御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
慈眼寺めめ大バナー※櫻山神社ではいただけません

さくらやまじんじゃ

櫻山神社

岩手県 上盛岡駅

投稿する
019-622-2061

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

境内にあり

おすすめの投稿

食いしん坊藤四郎
2018年09月16日(日)
138投稿

盛岡市にある桜山神社へ行ってきました。
こちらの神社へは1、2年前に近くのもりおか歴史文化館へ二代目和泉守兼定(之定)の御刀を観に行った時に参拝させて頂いたのですが、その時は御朱印のみ頂戴し、御朱印帳は(ちょうど前には出していなかった)頂かなかったのですが…後で調べたら南部家の定紋である【向鶴紋】がでーん!とのった格好いい御朱印帳で『何で授けて貰わなかったの、自分!!』と後悔。
いつか、いつか…と思っていたのですが、今日ようやく参拝致しました…! 南部家の定紋があるとおり、南部家縁の方々が御祭神です。
創始は江戸時代中期の寛延二年(1749)。この前年は南部藩初代藩主(南部家26代)没後から150年に当たりますが、時の藩主利視公は参勤交代で江戸におり、帰国を待ってから法要を営み、信直公の御遺徳を偲び盛岡城内淡路丸(本丸の東側)に神殿を建立、勧請の儀式を行って「淡路丸大明神」として尊崇したことから神社の歴史が始まったとのこと。
その後文化9年(1812)に「櫻山大明神」と改称。
明治4年には新政府により、盛岡城が接収されることになり櫻山大明神も城外へ遷座することとなり、何度か遷座を繰り返し明治23年(1890)旧盛岡城地が特別縁故により南部家へ払い下げられることが契機となり明治32年(1899)に現在の地へ神社境内を造成、翌年に奉遷、鎮座され今日にいたるそうです。

さて、こちらは街中に比較的こじんまりとある神社ですが、賑わいが結構あり、本殿横の烏帽子岩も是非見て欲しいポイントです。
この日は盛岡市内でお祭りがあったのか「やーれやーれやーれやーれ」という掛け声と多くの山車と出会いました。

盛岡に来たなら桜山神社への参拝と冷麺を味わって下さい〜

櫻山神社の山門櫻山神社の建物その他

ようやく手にした憧れの御朱印帳。

櫻山神社の自然

烏帽子岩。
結構大きいです!

櫻山神社のお祭り

神社の横に置かれた山車。こちらの山車は神社ある地区の山車だったようです。

櫻山神社の御朱印

前には無かった可愛いスタンプが今回はついてました。
スタンプの三日月が丸くなるまで南部領というのは「旅で三日月になる頃に南部領に入ると連日歩いても領地をでるのが満月になるまで日数がかかる(つまり領地が広い)」という所から来ているようです。

櫻山神社(岩手県)

広げるとこんな感じの御朱印帳です。格好いい!

もっと読む
のぶさん
2022年05月15日(日)
1164投稿

東北遠征の最後は盛岡駅から比較的ちかく、三ツ石神社の御朱印を櫻山神社でいただけるとの案内があったので立ち寄りました。
盛岡城が明治政府に接収された後、明治4年9月、御神体を盛岡市茄賀野村妙泉寺山に仮遷座、同10年5月20日に盛岡・下北山の聖寿禅寺跡に新社殿を造営し再遷座。この地域を今でも旧櫻山と称されるのはこのことに由来。明治14年1月、県社に列格。明治23年、旧盛岡城地が南部家に特別縁故によって払い下げられたことを契機に、旧盛岡藩士族また旧盛岡藩領民より、旧城地への遷座の機運が盛り上がり、盛岡城旧三の丸鳩森下曲輪跡(御蔵跡・勘定所跡)に明治32年神社敷地を造成。今日に見られる本殿、拝殿、神門
桜山神社の裏側にある階段を登っていくと、少し小高くなった所に、高さ6メートル以上もある大きな「烏帽子岩」が見えてきます。なんでも、南部藩第27代藩主・利直(としなお・1576~1632)の時代に盛岡城築城の工事中に出てきた大岩なのだとか。この烏帽子岩について案内板には、

盛岡城築城時、この地を掘り下げたときに、大きさ二丈ばかり突出した大石が出てきました。
この場所が、場内の祖神さまの神域にあったために、宝大石とされ、以後吉兆のシンボルとして広く信仰され災害や疫病があった時など、この岩の前で、平安祈願の神事が行われ、南部藩盛岡の「お守り岩」として、今日まで崇拝されています。

と記されていました。利直は巨岩を見て良い兆しだと喜び、南部藩盛岡の宝大石として大切に祀ったそうです。

櫻山神社(岩手県)櫻山神社(岩手県)櫻山神社(岩手県)櫻山神社(岩手県)櫻山神社(岩手県)櫻山神社(岩手県)櫻山神社(岩手県)櫻山神社(岩手県)櫻山神社(岩手県)櫻山神社(岩手県)櫻山神社(岩手県)櫻山神社の建物その他櫻山神社(岩手県)櫻山神社(岩手県)櫻山神社の建物その他櫻山神社(岩手県)櫻山神社の建物その他櫻山神社(岩手県)櫻山神社(岩手県)櫻山神社の御朱印櫻山神社の建物その他
もっと読む
投稿をもっと見る(40件)

歴史

この地を盛岡として発展させた藩主様を祀る300年の歴史ある神社

歴史をもっと見る|
10

櫻山神社の基本情報

住所岩手県盛岡市内丸1-42
行き方

JR「盛岡駅」より徒歩20分
「県庁・市役所前バス停」下車徒歩3分

アクセスを詳しく見る
名称櫻山神社
読み方さくらやまじんじゃ
通称櫻山さん
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号019-622-2061
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.sakurayamajinja.jp/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《主》南部光行,南部信直,南部利直,南部利敬
創建時代寛永二年(1749)
ご由緒

この地を盛岡として発展させた藩主様を祀る300年の歴史ある神社

体験結婚式御朱印武将・サムライ

Wikipediaからの引用

概要
櫻山神社(さくらやまじんじゃ)は、岩手県盛岡市に鎮座する神社である。
歴史
歴史[編集] 創建から江戸時代後期 江戸時代中期の寛延2年(1749年)、盛岡藩第八代・南部利視により盛岡藩初代・信直の遺徳を偲び、盛岡城内淡路丸に神殿を建立、同年9月26日、その神霊を勧請して「淡路丸大明神」と奉ったのに始まる。 盛岡藩第十一代・利敬が文化9年(1812年)8月13日に「櫻山大明神」と改称。その後、利敬は同15年(1818年)4月に南部家初代・光行を合祀した。 明治時代 盛岡城が明治政府に接収された後、明治4年(1871年)9月、御神体を岩手郡加賀野村妙泉寺山(現・盛岡市)に仮遷座、同10年(1877年)5月20日に盛岡・下北山の聖寿禅寺跡に新社殿を造営し再遷座した。明...Wikipediaで続きを読む
アクセス
アクセス[編集] JR東日本・IGRいわて銀河鉄道盛岡駅より バス利用の場合 盛岡バスセンター方面の路線で約10分、「県庁・市役所前」バス停下車。徒歩3分。 徒歩で約20分。
引用元情報桜山神社 (盛岡市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%A1%9C%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20(%E7%9B%9B%E5%B2%A1%E5%B8%82)&oldid=89793092

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー2