御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※恵日寺ではいただけません

えにちじ|真言宗豊山派

恵日寺

福島県 磐梯町駅

投稿する
0242-73-2320

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

えなみ
2019年04月10日(水)
840投稿

廃仏毀釈によって廃寺となった「慧日寺」
それが大正に「恵日寺」として再興されました。
史跡との区別のために「恵」と「慧」を使い分けているのだそうです
近くには資料館もあるので、そこでより詳しいことが伺えます。

恵日寺の建物その他

慧日寺跡へ向かう途中に恵日寺への道が

恵日寺の本殿

手前の屋根の曲線が印象的です

恵日寺の歴史

恵日寺について

恵日寺の本殿

こちらが史跡の慧日寺跡金堂

恵日寺の歴史

慧日寺跡について

恵日寺の御朱印帳

近くの道の駅にてお取り扱い中

もっと読む
投稿をもっと見る(4件)

恵日寺の基本情報

住所福島県耶麻郡磐梯町磐梯本寺上4950
行き方
アクセスを詳しく見る
名称恵日寺
読み方えにちじ
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0242-73-2320
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊千手観世音
宗旨・宗派真言宗豊山派

Wikipediaからの引用

概要
恵日寺(えにちじ)は、福島県耶麻郡磐梯町にある真言宗豊山派の仏教寺院。かつては慧日寺(えにちじ)と称し、明治の廃仏毀釈で一旦廃寺になったが、1904年(明治37年)に復興され、現在の寺号となった。平安時代初期からの寺院の遺構は、慧日寺跡(えにちじあと)として国の史跡に指定されている。
歴史
歴史[編集] 慧日寺は平安時代初め、807年(大同2年)に法相宗の僧・徳一によって開かれた。徳一はもともとは南都(奈良)の学僧で、布教活動のため会津へ下って勝常寺や円蔵寺(柳津虚空蔵尊)を建立し、会津地方に仏教文化を広めていた。また、徳一は会津の地から当時の新興仏教勢力であった天台宗の最澄と「三一権実諍論」と呼ばれる大論争を繰り広げたり、真言宗の空海に「真言宗未決文」を送ったりするなどをしていた。徳一は842年(承和9年)に死去し、今与(金耀)が跡を継いだ。この頃の慧日寺は寺僧300、僧兵数千、子院3,800を数えるほどの隆盛を誇っていたと言われる。「国王神社縁起」及び「元享釈書」による...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通アクセス[編集] JR磐越西線磐梯町駅より徒歩30分 磐越自動車道磐梯河東ICより車で5分 磐梯東都バスで磐梯町駅前より約8分、JR磐越西線猪苗代駅前よりバス35分
引用元情報恵日寺 (福島県磐梯町)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%81%B5%E6%97%A5%E5%AF%BA%20%28%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E7%A3%90%E6%A2%AF%E7%94%BA%29&oldid=90023384

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー