神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

くまのじんじゃ

熊野神社

青森県 長峰駅

参拝可能時間 24時間(通年)

パーキング
駐車場
なし

なし

御朱印について
御朱印
なし
ありません

ご利益

熊野神社について

南北朝期に義良親王を供奉して陸奥に下向した摂津源氏多田貞綱を祖とする初代多田采女が津軽の北条残党を討伐し土着する。
室町期に二代多田采女は三戸南部氏の支配下から、大浦為信(後に津軽為信)の津軽統一に与力する。
津軽氏の弘前藩の館の一つである唐牛(かろうじ)館は、当地の旧地名である伽藍寺(がらんじ)に由来し、二代多田采女は以降、唐牛多田采女を名乗り、次代以降は唐牛姓と改称する。
文禄2年(1593年)弘前藩初代藩主となった津軽為信以降も、唐牛館城主と藩主との密接な関係を構築し、弘前藩三代藩主信義の側室に唐牛甚右衛門娘が輿入れ(後の久祥院・四代藩主信政の母)する。
現在、唐牛村は大鰐町に吸収合併され、大鰐町唐牛となる。
また、唐牛一族は当地から現在の藤崎町白子に移封され、大鰐町唐牛には唐牛姓は存在しない。

熊野神社の基本情報

住所青森県南津軽郡大鰐町唐牛杉ノ木66
行き方

唐牛北口(弘南バス)から徒歩6分

アクセスを詳しく見る
名称熊野神社
読み方くまのじんじゃ
通称唐牛熊野神社・唐牛熊野宮
参拝時間

参拝可能時間 24時間(通年)

参拝にかかる時間

約60分

参拝料

なし

トイレなし
御朱印なし
SNS

詳細情報

ご祭神伊弉諾命
伊弉册命
創建時代天正年間(1573~1592)詳細不明
文化財

津軽独自のジャンバラ型注連縄。摂末社。馬頭観世音。御神馬。庚申塔。陸軍少将の碑。

ご由緒

天正年間(1573~1592)に阿闍羅山山頂に蔵館大円寺大日堂、古懸不動堂、久渡寺観音堂の三堂が建立され「阿闍羅千坊」と呼ばれる。
内、久渡寺観音堂が、唐牛館に奉移し熊野宮(神仏習合)を名乗る。
その後、唐牛村沼田に奉移。跡地には記念碑が現存している。
寛永10年(1633)現在地にて再建。
明治に入り、神仏分離令に基づき、熊野神社へと至る。

体験武将・サムライ

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー