御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

大徳寺のお参りの記録(1回目)
群馬県新前橋駅

投稿する
027-252-0509

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

投稿日:2021年07月24日(土)
参拝:2021年5月吉日
大徳寺は、群馬県前橋市にある天台宗の寺院。山号は五徳山。

寺伝によると、創建は江戸時代初期の1615年。当初、前橋市内の別の場所にあったが1664年に火災で焼失し、その後現在地に移転したとのこと。特別な由緒はないようだが、伽藍の整備に名工が関与している。当寺の総門は、1712年に伊香保の水沢寺六角堂や、秩父の三峯神社社殿を手掛けた宮大工・田村八兵衛が手掛けた。また、多宝塔は同年、江戸神田の鋳物師・河合兵部が製作したもので、金銅製の精巧・精緻な造りとなっている。

当寺は、JR上越線・新前橋駅の南東1.5kmの、利根川が近い住宅地にある。境内は立派な総門と古木も立つ日本庭園、本堂や社務所で、それ以外の敷地は墓地というごく普通の寺院。ネット情報で特筆すべきは、本堂近くの赤松の古巨木が立派であることと、総門、多宝塔が前橋市指定重要文化財になっていること。

今回は、旅行情報サイト<じゃらん>で、群馬県で慈眼院、達磨寺に次ぐ、3番目に人気の寺院となっているため参拝することに。全体としては良いお寺ではあるが、実際はごく普通の寺院で、なぜ<じゃらん>で人気なのか(口コミ数が多いのか)不明だった... 参拝時は週末の午後で、自分以外には参拝者はいなかった。
大徳寺の山門
境内入口の<総門>と<寺号標>。<総門>は江戸時代中期1712年の造営で、単層の四脚門で、屋根は切妻、金属板葺、一間一戸。
大徳寺の山門
総門を通して、日本庭園の境内を望む。山号<五徳山>の扁額。
大徳寺の建物その他
総門をよく見ると、主柱には<白い象さん>の顔の彫刻。遠い天竺の香り。
大徳寺の建物その他
総門脇には、江戸時代末期に当寺住職が開設した<寺子屋・児愛喜学校跡>。
大徳寺の地蔵
総門をくぐった日本庭園の中にある、扁額に<薬師堂>と書かれた建物。中には小さな地蔵像がたくさん並んでいる。
大徳寺の地蔵
参道左手にある<地蔵堂>。
大徳寺の手水
さらに進むと左手に<水屋>。
大徳寺の庭園
水屋の裏手の庭園。
大徳寺の本殿
いよいよ<本堂>全景。木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、平入、正面一間向拝付。
大徳寺の本殿
<本堂>正面。彫刻がきれい。
大徳寺の建物その他
<アカマツの巨木>と<本堂>。当寺の紹介によく採用されているショット。

すてき

みんなのコメント(0件)

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

投稿者のプロフィール

惣一郎さんのプロフィール画像

惣一郎915投稿

2020年1月から寺社仏閣巡りを始めた初心者です。東京在住です。
クルマとバイク、旅行が趣味なので、近くから遠くまで、精力的にお参りしています~♪

■2020年は、寺院も神社もよく分からないので、分かりやすそうな神社を中心に回り始めました(366寺社)。

①関東圏の延喜式内社 + 坂東三十三観音。
②関東以外に旅行に行くときは一之宮。
③チャンスがあれば、憧れの伊勢や出雲。

■2021年は、寺院にも力を入れてみました(574寺社)。

①寺院は巡礼を中心に。西国三十三、江戸三十三、鎌倉三十三、秩父三十四、関東三十六、北関東三十六、関東八十八、東国花の寺百ヶ寺。
②神社は、引き続き延喜式内社、旧社格県社以上、総社、一国一社八幡宮、神社本庁の別表神社。
③関東なら鎌倉、やっぱり京都・奈良、チャンスがあれば憧れの熊野・四国・九州。

■2022年は、良かった寺社を再訪しながら、日本各地(目標:47都道府県)を廻ってみたいと思っています~♪ (^▽^)/

(1月)東京都、三重県、岐阜県、愛知県 
(2月)静岡県 
(3月)山梨県、沖縄県 
(4月)滋賀県、福岡県、長野県、兵庫県、岩手県
(5月)埼玉県
(6月)長野県、北海道

惣一郎さんの投稿をもっと見る

ホトカミ見ました! で広がるご縁

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
大徳寺の投稿をもっと見る2件
コメント
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中