御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

きふねじんじゃ

貴船神社の境内・文化財

岐阜県 関ケ原駅

文化財

昔から陣場野地区は用水の便に恵まれず、わずかな日照りにも井戸水が枯渇した。大正八年(1919)、当時の関ケ原村は大日本紡績(現ユニチカ)の工場誘致を行ったがそれにより地区人口も急増し、ますます用水不足が切実となり、困り果てた住民は、この苦境から脱するため、大正十五年(1926)一月に、大規模な汲み上げ施設(隧道工事)を計画、関ケ原村の援助を受け、直ちに着工し、同年四月に完成をみた。このとき歓喜に沸いた住民一同は、水神として有名な京都の貴船神社の祭神高龗神の分霊をもらいうけ、地区の鎮守とした。

貴船神社の境内・文化財の写真一覧

手水

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

めめ小バナー