ゲストさん
無料で登録する

大洞赤城神社群馬県 水沼駅

大洞赤城神社

群馬県 前橋市富士見町赤城山4-2
09:00〜17:00

赤城山山頂に鎮座する奥宮


『延喜式内神名帳』に記載されている「赤城神社」の比定社で、関東中心に点在する赤城神社の総本山の一社であります。
噴火によってできたカルデラ湖、「大沼」の小島に鎮座していることから「大洞赤城神社」と呼ばれています。
古くから、女性の願掛け神社として崇敬されており、貴族の女性が描かれた授与品が多数あります。

ご朱印・ご朱印帳

大洞赤城神社の御朱印
大洞赤城神社の御朱印
群馬県大洞赤城神社の御朱印帳

アクセス

住所前橋市富士見町赤城山4-2
Googleマップで地図を開く
エリア水沼駅
行き方

JR両毛線「前橋駅」から出ている赤城交通バス「あかぎ広場前」より徒歩5分

大洞赤城神社について

基本情報

名称大洞赤城神社
読み方大洞赤城神社
通称赤城大明神
拝観時間

09:00〜17:00

御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号
ホームページhttp://akagijinja.jp/sp/

詳細情報

ご祭神《主》赤城大明神,豊城入彦命,磐筒男命,磐筒女命,経津主命, 《配》大山祇神,源家康 《合》月読命,素盞嗚尊,埴山姫命,豊受姫命,市杵島姫命,高命,建御名方命,大日尊,菅原道真,誉田別命,水分神,火産霊命,御穂須須美命,煩之大人命,迦具土命,弥都波能女命,大土命,大物主命,鎌倉権五郎景政,保食命,罔象女命,倉稲魂命,猿田彦命,大国主命,木花咲夜姫命,伊弉冊命,事解之男命,天照皇大神,速玉之男命,久那斗神,大雷命,柿本人丸,屋加須利神,大山咋命,
ご由緒

赤城神社は主祭神に赤城大明神・赤城山と湖の神様をお祀りし、古来人々の守護神として信仰されてまいりました。
清らかな頂きから流れる水は、生命に命を与え、田畑の稔りをもたらします。
また、勇壮なる山なみは力強さを、四季折々の景色は優しさと美しさをあらわし、その山容と景観、神秘的なたたずまいは、仰ぎ見る人々の心を捉えてまいりました。

その信仰は太古に遡り設立年代は不詳ですが、大同元年(806年)に小沼から見上げる神庫岳(その後の地蔵岳)の中腹より、大沼の畔に御遷宮されたという記録が残されております。
この年号に因み、この地を大洞と名付けたのです。
この時、小沼の畔にも小沼宮(豊受神社)が建てられております。

神仏習合気には、はば広い信仰を集め、神社の規模も大きく発展し御神域も赤城山全体におよぶほどになり、朝廷より御神位を賜り、承和六年(839年)にはじまり、元慶四年(880年)には赤城沼神として昇叙し、長元年間(十一世紀)には正一位に叙せられております。

江戸時代に至り、相殿に東照大権現・徳川家康公をお祀りし、将軍家をはじめ諸大名の信仰厚く、三代将軍徳川家光公は寛永十九年に、社殿の再建を命じられました。
また、厩橋(前橋)城主は、自ら大祭に参列され、平和と安全を祈願されておりました。
厩橋城内をはじめ、各地に分社が勧請され、山開き例大祭には近隣の村々や、遠く、武蔵・安房・上総・常陸・越後の国々からも参詣者が訪れました。
赤城山登山口八か所に、鳥居が設けられ、これらは、近隣の村人によって奉納されたものです。
このうち、厩橋城主が登拝した参道の鳥居(前橋よりの登山口)を、一の鳥居と呼んだのです。
この頃、上祇伯白川家より「上野國総社大洞赤城神社」吉田家より「正一位赤城大神宮」の称号が贈られております。

分類

大洞赤城神社の情報を編集するログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新: 2019年05月18日 by 神祇伯
作成者: 神祇伯
大洞赤城神社の方へ

行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

ログインすると 、御朱印などのお参りの記録をウェブ上に保存し、共有できます。
あなただけの「行きたい神社お寺リスト」も作成できます。

初めての方

無料登録

アカウントをお持ちの方

ログイン