神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

あっけししんりゅうじんじゃ

厚岸真龍神社

北海道 厚岸駅

投稿する
0153-52-2723

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

参道横 15台ほど

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(3件)

厚岸真龍神社の基本情報

住所北海道厚岸郡厚岸町宮園2丁目7
行き方

厚岸駅下車 徒歩5分

アクセスを詳しく見る
名称厚岸真龍神社
読み方あっけししんりゅうじんじゃ
トイレなし
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0153-52-2723
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神《主》誉田別尊,表筒男神,中筒男神,底筒男神
本殿神明造
ご由緒

安政4年(1858)4月、松浦武四郎が奉持する八幡大神を、当地真龍に1祠を建て奉安し、且つ祭神無き集落を憂い氏の深慮より奉斎したのがその始まりと伝わる。その後、高畠清次朗・浜本彦松の両名が祠跡を修復、社殿を建立し、明治41年京都石清水八幡宮、伏見稲荷大社より御神体を勧請し、当時真龍村の氏神、真龍八幡神社として祀った。文献上、当神社創祠の年とする。大正14年造営並遷座。昭和16年現在地に移転、遷座。昭和19年旧参道50mのコンクリ-ト階段120段、当港駐留の海軍部隊の協力により完成奉納。昭和28年宗教法人、厚岸真龍神社(通称真龍神社)となる。昭和37年字名変更により真龍の地名が無くなる。昭和45現在の社殿造営、遷座祭を執り行う。同時に社務所を新築する。

体験おみくじ御朱印

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ