御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年3月
都々古別神社(馬場)ではいただけません
広告

つつこわけじんじゃ(ばば)

都々古別神社(馬場)
福島県 磐城棚倉駅

御朱印について
御朱印
あり

右下に馬場と書かれ、右に陸奥一宮、真ん中に都々古別神社の印が押された御朱印です。
都々古別三社の一社で上宮にあたります。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
なし

なし

巡礼

ご利益

都々古別神社(馬場)について

駐車場はありません。
役場北側駐車場に止めて歩いた方が安心です。

福島県のおすすめ🎎

広告

おすすめの投稿

わかちこ
2023年12月18日(月)
194投稿

都々古別神社2社目の馬場都々古別神社へ。
車のナビでもスマホのナビでも何故か裏参道を案内されました。其の裏参道というのが、車1台ぎりぎり通れるかというくらいの畦道。その道の先が境内となっており、車が2、3台停められるスペースがありました。
後でわかりましたが、表参道側には駐車場無いので、ナビで案内されたルートは最適解でした(^^)
きっと神様が「こっちの道が良いぞ」と導いてくれたのかも(^^)

一旦参道を戻るようにして表参道側へ。
遥か道の先には大鳥居が見えます。

鳥居の前には戊辰戦争後に当社宮司を勤めた会津藩国家老の西郷頼母についての説明板が。
地元会津との繋がりを意外なところで発見しました。

隋門をくぐって木立の参道を進むと拝殿が見えてきます。
鎮守の森にひっそり佇むお社の雰囲気からは静謐さを感じます。

境内には大きな社務所がありますが、そちらは閉まっており、御朱印は表参道側の入口手前にある宮司宅(?)でいただきました。
紙垂も何も無い普通の一軒家なので分かりにくいですが、玄関先には神社の見どころポイントや地元の名所案内などのメモ書きが沢山貼ってありました。

都々古別神社(馬場)(福島県)

鳥居

都々古別神社(馬場)(福島県)

歴史を感じる社号標

都々古別神社(馬場)(福島県)

西郷頼母についての説明板

都々古別神社(馬場)(福島県)

随神門

都々古別神社(馬場)(福島県)

扁額

都々古別神社(馬場)(福島県)

拝殿遠景

都々古別神社(馬場)(福島県)

拝殿

都々古別神社(馬場)(福島県)

拝殿に掲げられた扁額
色褪せすぎてて判読がムズい

都々古別神社(馬場)の建物その他

拝殿屋根には菊の御紋が。
国幣中社の社格だったから皇室を表す菊の御紋が設えているのでしょうか。

都々古別神社(馬場)(福島県)

本殿

都々古別神社(馬場)(福島県)

玉垣の外からパチリ

都々古別神社(馬場)(福島県)

宮司さん宅には見どころポイントのメモ書きが。
拝殿の扁額に書かれていたのは「都々古和氣神社」だったことがここで判明(笑)

都々古別神社(馬場)(福島県)

御朱印とともに拝殿を

都々古別神社(馬場)(福島県)

表参道から離れた場所には大鳥居が。

都々古別神社(馬場)(福島県)

大鳥居と社号標

もっと読む
投稿をもっと見る(45件)

都々古別神社(馬場)の基本情報

住所福島県東白川郡棚倉町棚倉字馬場39
行き方
アクセスを詳しく見る
名称都々古別神社(馬場)
読み方つつこわけじんじゃ(ばば)
通称馬場都々古別神社、馬場明神
参拝にかかる時間

約20分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

右下に馬場と書かれ、右に陸奥一宮、真ん中に都々古別神社の印が押された御朱印です。
都々古別三社の一社で上宮にあたります。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0247-33-7219
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神《主祭神》
 味耜高彦根命
《配祀神》
 日本武尊
創建時代景行天皇の御代
創始者日本武尊
本殿三間社流造
札所など

近津三社

文化財

本殿(国重要文化財)

体験祈祷おみくじ七五三御朱印お守り重要文化財武将・サムライ札所・七福神巡り一の宮

Wikipediaからの引用

概要
都々古別神社(つつこわけじんじゃ、都都古別神社/都都古和気神社/都々古和気神社)は、福島県東白川郡棚倉町にある神社。主な同名神社として2社があり、いずれも陸奥国白河郡の式内社(名神大社)論社で、陸奥国一宮。
歴史
歴史[編集] 創建[編集] 創建について、馬場社・八槻社とも縁起において景行天皇(第12代)の時に皇子の日本武尊による起源伝承を伝える[1]。その真偽は詳らかでないが、伝承(各社項目参照)に見える建鉾山(たてほこやま:都々古山/高野峯山/鉾立山/立鉾山、福島県白河市表郷三森、北緯37度3分14.75秒 東経140度19分42.90秒)は、5世紀代の東北地方有数の祭祀遺跡として知られる[2]。建鉾山山頂には「立鉾石」と称する磐座があり、この磐座を対象として祭祀が行われたと見られ、山麓には現在も関係社の都々古和気神社が鎮座する[2][3]。馬場社・八槻社には祭神(味耜高彦根命)や神事の面で...Wikipediaで続きを読む
行事
祭事[編集] 馬場都々古別神社で年間に行われる祭事は次の通り[1]。 月次祭 (毎月11日) 歳旦祭 (1月1日) 節分祭 (2月3日) 祈年祭 (2月17日) 天神講 (3月25日) 神楽講祭 (5月1日) 大祓祭 (6月30日) 例大祭 (9月11日) 新嘗祭 (11月23日) 大祓祭 (12月31日) ^ 馬場都々古別神社の境内説明板。
引用元情報都々古別神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%83%BD%E3%80%85%E5%8F%A4%E5%88%A5%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=98303437

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ