御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
開運の龍神様めぐり 白龍神社特別御朱印付きバスツアーはこちら▷
橘樹神社ではいただけません
広告

たちばなじんじゃ

橘樹神社
千葉県 本納駅

社務所:8:00~16:30 
祈祷受付:9:00~15:00

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

80台

橘樹神社について

上総十二社の一社、玉前六社の一社

おすすめの投稿

惣一郎
惣一郎
2021年09月18日(土)
1269投稿

橘樹神社(たちばな~)は、千葉県茂原市にある神社。式内社で、上総国二之宮。旧社格は県社。主祭神は弟橘比売命(おとたちばなひめ)。相殿神は日本武尊(弟橘比売命の夫)、忍山宿禰(おしやまのすくね;弟橘比売命の父)。

『古事記』、『日本書紀』によると、日本武尊の東征の際、相模から海路上総に渡る時暴風雨に遭い、弟橘媛が海に身を投じて日本武尊の難を救った記事があるが、社伝によると日本武尊が当地に弟橘媛の御陵を造り、弟橘媛の櫛を納めて、橘の木を植えた祀ったことに始まったとしている。国史の初見は『日本三代実録』で877年に神階奉授の記載があり、884年に神階昇叙と日本武尊、忍山宿禰合祀の記載がある。平安時代の927年に編纂された『延喜式神名帳』では、「上総国 長柄郡 橘神社 小」と記載されている。中世以降、上総国の二之宮となり、江戸時代の1681年には神階が最高位の正一位に達した。明治の近代社格制度の下では県社に列格した。

当社は、JR外房線・本納駅の北方1kmほどの平地にある。伊南房州通往還という幹線道路沿いにあって、境内はかなり広々としている。草木はやや少なめで、古木はあまりない。弟橘媛ゆかりの池や御陵があって、古事記・日本書紀の世界に思いを馳せることができる。

今回は、上総国の式内社、上総国二之宮、千葉県の旧県社であることから参拝することに。参拝時は週末の午前中で、自分以外には参拝者は見掛けなかった。

※実は参拝は2回目。前回は参拝時間が遅く、社務所が閉まっていたため御朱印を拝受できなかったので再参拝。

橘樹神社の鳥居

境内南端にある<一の鳥居>と<社号標>。この後、鳥居が4つ連続する珍しい造り。

橘樹神社の鳥居

<四の鳥居>の手前には、小さな<神橋>がある。

橘樹神社の建物その他

樹木は適度に間引かれ、雑草一つない境内は気持ちが良い。

橘樹神社の建物その他

やがて社殿まわりが見えてくる。元気な巨木が良い感じに境内を覆っている。

橘樹神社の手水

参道左手の<手水舎>。しっかりした屋根。

橘樹神社の建物その他

さらに進んで、参道右側の<社務所>。御朱印はこちら。

橘樹神社の本殿

<拝殿>遠景。当社では、鳥居が4つもあって驚いたが、<狛犬>も3対立っている。

橘樹神社の本殿

<拝殿>全景。落ち着いた色合いの神明造の拝殿。

橘樹神社の本殿

<拝殿>正面。正面だけではなく、全ての扉が解放されている。

橘樹神社の本殿

拝殿内にある扁額を覗き込んでびっくり!(;゚Д゚)
<橘木神社>の字は、鹿島神宮、香取神宮の扁額を書いた東郷平八郎伯爵の筆。戦前はそのぐらい社格が高かったということかな。

橘樹神社の建物その他

拝殿手前、右側にある<神輿庫>。

橘樹神社の本殿

拝殿の左側から廻り込んで、<社殿>全景。

橘樹神社の本殿

<本殿>および<幣殿>。本殿は神明造ではなく、幣殿が赤い屋根であるところからすると、それぞれの再建時期が違うのかな?

橘樹神社の末社

社殿の左手にある3つの末社。鳥居も社殿も、3つ大きさが違っているのが面白い。右から順(大きい方から順)に<窟戸神社>、<子安神社>、<稲荷神社>。扁額には<天手力雄命>、<木花咲耶媛命>、<保食命>とそれぞれの祭神が書かれている。

橘樹神社の建物その他

3末社の奥にある<弟橘比賣命御陵>の碑。ここから北側は、神域につき立ち入り禁止。

橘樹神社の末社

社務所近くまで戻って、社務所の対面にある境内社。

橘樹神社の自然

上の境内社の右隣にある、枯死した巨木の幹。かつての御神木かな?

橘樹神社の末社

少し参道から離れたところにある<吾妻社>。

橘樹神社の本殿

最後に<拝殿>全景。落ち着いた佇まい。

もっと読む
投稿をもっと見る(29件)

歴史

社伝に日本武尊の御創建と伝え、「陽成天皇元慶元年5月17日授上総国勲5等正5位の上橘神 日本武尊 忍山宿禰2神を合祀す」と記す。延喜式内小社。正慶2年9月、寛政13年5月にそれぞれ改築。明治6年5月30日県社に列す。

歴史をもっと見る|
2

橘樹神社の基本情報

住所千葉県茂原市本納738、739
行き方

外房線本納駅下車 徒歩10分

アクセスを詳しく見る
名称橘樹神社
読み方たちばなじんじゃ
通称橘様
参拝時間

社務所:8:00~16:30 
祈祷受付:9:00~15:00

参拝にかかる時間

15分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0475-34-2400
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神《主》弟橘姫命,《配》日本武尊,忍山宿禰
創建時代景行天皇四十一年(111)
本殿銅板葺流造
ご由緒

社伝に日本武尊の御創建と伝え、「陽成天皇元慶元年5月17日授上総国勲5等正5位の上橘神 日本武尊 忍山宿禰2神を合祀す」と記す。延喜式内小社。正慶2年9月、寛政13年5月にそれぞれ改築。明治6年5月30日県社に列す。

体験おみくじ絵馬御朱印お守り祭り

Wikipediaからの引用

概要
橘樹神社(たちばなじんじゃ)は、千葉県茂原市本納にある神社。式内社、上総国二宮で、旧社格は県社。神紋は「橘」。 古くは「橘神社」・「橘木神社」とも記された。現在は「橘樹」の2字で「たちばな」と読む。
歴史
歴史[編集] 概史[編集] 社伝では、日本武尊が東征した際、相模から上総へ渡ろうとした時に海上で暴風に遭い、日本武尊の妃・弟橘媛が海に身を投じて難を救ったことから、日本武尊が弟橘媛の御陵を作り、弟橘媛の櫛を納めて、橘の木を植えて祀ったのに始まると伝える。『古事記』には「七日の後、その后の櫛海辺に依りき。すなはちその櫛を取りて御陵を作り治め置きき。」[1]とあり、これが当社のことであるという。また『日本書紀』では、「さらに相模においでになって、上総に渡ろうとされた。海を望まれて大言壮語して、こんな小さい海、飛び上ってでも渡ることができよう、と言われた。(中略) こうして、日本武尊は上総より...Wikipediaで続きを読む
引用元情報橘樹神社 (茂原市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%A9%98%E6%A8%B9%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20%28%E8%8C%82%E5%8E%9F%E5%B8%82%29&oldid=99609182

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ