参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

はぶじんじゃ

埴生神社千葉県 京成成田駅

はぶじんじゃ

埴生神社千葉県 京成成田駅

千葉県 成田市郷部994

電話受付:9:00~16:00 
参拝:24時間

御朱印あり
学問の神様・合格祈願商売繁盛健康長寿病気平癒安産祈願・子宝厄除け交通安全家内安全

例祭・神事

7月第3土日 朝顔ほおづき市
7月第3日曜 例祭

もっと見る(2枚)

オススメの投稿

成田山新勝寺に行った際に立ち寄らせて頂きました。 新勝寺から徒歩10分強。 成田の街の一番高いところに鎮座している神社とのこと。 近郷三十余社の神社を傘…続きを読む

成田駅から徒歩で行ける古社がある事を知り 鳥見神社の後、 成田駅乗り換えの為、降りたので参拝しに行きました。 とってもキレイに手入れされている神社でした…続きを読む

16

成田の総鎮守 京成成田駅、JR成田駅から徒歩10~15分程。成田山新勝寺の表参道から西参道を歩いて行くと道沿いに鎮座。表参道は流石は成田山、建物の色合い等が…続きを読む

10

昨年、吉方参りをした埴生神社に お礼参りへ。 境内が綺麗にならされていて 素晴らしかった✨ そしていつもながら いけてあるお花が素晴らしい👏…続きを読む

6

成田周辺の神社散策、始めは成田山新勝寺からすぐのところに1500年前から鎮座している埴生神社、1日と15日は銅色の限定御朱印がいただけます。3月はひな祭りの日…続きを読む

11

投稿をもっと見る(19件)

アクセス

住所成田市郷部994
Googleマップで地図を開く
エリア京成成田駅
行き方

成田駅·京成成田駅下車 徒歩15分

駐車場境内 6台
近くの駅

◼︎JR成田線

◼︎JR成田線我孫子支線
成田駅から直線約750m
徒歩約18分
車で約3分
Googleマップで確認



◼︎京成本線
京成成田駅から直線約960m
徒歩約23分
車で約4分
Googleマップで確認



◼︎京成成田空港線
成田湯川駅から直線約2.42km
徒歩約58分
車で約12分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

埴生神社について

基本情報

名称埴生神社
読み方はぶじんじゃ
通称三ノ宮
参拝時間

電話受付:9:00~16:00 
参拝:24時間

トイレなし
御朱印あり
御朱印帳なし
電話番号0476-22-1254
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://www.habujinja.or.jp/

詳細情報

ご祭神《合》菅原道真,天照皇大神,須佐之男命,《主》埴山姫命
ご由緒

埴生神社の風景 鳥居創建の年代は不詳ですが、以前この地方は埴生郡(はぶごおり)と言われており、今から約1500年前にこの地方に集落を構え、土師器(はじき)を作って生活を営んでいた土師部(はじべ)一族が自分達の祖神、氏神と「埴山姫之命」を祀り古代祭祀を執り行ったのがはじまりとされています。神社の建っている場所も成田の町の中では自然的に一番高い所に位置し、古墳の跡に社殿が建立されております。
当神社は通称三ノ宮といわれ、その昔、物資が利根川流域より運び込まれ、栄町矢口の一ノ宮、成田市松崎の二ノ宮、そして終点の三ノ宮と順になったとされています。その名残か現在当神社の向きは真西にむいており、一ノ宮・二ノ宮の方を向いております。
歴史的に年代が出てくるのは、まず仁安3年(1168)に成田五郎頼重という埴生郡を領していた武士が鉱物を奉納したと言うことが書かれてあり、成田という文字が出てくる最初と言われております。
次に寛元2年(1244)6月、同じくこの地方を領していた埴生次郎平時常が神輿を寄進しており、この頃より神輿渡御が始まり、7月17日の例祭の神輿渡御は750年以上の歴史を誇っております。
印現代においては、成田総鎮守として、子育ての神と広く崇められ、初宮参り・安産祈願・初浅間詣・七五三詣をはじめ、家内安全・厄除祈願・商売繁盛等の諸祈願、また成田空港も近いとこから、空港関連企業や飛行機のお祓いなど、多くの方々に御参拝頂いております。

ご利益
体験

Wikipediaからの引用

概要
埴生神社(はぶじんじゃ)は、千葉県成田市にある神社である。旧社格は郷社。別名、三ノ宮埴生神社(さんのみやはぶじんじゃ)と言う。三ノ宮様(さんのみやさま)の通称で親しまれている。 成田市並木町にも同じく「三ノ宮埴生神社」が存在するが、総本社は郷部の埴生神社である。 伊奘冉命(いざなみのみこと)の子・埴山姫命(はにやまひめのみこと)を祀っている。土を司る神であり、三ノ宮埴生神社の御霊代は土師器である。
歴史
創建年代は不詳であるが、社伝では、平安時代前期に創建されたと伝えられている。大和朝廷系の土師部一族が、当地(山方郷)で焼畑農耕(焼畑には土の神と火の神とで収穫)を行うとともに土師器を製作していた。近隣の玉作郷では玉作りを職業する玉作部の一族の集落があり、酢取郷(羽取郷(羽取の誤りと言われている))の羽取は「服部」の事で、機を織る一族の集落があり、現在の印旛郡栄町の(麻在郷(麻生郷の誤りと言われている))は麻を生産する一族の集落というように、周辺にはそれぞれの職業集団が郷を形成していた。社殿。 平安時代前期に創建されたと伝えられている「三ノ宮埴生神社」は、これらの移住者全員を氏子とする村の...Wikipediaで続きを読む
アクセス
最寄り駅 JR成田線成田駅下車 徒歩約15分 京成電鉄京成線京成成田駅下車 徒歩約15分
行事
毎年7月の海の日の前2日に宵宮・例大祭が執り行われる。偶数年に神輿が旧成田町を渡行する。 この地を領していた埴生次郎・平時常が寛元2年(1244年)に神輿を寄進してからの始まりであり、700年以上の歴史がある。かつては、浜降りといい、古くは九十九里浜の蓮沼(現・山武市)まで神輿行列が出かけ10日程掛けて戻ってきていたが、現在は市内を流れる根木名川まで下り、市内を廻る。 近年は、境内にてあさがお・ほおずき市を同時に開催し、宵宮では胡弓の演奏や獅子舞などが行われている。
引用元情報埴生神社 (成田市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%9F%B4%E7%94%9F%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20(%E6%88%90%E7%94%B0%E5%B8%82)&oldid=78325779
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。

最終更新: 2021年04月01日byささ


アクセス

住所成田市郷部994
Googleマップで地図を開く
エリア京成成田駅
行き方

成田駅·京成成田駅下車 徒歩15分

駐車場境内 6台
近くの駅

◼︎JR成田線

◼︎JR成田線我孫子支線
成田駅から直線約750m
徒歩約18分
車で約3分
Googleマップで確認



◼︎京成本線
京成成田駅から直線約960m
徒歩約23分
車で約4分
Googleマップで確認



◼︎京成成田空港線
成田湯川駅から直線約2.42km
徒歩約58分
車で約12分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express
何かお気づきの点はありますか?