御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

かんきはちまんじんじゃ

神吉八幡神社

公式兵庫県 宝殿駅

投稿する
079-432-5547

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

駐車場あり(20台程度)

おすすめの投稿

四季
2022年10月02日(日)
220投稿

神吉八幡神社 (かんき八幡神社) 

~ 朔日詣 ~

主祭神 誉田別命(応神天皇)
社格等 郷社
創建  応永3年(1397年)
例祭  体育の日の前の土日
主神事 渡御式(神幸行列)

1397年(応永3年)9月23日の夜もふけ、
すべてのものが静まり返ったとき、
印南郡神吉庄鞍馬山に瑞祥があり、
一筋の神火がとんできて天下原の地に落ちた。天地はそのために赤くただれ、まるで昼間のようになった。村の人は驚愕し、なすすべもなかった。
これは八幡太神の化身であると考え、ほど近い大国の里の松がうっそうと茂る地を霊地としてまつり、祠を建て、神吉庄の氏神とした。
これが神吉八幡神社のはじまりである。
その後1441年に嘉吉の乱で焼き討ちにあい社殿を消失したが、1468年(応仁2年)に
神吉の庄領主・神出元盛、大国の里にあった神社を宮山に遷座し再建する。
大国の旧地は御旅所となった。

秋季例祭
江戸時代後期に描かれた祭礼絵巻さながらの神幸行列が行われる。神幸行列は、各村が持ち回りで当番となって実施される。

神吉城主 中務少輔
神吉頼経の石碑

此石垣天文年中神吉城主 
中務少輔神吉頼経公之所築
也恐後世失願主之名茲記之
~この石垣は、天文年中に神吉城主 
中務少輔神吉頼経の所築で、
後世に願主の名が失われることを恐れ、
ここに銘文を記す。~
・天文年中(1532~1555年)
・神吉城主 第四代 中務少輔神吉頼経公
 天文12年(1543)~元亀元年(1570)
・現今の石垣は神吉頼経公の所築した石垣を
 平成28年9月に改修
        平成29年4月吉日
          神吉八幡神社

~境内御由緒書・神吉城主石碑より~

~・~・~・~

昨年は5日に、そして今年は朔日詣ができました。周囲は運動会真盛り。
今年も『菊』の花の御朱印を拝受したくてお参りしましたところ、奥様(御朱印をお書き入れ下さる)が覚えていて下さいました。なんと御朱印をお願いするのが1年振りになります。
素晴らしい御朱印は、1週間後以降の引取または郵送となります。御朱印拝受(できましたら再び記録させて頂きます。)を楽しみにまた、お参りさせて頂きます。

沢山の氏子さま方がいらっしゃり
「秋季例祭」の準備の真っ最中でした。
お祭り大好きにとっては嬉しい季節が
やってきました。

社号碑揮毫が、「生田神社宮司」さまとお見受けして、自分なりにわかって良かったです。
機会をつくり、高御位山に登り、くるり360度眺めてみたいです。

上の宮:加古川市西神吉町宮前979

神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)

揮毫 生田神社宮司さま🌿

神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社の景色神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)神吉八幡神社(兵庫県)

北は加西市で、正面に見える山は加古川市と高砂市にまたがる高御位山(たかみくらやま) 🌳♡

もっと読む
投稿をもっと見る(38件)

歴史

称光天皇の応永三年(1397年)の創立にして、神吉の荘天下原村光山鞍馬字の境内に鎮座せしも、のち神吉の荘大国村に遷座し、妙見大明神と称す。次いで、嘉吉の兵火に罹り社殿ことごとく消失せしかば聖武天皇の行宮と伝うる神吉荘宮前村北の山なる地社殿を建て、妙見山宝林寺中之坊妙見大明神と云い、大国村旧地を御旅所とす。
寛永九年(1633年)雷震い、社殿其他の営造物ことごとく烏有に帰し、天和三年(1684年)五月二四日之を再建せり、即ち現今の本殿是なり。
当社は古今より身の守り神として開運厄除け、交通安全など崇敬者が多い。

歴史をもっと見る|
5

神吉八幡神社の基本情報

住所兵庫県加古川市西神吉町宮前81
行き方

JR宝殿駅より北に約3km

アクセスを詳しく見る
名称神吉八幡神社
読み方かんきはちまんじんじゃ
通称神吉八幡神社
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号079-432-5547
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://www.kanki-hachiman.com/
SNS

詳細情報

ご祭神《主》応神天皇
ご由緒

称光天皇の応永三年(1397年)の創立にして、神吉の荘天下原村光山鞍馬字の境内に鎮座せしも、のち神吉の荘大国村に遷座し、妙見大明神と称す。次いで、嘉吉の兵火に罹り社殿ことごとく消失せしかば聖武天皇の行宮と伝うる神吉荘宮前村北の山なる地社殿を建て、妙見山宝林寺中之坊妙見大明神と云い、大国村旧地を御旅所とす。
寛永九年(1633年)雷震い、社殿其他の営造物ことごとく烏有に帰し、天和三年(1684年)五月二四日之を再建せり、即ち現今の本殿是なり。
当社は古今より身の守り神として開運厄除け、交通安全など崇敬者が多い。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬七五三御朱印お守り祭り

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー