御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※佛木寺ではいただけません

ぶつもくじ|真言宗御室派一カ山(いっかざん)

佛木寺

愛媛県 伊予宮野下駅

投稿する
0895-58-2216

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

仁王門手前左側 30台、大型5台(無料)

巡礼

四国八十八ヶ所霊場(お遍路)
四国八十八箇所第42番
南予七福神霊場第4番(大黒天)

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(12件)

佛木寺の基本情報

住所愛媛県宇和島市三間町則1683
行き方

宇和島バス 「仏木寺」下車 (0.1km)
41【龍光寺】より
(自家用車)約8分 約4km
(徒歩)約50分 約3km
43【明石寺】より
(自家用車)約30分 約16km
(徒歩)約4時間 約11km

アクセスを詳しく見る
名称佛木寺
読み方ぶつもくじ
参拝時間

7:00~17:00

トイレ納経所の先
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0895-58-2216
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊大日如来
山号一カ山(いっかざん)
院号毘盧舎那院(びるしゃないん)
宗旨・宗派真言宗御室派
創建時代大同2年(807)
開山・開基弘法大師
札所など

四国八十八箇所第42番
南予七福神霊場第4番(大黒天)

文化財

木造大日如来坐像、木造弘法大師坐像(愛媛県指定有形文化財)
佛木寺文書(宇和島市指定有形文化財)

ご由緒

牛の背に乗った弘法大師の伝説が語り継がれる仏木寺には、境内に家畜堂という小さなお堂がある。ミニチュアの牛や馬の草鞋をはじめ、牛馬の陶磁器、扁額などがところ狭しと奉納されている。近隣の農家では、田植えが終わったころに参拝に行き、牛馬の守護札を受けて帰り、畜舎の柱に貼っていた。往時は農耕をともにした家畜たちの安全を祈願していたが、最近ではペットなども含めて動物一般の霊を供養したり、また、闘牛の飼育者の間にも信仰が広がっているという。
大同2年のころ、弘法大師はこの地で牛を引く老人と出会った。誘われるまま牛の背に乗って歩むと、楠の大樹の梢に一つの宝珠がかかって、光を放っているのを目にした。よく見ると、これは大師が唐から帰朝するときに、有縁の地が選ばれるようにと、三鈷とともに東方に向かって投げた宝珠であった。大師は、この地こそ霊地であると感得、堂宇の建立を決心した。大師は自ら楠で大日如来像を彫造、眉間に宝珠を埋めて白毫とした。これを本尊として安置し、「一カ山仏木寺」と名づけ、草字体で書写した『般若心経』と『華厳経』一巻を奉納されたと伝えられる。
その後、寺は牛馬安全の守り仏、大日さまとして信仰をあつめ、鎌倉時代には宇和島領主・西園寺家の祈祷、菩提寺となるなど隆盛を誇った。戦国時代には戦乱に災いされるなど、苦難の道を余儀なくされたが、再建に励んで面目を一新し、活気に満ちている。

体験御朱印札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー