参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

女化神社茨城県 入地駅

おなばけじんじゃ

女化神社茨城県 入地駅

おなばけじんじゃ

茨城県 龍ケ崎市馴馬町5379
御朱印あり

アクセス

住所龍ケ崎市馴馬町5379
Googleマップで地図を開く
エリア入地駅
最寄り駅

◼︎関東鉄道竜ヶ崎線
入地駅から直線約3.33km
徒歩約1時間19分
車で約16分
Googleマップで確認

◼︎JR常磐線
佐貫駅から直線約3.62km
徒歩約1時間26分
車で約18分
Googleマップで確認

◼︎関東鉄道竜ヶ崎線
佐貫駅から直線約3.64km
徒歩約1時間27分
車で約18分
Googleマップで確認

◼︎関東鉄道竜ヶ崎線
竜ヶ崎駅から直線約4.19km
徒歩約1時間40分
車で約20分
Googleマップで確認

情報提供: HeartRails Express

女化神社について

基本情報

名称女化神社
読み方おなばけじんじゃ
御朱印あり
電話番号
ご祭神《主》保食命

Wikipediaからの引用

概要
女化神社(おなばけじんじゃ)は、茨城県龍ケ崎市にある神社。社地は同県牛久市女化町内の飛地にある。通称は女化稲荷神社。古名は稲荷大明神、女化稲荷社、保食神社、一葉稲荷など。旧無格社。
歴史
創建は諸説ある。 社伝では室町時代の永正6年(1509年)としている。 建久年間(1190-1198年)説もある。 祭神は保食命である。五穀豊饒・商売繁盛の神として信仰されている。 往古は稲荷大明神と称した。明治2年(1870年)に女化稲荷社から保食神社へ、明治17年(1885年)に女化神社へと改名した。ただし女化稲荷神社と呼ばれることが多い。社名碑にも「女化稲荷神社」と刻まれている。 文化元年(1804年)、牛久助郷一揆(女化騒動)の拠点になった。 一説に、常陸国風土記の信太郡の条にある「飯名社」(つくば市臼井の飯名神社の分社)の比定社ともいう。 文久2年(1862年)、平成14年...Wikipediaで続きを読む
引用元情報女化神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL: https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%A5%B3%E5%8C%96%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=72529156
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新: 2019年05月25日 by ホトカミ運営
作成者: ホトカミ運営

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所龍ケ崎市馴馬町5379
Googleマップで地図を開く
エリア入地駅
最寄り駅

◼︎関東鉄道竜ヶ崎線
入地駅から直線約3.33km
徒歩約1時間19分
車で約16分
Googleマップで確認

◼︎JR常磐線
佐貫駅から直線約3.62km
徒歩約1時間26分
車で約18分
Googleマップで確認

◼︎関東鉄道竜ヶ崎線
佐貫駅から直線約3.64km
徒歩約1時間27分
車で約18分
Googleマップで確認

◼︎関東鉄道竜ヶ崎線
竜ヶ崎駅から直線約4.19km
徒歩約1時間40分
車で約20分
Googleマップで確認

情報提供: HeartRails Express
行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

アカウントをお持ちの方