御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※多聞六神社ではいただけません

たもんろくじんじゃ

多聞六神社のお参りの記録(1回目)
兵庫県西舞子駅

投稿日:2021年08月31日(火)
参拝:2021年8月吉日
安永6年(1777年)の創建

境内にあったご由緒の写真をアップしていますが、ここには「貞観5年(863)の創建」と記載されていますが、多聞寺の記録では、「多聞六神社を貞観5年の創建とするのは誤りで、同年に創建されたのは、多聞寺の鎮守神である大山咋神を祀る『日吉神社』と称するお社である」とのこと。

また神戸市垂水区に「舞子六神社」がありますが、どちらも同じ祭神となっています。
主祭神:伊弉諾大神
配祀神:伊弉冊大神、天照皇大神、素盞嗚大神、月讀大神、蛭子大神

江戸時代に明石の岩屋神社よりご分霊を勧請し、現在の地に奉祀されたようです。



車で参拝される方は、カーナビでまず多聞寺を目的地とすると良いと思います。
普通に多聞六神社を目的地とすると、東側の鳥居側に誘導されて車を停めるところがないのでご注意ください。
南側の鳥居横には数台駐車スペースがあります。

基本的に無人の神社のようですが、境内はきれいに手入れされており、また拝殿内も灯りがあり、とても落ち着く神社でした。



神戸市垂水区多聞台2-17-5
多聞六神社の鳥居
鳥居(南側)
多聞六神社の建物その他
ものすごく急な階段に見えますが、それほどでもないですよ
多聞六神社の狛犬
狛犬さん
多聞六神社の本殿
拝殿
多聞六神社の本殿
拝殿内
多聞六神社の建物その他
多聞六神社の建物その他
多聞六神社の手水
手水舎
多聞六神社の末社
末社 猿田彦大神
多聞六神社の狛犬
多聞六神社の末社
末社 詳細不明
多聞六神社の歴史
南側の鳥居横にあるご由緒書き
多聞六神社の歴史
拝殿横に貼られたご由緒
多聞六神社の鳥居
鳥居(東側)
多聞六神社の末社
末社 白髭大明神
多聞六神社の末社
赤鳥居をくぐり社殿前までくると隣の家で飼われている犬からものすごい勢いで吠えられましたが、二礼二拍手一礼するとなぜかぴたりと吠えるのを止めてくれました。
多聞六神社の建物その他
駐車スペース横には御旅所

すてき

みんなのコメント(0件)

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

ホトカミ見ました! で広がるご縁

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
多聞六神社の投稿をもっと見る3件
コメント
お問い合わせ