御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※金刀比羅神社 古宮ではいただけません

ことひらじんじゃ ふるみや

金刀比羅神社 古宮

福岡県 東福間駅

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
あり

麓の金刀比羅神社に駐車場あり

金刀比羅神社 古宮について

麓の金刀比羅神社から、山道を歩いて30分ほどです。
軽装でも登ることはできますが、履き慣れたスニーカーを履くなどし、帽子や飲み物もあった方がよいと思います。

おすすめの投稿

伊豆山神社
2020年12月02日(水)
31投稿

在自山頂上手前に鎮座する、金刀比羅神社の古宮です。

金刀比羅神社 古宮の鳥居

在自山麓の金刀比羅神社から山道を登ってきて、頂上手前に石段があり、古宮が鎮座します。

金刀比羅神社 古宮の鳥居

写真右手上方が在自山の頂上で、その手前の平坦地に鳥居が立ち、石祠が鎮座します。

金刀比羅神社 古宮の鳥居

右側から見た鎮座地です。

金刀比羅神社 古宮の歴史

由緒書きです。
津屋崎町は福間町と合併し、いまの福津市となる。

金刀比羅神社 古宮の景色

在自山の頂上から宮自山側に少し下った所から見える玄界灘です。
遠く志賀島や博多の街を、見通すことができます。

金刀比羅神社 古宮の周辺

在自山は標高249mで、頂上はこのような感じです。
樹木が生い茂り、眺望はきかないです。

金刀比羅神社 古宮の周辺

山道の途中、このような状況のところもあります。
靴や帽子などに配慮し登られてください。

もっと読む
投稿をもっと見る(1件)

歴史

「宝永年間(西暦1704〜1711)に修験僧元海が祠を建て、その子大澄が讃岐の金刀比羅神社を勧請したのを孫の秀関がこの地に移したと伝えられています。」
津屋崎町(福津市の前身)が設けた立て札より

歴史をもっと見る|
1

金刀比羅神社 古宮の基本情報

住所福岡県福津市在自
行き方

金刀比羅神社まで
 鹿児島本線福間駅みやじ口(西口)出口より徒歩45分
 鹿児島本線福間駅みやじ口(西口)出口より、ふくつミニバス勝浦線 星ヶ丘公民館前から徒歩3分
 鹿児島本線福間駅みやじ口(西口)出口より車で10分
金刀比羅神社から山道を徒歩約30分

アクセスを詳しく見る
名称金刀比羅神社 古宮
読み方ことひらじんじゃ ふるみや
トイレなし

詳細情報

ご由緒

「宝永年間(西暦1704〜1711)に修験僧元海が祠を建て、その子大澄が讃岐の金刀比羅神社を勧請したのを孫の秀関がこの地に移したと伝えられています。」
津屋崎町(福津市の前身)が設けた立て札より

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー