御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
新 ホトカミサポーター制度開始(特典あり)
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年12月
三嶋神社ではいただけません
広告

みしまじんじゃ

三嶋神社

群馬県 川俣駅

投稿する
0276-84-5650

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(10件)

三嶋神社の基本情報

住所群馬県群馬県邑楽郡明和町梅原261
行き方

東武鉄道伊勢崎線 川俣 駅から徒歩約20分

アクセスを詳しく見る
名称 三嶋神社
読み方みしまじんじゃ
通称三嶋さま
トイレあり
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0276-84-5650
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
絵馬あり

詳細情報

ご祭神三嶋大明神(大山祇命)
赤城大明神(大己貴命・豊城入彦命)
ご由緒

当社は「上州三嶋神社」を始め、近在からは「お宮」「三嶋さま」等と親しく呼ばれていますが、その正式名称を「三嶋神社」と称します。
江戸時代末期の弘化三年(1846)、火災により社殿
及び古記録の全てを焼失した為、創建年月を含む由緒については不詳です。社伝によれば、伊豆国の三嶋大社(静岡県三島市大宮町)から御神霊を勧請した地方の古社と伝えられています。
江戸時代以降、明治初年に至るまでは当社近在の梅原山・光明寺の住職が代々「別当」を務めていました。
歴代住職の当社に対する信仰心は篤く、当社が所蔵する神宝類や石塔からその様子を知ることができます。現在、御神座近くに奉安されている御神鏡も江戸中期の享保二十一年(1736)、当時の別当・光明寺弘誓と「惣氏子中」の寄進によるものです。
現在の拝殿は焼失の翌々年、嘉永元年(1848)から翌年にかけて再建されました。再建は別当・光明寺英猛と梅原村を中心に信仰域であった近隣の20ケ村の助力を得て進められ、再建を機に近隣より神主家の祖が招かれて社殿を管理するようになりました。以降、長年に及ぶ雨風や近年の大震災の影響によって現在に至るまでに
幾度かの改修工事が行われましたが、再建から170年近く経った今も往時の姿をしっかりと留めています。
近代に入ると明治五年(1872)十一月、近隣八ケ村(現在の明和町中部・東部)の総鎮守である「郷社」に定められ、地域総鎮守として篤く信仰されました。現在は群馬県を中心に、周辺の埼玉県や栃木県からも「勝負の神」「虎の神」交通安全や諸産業に霊験あらたかな神様として広く崇敬されています。
(リーフレット由緒書より)

体験絵馬御朱印お守り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
サポーターページ小バナー