御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※鶴林寺ではいただけません

かくりんじ|天台宗刀田山

鶴林寺

兵庫県 尾上の松駅

投稿する
079-454-7053

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

鶴林寺公園駐車場あり

巡礼

関西花の寺二十五ヶ所
新西国三十三箇所霊場第27番札所
西国薬師四十九霊場第22番札所
聖徳太子霊跡第27番札所
播州薬師霊場第9番札所
関西花の寺二十五霊場第9番札所

ご利益

鶴林寺について

西国四十九薬師霊場第22番札所

おすすめの投稿

惣一郎
2022年06月26日(日)
971投稿

【播磨國 古刹巡り】

鶴林寺(かくりんじ)は、兵庫県加古川市加古川町にある天台宗の寺院。山号は刀田山(とたさん)。本尊は薬師如来。聖徳太子開基伝承を持つ寺院の一つで、聖徳太子建立七大寺の一つとされることもある。「西の法隆寺」とも言われる。本堂、太子堂は国宝、鐘楼、護摩堂、常行堂、行者堂は国指定の重要文化財。

寺伝によると、高句麗の僧・恵便(えべん)法師が物部氏ら排仏派の迫害を逃れ当地に身を隠していたところ、その教えを乞うために聖徳太子が当地に来て、587年に秦河勝に命じて精舎を建立し刀田山四天王寺聖霊院と名付けたのが始まり。718年に武蔵国大目・身人部春則(むとべのはるのり)が太子の遺徳を顕彰するために七堂伽藍を建立した。9世紀の初め、慈覚大師円仁が入唐の際に立ち寄り、薬師如来を刻して国家安泰を祈願し天台宗となった。1112年に鳥羽天皇から勅額を賜り、寺号を「鶴林寺」と改め勅願寺とされた。
鎌倉時代から室町時代にかけては太子信仰の高まりを受け寺勢は隆盛し、寺坊30箇坊以上、寺領2万5千石と繁栄した。戦国時代になると織田信長、豊臣秀吉の弾圧、江戸時代には幕府の厳しい宗教政策で衰微し塔頭8箇坊、寺領117石まで落ち込んだ。

当寺は、山陽電気鉄道・尾上の松駅の北東1kmの市街地、平地にある。近くには幹線道路(国道250号線)が通り、駐車場も広いので、車でのアクセスは良好。仁王門から始まる境内は広々としていて、そこに国宝や国重文の由緒ある建物が適度な間隔をもって建ち並んでいる。ここまで国宝、国重文が揃っていると、有料拝観がたった500円で良いのかと思ってしまうぐらいの充実度。素晴らしい寺院。

今回は、本堂、太子堂が国宝で、他にも国指定の重要文化財の建物が多数あることから参拝することに。参拝時は休日の午前中で、自分以外にも数人の参拝者が訪れていた(何かの活動をしているボーイスカウトの少年少女とその引率者もいた)。

鶴林寺の山門

境内南端入口。「聖徳皇太子御霊蹟」の石碑が立つ。

鶴林寺(兵庫県)

参道左手の<子安地蔵堂>。扁額には、「安産子育地蔵尊」とある。

鶴林寺の山門

境内入口の<仁王門>。江戸時代前期の1672年再建。三間一戸の楼門。

鶴林寺(兵庫県)

仁王門左側の<吽形仁王像>。力強い造形。

鶴林寺の像

仁王門右側の<阿形仁王像>。

鶴林寺(兵庫県)

仁王門をくぐったところからの眺め。国宝<本堂>までまっすぐに参道が伸びる。
仁王門を入ったところにある拝観案内所で料金を払う。

鶴林寺の建物その他

参道左手、少し離れたところにある<三重塔>。室町時代の再建。三間三重、本瓦葺。本尊は大日如来坐像。
1976年に放火で内部を焼損したが1980年に修理完了。

鶴林寺(兵庫県)

参道左側にある<水屋>。

鶴林寺の本殿

参道突き当りの、国宝<本堂>。室町時代1397年の建立。桁行7間、梁間6間、入母屋造、本瓦葺。

鶴林寺(兵庫県)

<本堂>正面。和様に禅宗様を加味した折衷様建築の代表作とされ、桟唐戸(縦横に桟を組んだ扉)を多用する点が特徴。

鶴林寺(兵庫県)

<本堂>内部。内部の宮殿には薬師三尊像と二天像(それぞれ国指定の重要文化財。)を安置。

鶴林寺(兵庫県)

本堂から振り返った眺め。御朱印は本堂内にて。

鶴林寺の建物その他

本堂に向かって右手にある、国宝<太子堂>。平安時代後期1112年の建立。桁行3間、梁間3間、屋根が宝造形の主屋に、梁間1間の孫庇(礼堂)を付した「縋破風(すがるはふ)」、檜皮葺。

鶴林寺(兵庫県)

<太子堂>正面。堂内には本尊・釈迦三尊像(国指定の重要文化財)を安置。

鶴林寺(兵庫県)

本堂、太子堂の南側にある<石造宝篋印塔>。南北朝時代造。手前は<石風呂>。

鶴林寺の建物その他

本堂の東側、太子堂の北側にある<鐘楼>。国指定の重要文化財。

鶴林寺(兵庫県)

<鐘楼>を南東側から。

鶴林寺(兵庫県)

鐘楼の北側にある塔頭<宝生院>。西隣には塔頭<浄心院>、東隣には塔頭<真光院>がある。

鶴林寺(兵庫県)

太子堂の東側にある<法華一石一字塔>。江戸時代中期1771年造。

鶴林寺(兵庫県)

鐘楼の東側にある<観音堂>。江戸時代中期の1705年再建。

鶴林寺(兵庫県)

<観音堂>正面。

鶴林寺(兵庫県)

池の北側にある<護摩堂>。戦国時代の1563年再建。国指定の重要文化財。

鶴林寺の仏像

<護摩堂>内部。不動明王を祀る。

鶴林寺の本殿

ここで境内東端から、太子堂、本堂の前を通って、本堂の西側を見て廻る。

鶴林寺(兵庫県)

国宝<本堂>全景。

鶴林寺(兵庫県)

本堂に向かって左手にある<常行堂>。平安時代(12世紀前半)の再建。国指定の重要文化財。

鶴林寺(兵庫県)

境内西端にある<新薬師堂>。

鶴林寺(兵庫県)

<新薬師堂>内部。本尊は中央の薬師如来。

鶴林寺(兵庫県)

新薬師堂の南側にある<経蔵>。

鶴林寺(兵庫県)

蔵の南側にある<行者堂>とその鳥居。行者堂は室町時代の1406年建立。国指定の重要文化財。

鶴林寺の山門

最後に<仁王門>と<三重塔>。国宝、国重文も多数で見どころ満載のすごいお寺。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(40件)

鶴林寺の基本情報

住所兵庫県加古川市加古川町北在家424
行き方

JR加古川駅より徒歩25分
山陽電鉄尾上の松駅より徒歩15分

アクセスを詳しく見る
名称鶴林寺
読み方かくりんじ
参拝時間

9:00〜16:30(17:00閉門)

参拝料

500円、小中学生200円(宝物館500円)

トイレあり
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号079-454-7053
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレス johshinin@hera.eonet.ne.jp
ホームページhttp://www.kakurinji.or.jp/
お守りあり
SNS

詳細情報

ご本尊薬師如来
山号刀田山
宗旨・宗派天台宗
創建時代伝・崇峻天皇二年(589)
開山・開基伝・聖徳太子
本堂入母屋造本瓦葺
札所など

新西国三十三箇所霊場第27番札所
西国薬師四十九霊場第22番札所
聖徳太子霊跡第27番札所
播州薬師霊場第9番札所
関西花の寺二十五霊場第9番札所

文化財

本堂、太子堂(国宝)
常行堂、鐘楼、行者堂、護摩堂、絹本著色聖徳太子像、絹本著色慈恵大師像、絹本著色弥陀三尊像、絹本著色聖徳太子絵伝、板絵著色聖徳太子像、附板絵著色仏涅槃図、附板絵著色九品来迎図(重要文化財)
三重塔、仁王門、石造宝篋印塔(県指定文化財)
聖徳太子絵伝(市指定文化財)
鬼追(無形文化財)

体験写経・写仏御朱印博物館お守り国宝重要文化財札所・七福神巡り法話

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー