御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

さくらぎじんじゃ

櫻木神社の御由緒・歴史

千葉県 野田市駅

投稿する
04-7121-0001

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご祭神《主》武甕槌命,倉稲魂命,《配》伊弉諾尊,伊弉冉尊
創建時代851年(仁寿元年)
ご由緒

平安朝の851年、大化の改新で活躍した藤原鎌足の子孫の嗣良公が、この地に居を移した時、そこに桜の美しい大木がありました。
嗣良公が、この木のもとにはウカノミタマを祀り、その後タケミカヅチの神を祀ったのが始まりです。
昔から、この地は「桜木村」と呼ばれ、後に「桜台村」となり、桜が咲き誇る美しい里でした。そして今もなお、野田市最古のお社としてその歴史を重ねています。

歴史
由緒[編集] 社記によれば平安朝の851年(仁寿元年)に、大化の改新で活躍した藤原鎌足の子孫で藤原冬嗣の三男である藤原嗣良によって創建されたという。嗣良がこの地に居を移した際、サクラの美しい大木のもとに倉稲魂命(ウカノミタマ)・武甕槌命(タケミカヅチ)の神を祀ったのが始まりであると伝えられ、現存する宮司家社家文書によれば、この地は古くには「桜木村」と呼ばれ、後に「桜台村」となり、サクラが咲き誇る美しい里であったと考えられている[1]。また、サクラの「サ」は早苗・早乙女・皐月などの「サ」と同じく稲に関係し田の神様である稲霊、「クラ」はその稲霊が鎮まる場所を表しており、山から田の神が依代とな...Wikipediaで続きを読む
引用元情報櫻木神社 (野田市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%AB%BB%E6%9C%A8%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20%28%E9%87%8E%E7%94%B0%E5%B8%82%29&oldid=82603512

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月