御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※水戸八幡宮ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

惣一郎
2021年09月02日(木)
963投稿

水戸八幡宮は、茨城県水戸市にある神社。旧社格は県社。本殿は国指定の重要文化財。

創建は安土桃山時代の1592年、その前年に江戸氏を滅ぼして水戸城主となった佐竹義宣が、現・常陸太田市馬場にある馬場八幡宮から八幡三神を勧請したことに始まる。1598年に本殿を建立し、水府総鎮守と定めた。1602年に佐竹氏が秋田藩に移封になり、代わりに徳川頼房が水戸に封じられ、引き続き水戸下市、常盤村の鎮守となった。1665年八満宮領300石が確認された。1709年現在地に遷座し、現在に至っている。

当社は、JR常磐線・偕楽園駅の北方2km弱の台地上にある。一の鳥居から社殿までは平坦だが、境内の森全体が境内になっていて、参道は太く長く、社殿周りの広々としている。境内の神聖な雰囲気が非常に良い。参道脇から少し逸れた場所にある「烈公御涼所(徳川斉昭の避暑所)」からは、日光・久慈連山や那珂川側の水戸市街地が一望できる。

今回は、茨城県の旧県社として参拝することに。参拝時は週末の午後、参拝者はぱらぱら見掛けるぐらいだった。

水戸八幡宮の鳥居

境内入口の<鳥居>と<社号標>。社号標には<国寶八幡宮>と書いてある。境内は北西から南東に横長で、この入口は南東側にあり、鳥居は南西向きに立っている。

水戸八幡宮の建物その他

鳥居をくぐって少し進み左折すると、幅が広く長い参道に出る。入口が小さかったので、この大きな参道は意外。参道両側の大木群も立派で<大社>の予感~♪
(ちなみに、この太い参道はGoogle Map上は<公道>になっている。)

水戸八幡宮の鳥居

隋神門が近づくと、まず<鳥居>と<燈籠>。

水戸八幡宮の末社

鳥居の左側には、立派な境内社群が並ぶ。左から順に<水天宮>、<二神宮・三島神社>、<金刀比羅神社・秋葉神社>、<粟島神社>、最後は<神馬舎>。

水戸八幡宮の手水

隋神門の手前、参道右側にある<手水舎>。

水戸八幡宮の山門

いよいよ<隋神門>。江戸時代中期の1757年建立。切妻造の四脚門で、左右に随神社が附属。屋根はこけら葺形銅板葺(元こけら葺)。欄間には<波に龍>の彫刻。古社らしい雰囲気が非常に良い。

水戸八幡宮の山門

隋神門をくぐる。上に<開運赤龍>の扁額。

水戸八幡宮の本殿

<拝殿>全景。江戸時代中期の1775年建立。桁行五間、梁間三間、一重、入母屋造、銅板葺(元こけら葺)。威風堂々とした外観。

水戸八幡宮の本殿

<拝殿>正面。当社の正式名称である<八幡宮>と記された扁額が掛かる。

水戸八幡宮の自然

拝殿に向かって左側に立つ巨木群。手前は<右近の桜>。

水戸八幡宮の自然

右近の桜の後方に立つ、御神木の<御葉付公孫樹>。樹齢800年で、樹高42m、幹回り9m、国指定の天然記念物。雌木で垂れた乳が見事。

水戸八幡宮の本殿

拝殿の背後にある<本殿>。安土桃山時代の1598年建立。桁行三間、梁間二間、一重、入母屋造、とち葺。国指定の重要文化財。美しく煌びやかなところは、さすが水戸徳川家ゆかりの神社といったところ。

水戸八幡宮の末社

社殿の左奥にある<武内宿禰神社 荒魂社>。

水戸八幡宮の末社

社殿の右奥にある<武内宿禰神社 和魂社>。

水戸八幡宮の狛犬

社殿の右手にある<三猿>。徳川家ゆかりならでは。

水戸八幡宮の本殿

拝殿前斜めから<社殿>を望む。手前には、元気に育つ神饌田の稲と年季の入った狛犬。

水戸八幡宮の末社

ここからは、拝殿に向かって右方にまとまっている境内社群。まず<青麻神社>。

水戸八幡宮の末社

青麻神社の右隣の<石尊神社>。

水戸八幡宮の末社

石尊神社の右手にある<松尾神社>。

水戸八幡宮の末社

松尾神社の右隣にある<天満宮>。

水戸八幡宮の末社

八幡宮の右隣にある<稲荷神社>の鳥居。

水戸八幡宮の末社

<稲荷神社>の社殿。

水戸八幡宮の建物その他

境内の東北側にある<烈公御涼所>。朝日御来光御聖地と記されている。右後ろの大ケヤキは<御神木>で、樹齢400年。

水戸八幡宮の景色

烈公御涼所からの景色。水戸藩9代藩主・徳川斉昭公が夏に涼を取りに来た場所。

もっと読む
投稿をもっと見る(44件)

水戸八幡宮の基本情報

住所茨城県水戸市八幡町8-54
行き方
アクセスを詳しく見る
名称水戸八幡宮
読み方みとはちまんぐう
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
ホームページhttp://www.mitohachimangu.or.jp
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》誉田別尊,息長足日売尊命,姫大神

Wikipediaからの引用

概要
水戸八幡宮(みとはちまんぐう)は、茨城県水戸市八幡町にある神社。正式名称は「八幡宮」である。古くは白旗山(しらはたやま)八幡宮、または白幡山八幡宮と呼ばれていた。旧社格は県社。創祀以来の水戸城主代々の崇敬社で、常陸国水府総鎮守とされてきた。
歴史
歴史[編集] 水戸八幡宮の祭神は、文禄元年(1592年)、佐竹義宣により、常陸太田市馬場にある馬場八幡宮から勧請された神である[B 1]。馬場八幡宮は天喜4年(1056年)、源頼義の凱旋にあたり後冷泉天皇が各地に勧請した石清水八幡宮の分社の一と伝えられている。佐竹昌義が同地の領有後、大田郷の惣社と定めてから、佐竹隆義と佐竹義重が社殿を造営するなど代々崇敬した[B 2]。府県郷社明治神社誌料には、佐竹氏が太田を領有した際、鎌倉八幡宮の分霊を勧請したとする伝承が併記されているが、現在、この由緒は同市内の若宮八幡宮に属するものとされている[B 3]。なお、佐竹氏の八幡信仰には馬場八幡宮に代表さ...Wikipediaで続きを読む
引用元情報水戸八幡宮」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%B0%B4%E6%88%B8%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE&oldid=89443815

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー