社)に勝利を祈願したのが紀元とされ、その後、康平4年(1061)源頼義、源義家が安倍貞任征伐【前九年の役】の折、田村麻呂と同じく館山に陣を敷いた際、合戦の祈願のため伊勢の神宮、京都の石清水八幡宮へ、中原大夫清房を奉幣使として使わせたところ両宮の大御神の御神託を賜り、この地域の八方に八幡宮を勧請した内のその第一社です。
天正2年(1574)相殿に八雲神社、文禄(1593)諏訪神社を再奉し寛文2年(1662)藩主伊達宗勝により現在の地へ遷座され以来現在の地に奉斎されています。
元禄7年(1694)初代田村藩主、田村建顕は一関に赴任した際、この地に坂上田村麻呂を慕う人々が多いことから伊勢へ伊藤惣助を代拝参宮へ使わした折、土山(滋賀県甲賀市)に鎮座する田村社の御分霊を田村神社として当社の相殿へ併せ祀り以来藩主田村氏の崇敬神社また一関(現市街地)の総鎮守としてお祀りされています。また現在千畳敷(釣山公園)へ鎮座している田村神社は、大正時代に田村家江戸屋敷邸内へ祀られていた御社を遷座したものです。明治4年郷社、明治8年村社、昭和5年再び郷社に列します。
昭和46年12月 社殿が全焼し貴重な文化財(田村建顕公、射的奉納弓矢、算額等)を焼失してしまいましたが、当時オイルショックの不況下の中、氏子崇敬者の篤い奉賛により昭和48年現在の御社殿が再建されました。

体験祈祷絵馬結婚式七五三御朱印お守り

Wikipediaからの引用

概要
一関八幡神社(いちのせきはちまんじんじゃ)は岩手県一関市にある神社である。一関の総鎮守であり、相殿の田村神社とあわせて一関八幡神社相殿田村神社とも称する。
歴史
由緒[編集] 延暦年間(782年 - 806年)に坂上田村麻呂が東夷平定の際に館山に陣営を敷き、諏訪大社に勝利を祈願したのが始まりとされる。 康平4年(1061年)に前九年の役で安倍貞任を征伐する源頼義・義家父子が田村麻呂と同じく館山に陣を敷き、合戦の祈願のために奉幣使として中原大夫清房を伊勢神宮や石清水八幡宮へと遣わしたところ、両宮の大御神の御神託を賜って、この地の八方に八幡宮を勧請した。その第一社が現在の当社である。
行事
祭事[編集] 1月1日 - 元旦祭 1月15日 - とんど祭 2月11日 - 建国祭 2月17日 - 祈年祭 4月18日 - 田村神社例大祭 6月30日 - 夏越大祓 9月15日 - 一関八幡神社例大祭 11月23日 - 新嘗祭 12月31日 - 大祓祭
引用元情報一関八幡神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E4%B8%80%E9%96%A2%E5%85%AB%E5%B9%A1%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=97839075

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ