神社お寺の検索サイト楽しみ方
慈眼寺リリー大バナー※本然寺ではいただけません

真宗大谷派

本然寺

群馬県 桐生駅

投稿する
0277-44-7247

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

たかく
2019年10月27日(日)
133投稿

真宗なので御朱印はないかとおもわれます。
殿林山本然寺は、嘉永7年11月に京都東本願寺の別院であった浅草別院の御掛所として阿弥陀如来を安置し「念仏と聞法の道場」として出発しました。当時、石川や新潟、富山、福井、滋賀などからこの桐生の土地へ出て来て生活していた大勢の御門徒の方々が心の古里を求め、お念仏の道場をつくりたいと本山(東本願寺)に申し出ました。そして本山より達書(許可書)が出されました。達書は現在も寺に伝えられています。達書に書かれている「在来御門徒中、帰依同行中」とは親鸞聖人の教えを聞信して「南無阿弥陀仏」と念仏申して生活してきた方々であります。この御門徒の方々が力を合わせて本然寺の前身となる聞法道場を造られたのです。
 安政3年8月には「本然寺」という寺号が本山より認可され、野田頓成法師を開基として寺の形が出来てきたのです。頓成法師もまた石川県鹿島郡鹿島町井田の出身であります。明治22年に国鉄両毛鉄道新設に伴い、境内が分断されました。当時の本堂の位置には現在線路が通っています。しばらく仮本堂として有りましたが、昭和12年1月から本堂並びに庫裡の新築工事が始まり、昭和15年4月に落慶を見たのであります。
 本然寺の御本尊は阿弥陀如来です。本堂中央に安置されている阿弥陀如来像は、本町6丁目の浄運寺所轄の盛運橋辺にあった阿弥陀堂に安置されていたのを本然寺新設の折に頂き本尊として現在に至っています。当時の住民がいつも水害に苦労されていた様子が「手無し阿弥陀の本然寺」という昔話で語り継がれています。

本然寺の建物その他
もっと読む
投稿をもっと見る(1件)

本然寺の基本情報

住所群馬県桐生市境野町1-1253
行き方
アクセスを詳しく見る
名称本然寺
電話番号0277-44-7247
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

宗旨・宗派真宗大谷派

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中