御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年4月
埴生神社ではいただけません
広告

はぶじんじゃ

埴生神社
千葉県 京成成田駅

電話受付:9:00~16:00 
参拝:24時間

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

境内 6台

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(57件)

例祭・神事

1月1日 歳旦祭
1月3日 元始祭
2月 初午
3月3日 桃の節句
4月3日 花見おどり•神武天皇祭
4月30日 晦日祓い
5月5日 端午の節句
6月1日 浅間参り
6月30日 大祓
7月1日 浅間参り
7月第3土日 朝顔ほおづき市
7月第3日曜 埴生神社例祭
8月31日 晦日祓い
9月初旬 風祭
10月各日 神嘗祭
11月各日 七五三
  立冬 鞴祭(ふいごまつり)
  23日 新嘗祭
12月31日 大祓•晦日祓い

例祭・神事をもっと見る|
1

歴史

埴生神社の風景 鳥居創建の年代は不詳ですが、以前この地方は埴生郡(はぶごおり)と言われており、今から約1500年前にこの地方に集落を構え、土師器(はじき)を作って生活を営んでいた土師部(はじべ)一族が自分達の祖神、氏神と「埴山姫之命」を祀り古代祭祀を執り行ったのがはじまりとされています。神社の建っている場所も成田の町の中では自然的に一番高い所に位置し、古墳の跡に社殿が建立されております。
当神社は通称三ノ宮といわれ、その昔、物資が利根川流域より運び込まれ、栄町矢口の一ノ宮、成田市松崎の二ノ宮、そして終点の三ノ宮と順になったとされています。その名残か現在当神社の向きは真西にむいており、一ノ宮・二ノ宮の方を向いております。
歴史的に年代が出てくるのは、まず仁安3年(1168)に成田五郎頼重という埴生郡を領していた武士が鉱物を奉納したと言うことが書かれてあり、成田という文字が出てくる最初と言われております。
次に寛元2年(1244)6月、同じくこの地方を領していた埴生次郎平時常が神輿を寄進しており、この頃より神輿渡御が始まり、7月17日の例祭の神輿渡御は750年以上の歴史を誇っております。
印現代においては、成田総鎮守として、子育ての神と広く崇められ、初宮参り・安産祈願・初浅間詣・七五三詣をはじめ、家内安全・厄除祈願・商売繁盛等の諸祈願、また成田空港も近いとこから、空港関連企業や飛行機のお祓いなど、多くの方々に御参拝頂いております。

歴史をもっと見る|
8

埴生神社の基本情報

住所千葉県成田市郷部994
行き方

JR総武線『成田駅』·京成電鉄線『成田駅』下車 徒歩15分

アクセスを詳しく見る
名称埴生神社
読み方はぶじんじゃ
通称三ノ宮
参拝時間

電話受付:9:00~16:00 
参拝:24時間

参拝にかかる時間

10分

トイレ社務所横の待合所にあり
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0476-22-1254
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://www.habujinja.or.jp/
お守りあり

詳細情報

ご祭神《合》菅原道真,天照皇大神,須佐之男命,《主》埴山姫命
ご由緒

埴生神社の風景 鳥居創建の年代は不詳ですが、以前この地方は埴生郡(はぶごおり)と言われており、今から約1500年前にこの地方に集落を構え、土師器(はじき)を作って生活を営んでいた土師部(はじべ)一族が自分達の祖神、氏神と「埴山姫之命」を祀り古代祭祀を執り行ったのがはじまりとされています。神社の建っている場所も成田の町の中では自然的に一番高い所に位置し、古墳の跡に社殿が建立されております。
当神社は通称三ノ宮といわれ、その昔、物資が利根川流域より運び込まれ、栄町矢口の一ノ宮、成田市松崎の二ノ宮、そして終点の三ノ宮と順になったとされています。その名残か現在当神社の向きは真西にむいており、一ノ宮・二ノ宮の方を向いております。
歴史的に年代が出てくるのは、まず仁安3年(1168)に成田五郎頼重という埴生郡を領していた武士が鉱物を奉納したと言うことが書かれてあり、成田という文字が出てくる最初と言われております。
次に寛元2年(1244)6月、同じくこの地方を領していた埴生次郎平時常が神輿を寄進しており、この頃より神輿渡御が始まり、7月17日の例祭の神輿渡御は750年以上の歴史を誇っております。
印現代においては、成田総鎮守として、子育ての神と広く崇められ、初宮参り・安産祈願・初浅間詣・七五三詣をはじめ、家内安全・厄除祈願・商売繁盛等の諸祈願、また成田空港も近いとこから、空港関連企業や飛行機のお祓いなど、多くの方々に御参拝頂いております。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り結婚式七五三御朱印お守り祭り

Wikipediaからの引用

概要
埴生神社(はぶじんじゃ)は、千葉県成田市にある神社である。旧社格は郷社。別名、三ノ宮埴生神社(さんのみやはぶじんじゃ)と言う。三ノ宮様(さんのみやさま)の通称で親しまれている。 成田市並木町にも同じく「三ノ宮埴生神社」が存在するが、総本社は郷部の埴生神社である。 伊奘冉命(いざなみのみこと)の子・埴山姫命(はにやまひめのみこと)を祀っている。土を司る神であり、三ノ宮埴生神社の御霊代は土師器である。
歴史
由緒[編集] 創建年代は不詳であるが、社伝では、平安時代前期に創建されたと伝えられている。大和朝廷系の土師部一族が、当地(山方郷)で焼畑農耕(焼畑には土の神と火の神とで収穫)を行うとともに土師器を製作していた。近隣の玉作郷では玉作りを職業する玉作部の一族の集落があり、酢取郷(羽取郷(羽取の誤りと言われている))の羽取は「服部」の事で、機を織る一族の集落があり、現在の印旛郡栄町の(麻在郷(麻生郷の誤りと言われている))は麻を生産する一族の集落というように、周辺にはそれぞれの職業集団が郷を形成していた。社殿。 平安時代前期に創建されたと伝えられている「三ノ宮埴生神社」は、これらの移住者全員を...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通[編集] 最寄り駅 JR成田線成田駅下車 徒歩約15分 京成電鉄京成線京成成田駅下車 徒歩約15分
行事
祭礼[編集] 毎年7月の海の日の前2日に宵宮・例大祭が執り行われる。偶数年に神輿が旧成田町を渡行する。 この地を領していた埴生次郎・平時常が寛元2年(1244年)に神輿を寄進してからの始まりであり、700年以上の歴史がある。かつては、浜降りといい、古くは九十九里浜の蓮沼(現・山武市)まで神輿行列が出かけ10日程掛けて戻ってきていたが、現在は市内を流れる根木名川まで下り、市内を廻る。 近年は、境内にてあさがお・ほおずき市を同時に開催し、宵宮では胡弓の演奏や獅子舞などが行われている。
引用元情報埴生神社 (成田市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%9F%B4%E7%94%9F%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20%28%E6%88%90%E7%94%B0%E5%B8%82%29&oldid=97093820

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ