御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年2月※革秀寺ではいただけません

曹洞宗

革秀寺

青森県 中央弘前駅

投稿する
0172-32-7460

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

惣一郎
2022年10月16日(日)
1121投稿

【陸奥國 古刹巡り】

革秀寺(かくしゅうじ)は、青森県弘前市藤代にある曹洞宗の寺院。山号は津軽山。本尊は釈迦牟尼仏(釈迦如来)。本堂、津軽為信霊屋は国指定の重要文化財。

『津軽一統志』によると、17世紀初め、弘前藩祖・津軽為信が別地に創建、為信が帰依した長勝寺8世・格翁舜逸が隠居所としていた。為信が没した1608年、弘前藩2代藩主・津軽信牧が現在地に移し、父・為信の菩提寺にしたと伝わる。『津軽歴代記類』によると、津軽信牧が父・為信の菩提のための位牌所として創建したとの説もある。以後、藩祖の菩提寺として津軽藩の厚い保護を受け寺領100石を安堵され、歴代藩主の帰依を受けた。明治期に入り堂宇が荒廃したが、1906年に修繕再建された。

当寺は、JR奥羽本線・弘前駅の西北西4kmの岩木川の北岸の平地にある。境内南東側の入口には広い蓮池があって、一面に蓮が生育しているのが印象的。さすが江戸初期からの寺院ということで、伽藍がさほど数多くないのに対し、境内は広々している。国重文の本堂の南西側に広い立入禁止エリアがあって、そこが津軽為信霊屋になっている。歴代津軽藩主・藩士の信仰の場所となっていたというだけあって、独特の神聖な雰囲気がある。

今回は、本堂および津軽為信霊屋が国重文ということで参拝することに。参拝時は休日の午前中で、自分以外に参拝者は特に見掛けなかった。

革秀寺(青森県)

境内南東端入口全景。

革秀寺(青森県)

参道の両側には、広大は蓮池が広がっている。この景色は壮観。(;゚Д゚)

革秀寺(青森県)

参道を進んで橋をる。林の間から<山門>が見える。

革秀寺(青森県)

入口の<山門>。扁額には「仰高門」とある。

革秀寺(青森県)

山門くぐってすぐ右側にある<鐘楼>。

革秀寺(青森県)

山門をくぐって右前方の景色。見どころは左側の<津軽為信霊屋>と右側の<本堂>。

革秀寺の本殿

先に<本堂>全景。江戸時代初期の建立。入母屋造、茅葺。内部を八間取りとする方丈形式の本堂。国指定の重要文化財。

革秀寺(青森県)

<本堂>正面。入口上部の扁額には山号の「津軽山」とある。

革秀寺(青森県)

つづいて左手の<津軽為信霊屋>。門は通常閉ざされているようで、近づいて見ることはできない。

革秀寺(青森県)

入口の門から見た<津軽為信霊屋>の敷地内部の様子。

革秀寺(青森県)

本堂の横から<津軽為信霊屋>に近づいてみる。

革秀寺(青森県)

<津軽為信霊屋>は、江戸時代初期の建立当初は質素なものであったが、江戸時代後期の文化年間(1804年~1817年)の大修理で華麗な建物となった。桁行一間梁間一間、柱は総円柱、入母屋造、正面軒唐破風付、杮葺。国指定の重要文化財。

革秀寺(青森県)

ふたたび<本堂>を横から見てみる。

革秀寺(青森県)

最後に<本堂>全景。茅葺屋根の落ち着いた建物。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(2件)

革秀寺の基本情報

住所青森県弘前市藤代1-4-1
行き方
アクセスを詳しく見る
名称革秀寺
電話番号0172-32-7460
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.kakusyuji.or.jp/

詳細情報

ご本尊釈迦如来
宗旨・宗派曹洞宗

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー