神社お寺の検索サイト楽しみ方
慈眼寺リリー大バナー※大徳寺ではいただけません

天台宗

大徳寺

群馬県 新前橋駅

投稿する
027-252-0509

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

惣一郎
2021年07月24日(土)
834投稿

大徳寺は、群馬県前橋市にある天台宗の寺院。山号は五徳山。

寺伝によると、創建は江戸時代初期の1615年。当初、前橋市内の別の場所にあったが1664年に火災で焼失し、その後現在地に移転したとのこと。特別な由緒はないようだが、伽藍の整備に名工が関与している。当寺の総門は、1712年に伊香保の水沢寺六角堂や、秩父の三峯神社社殿を手掛けた宮大工・田村八兵衛が手掛けた。また、多宝塔は同年、江戸神田の鋳物師・河合兵部が製作したもので、金銅製の精巧・精緻な造りとなっている。

当寺は、JR上越線・新前橋駅の南東1.5kmの、利根川が近い住宅地にある。境内は立派な総門と古木も立つ日本庭園、本堂や社務所で、それ以外の敷地は墓地というごく普通の寺院。ネット情報で特筆すべきは、本堂近くの赤松の古巨木が立派であることと、総門、多宝塔が前橋市指定重要文化財になっていること。

今回は、旅行情報サイト<じゃらん>で、群馬県で慈眼院、達磨寺に次ぐ、3番目に人気の寺院となっているため参拝することに。全体としては良いお寺ではあるが、実際はごく普通の寺院で、なぜ<じゃらん>で人気なのか(口コミ数が多いのか)不明だった... 参拝時は週末の午後で、自分以外には参拝者はいなかった。

大徳寺の山門

境内入口の<総門>と<寺号標>。<総門>は江戸時代中期1712年の造営で、単層の四脚門で、屋根は切妻、金属板葺、一間一戸。

大徳寺の山門

総門を通して、日本庭園の境内を望む。山号<五徳山>の扁額。

大徳寺の建物その他

総門をよく見ると、主柱には<白い象さん>の顔の彫刻。遠い天竺の香り。

大徳寺の建物その他

総門脇には、江戸時代末期に当寺住職が開設した<寺子屋・児愛喜学校跡>。

大徳寺の地蔵

総門をくぐった日本庭園の中にある、扁額に<薬師堂>と書かれた建物。中には小さな地蔵像がたくさん並んでいる。

大徳寺の地蔵

参道左手にある<地蔵堂>。

大徳寺の手水

さらに進むと左手に<水屋>。

大徳寺の庭園

水屋の裏手の庭園。

大徳寺の本殿

いよいよ<本堂>全景。木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、平入、正面一間向拝付。

大徳寺の本殿

<本堂>正面。彫刻がきれい。

大徳寺の建物その他

<アカマツの巨木>と<本堂>。当寺の紹介によく採用されているショット。

もっと読む
投稿をもっと見る(2件)

大徳寺の基本情報

住所群馬県前橋市小相木町91
行き方
アクセスを詳しく見る
名称大徳寺
電話番号027-252-0509
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊阿弥陀如来(三尊仏)
宗旨・宗派天台宗

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
行きたい
投稿する
お問い合わせ