参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

水戸八幡宮茨城県 常陸青柳駅

水戸八幡宮茨城県 常陸青柳駅

茨城県 水戸市八幡町8-54
御朱印あり

アクセス

住所水戸市八幡町8-54
Googleマップで地図を開く
エリア常陸青柳駅
最寄り駅

◼︎JR常磐線
偕楽園駅から直線約1.67km
徒歩約40分
車で約8分
Googleマップで確認

◼︎JR水郡線
常陸青柳駅から直線約2.22km
徒歩約53分
車で約11分
Googleマップで確認

◼︎JR常磐線

◼︎JR水郡線

◼︎鹿島臨海鉄道線
水戸駅から直線約2.39km
徒歩約57分
車で約11分
Googleマップで確認

情報提供: HeartRails Express

水戸八幡宮について

基本情報

名称水戸八幡宮
御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号
ホームページhttp://www.mitohachimangu.or.jp
ご祭神《主》誉田別尊,息長足日売尊命,姫大神

Wikipediaからの引用

概要
水戸八幡宮(みとはちまんぐう)は、茨城県水戸市八幡町にある神社。正式名称は「八幡宮」である。古くは白旗山(しらはたやま)八幡宮、または白幡山八幡宮と呼ばれていた。旧社格は県社。創祀以来の水戸城主代々の崇敬社で、常陸国水府総鎮守とされてきた。
歴史
水戸八幡宮の祭神は、文禄元年(1592年)、佐竹義宣により、常陸太田市馬場にある馬場八幡宮から勧請された神である。 天正19年(1591年)、佐竹義宣が江戸氏を滅ぼして水戸城主になると、翌年の文禄元年(1592年)、馬場八幡宮の分霊を水戸城中に奉斎した。これが水戸八幡宮の創祀とされている。後に社地を城西大坂の八幡小路(現在の水戸市北見町)となった。 水戸八幡宮の社名は、後世の水戸徳川家の寺社改革で編纂された「鎮守帳」には「若宮八幡」と記録されている、八幡宮は神仏混淆の社だった 。この寺院の山号が「白幡山(白旗山)」の由来になったと考えられる。 慶長7年(1602年)、佐竹氏が出羽久保田藩...Wikipediaで続きを読む
引用元情報水戸八幡宮」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL: https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%B0%B4%E6%88%B8%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE&oldid=71022359
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新: 2019年05月24日 by ホトカミ運営
作成者: ホトカミ運営

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!
行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

アカウントをお持ちの方