御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年2月※真山神社ではいただけません

しんざんじんじゃ

真山神社

秋田県 男鹿駅

投稿する
0185-33-3033

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

ご利益

真山神社について

なまはげ発祥の神社


詳しい歴史は不詳ですが、伝説によれば漢の武帝が連れてきた5匹の鬼が小正月に行なった行事が「なまはげ」だと伝えられています。同じ秋田にある赤神神社の五社堂に、この鬼達が奉られているそうです。

おすすめの投稿

食いしん坊藤四郎
2018年07月18日(水)
138投稿

こちらは、男鹿にある「真山神社」で、主祭神は瓊瓊杵命と武甕槌命です。

道中強くなったり弱くなったりの雨脚だったのですが、近づくにつれて上がっていき、晴れはしなかったのですが参拝には問題ない霧雨程度に。

少々長い階段を上がると、スッキリと広い空間が現れます。

何とも言えないスカッとした空気にリフレッシュした気分になれました(^^)

授与所は参道の途中にあったので参拝したあと戻ると、優しいご神職さまからの「お疲れさまでした」とお声をかけて頂きました。

こちらの真山・本山は皆様ご存知、「なまはげ」の住む山。なまはげは真山にいらっしゃる神様の使鬼。

なまはげは真山の上から里を見下ろし、「あの家の子供は勉強しないで遊んでばかりだ」、「あそこの家の嫁は家事を怠けている」となまはげ台帳に(まるで閻魔帳)記し、大晦日の夜に各家々を回って厄祓いしながら怠け者を叱って行きます。

神社の近くにはなまはげ館と男鹿真山伝承館というのがあるのでそちらで各地区のなまはげを見たり、大晦日の夜にどんな風になまはげがやって来るのか再現し、体験できます。
小さいお子さんは泣くこと必至です。
大人でもちょっと怖い(笑)

さて話はズレましたが、こちらの神社ではオリジナルの御朱印帳があったので頂戴しました。初穂料は1500円なんですが、(御朱印のみは300円)御朱印帳を購入した方の御朱印代は志納でした。(つまり、お気持ち)

御朱印を待っている間「よろしければ…」と授与所から歩いて2分くらいのところにある榧の木を案内されたので行ってみました。

大きくて立派な榧の木でした。榧の木の下で御神木パワーを貰うのもいいと思います。

御朱印を頂戴して、色々ご神職様とお話していたら、「実は今日久しぶりに御朱印帳が入荷したんです。」や、「実は昨日のお祭りだったので、今日は神様も一番パワーがありますよ」と驚きの事実(笑)

少しの時間でしたが本当に素敵な神社です。男鹿にお寄りの際は是非ともなまはげの体験と、こちらの神社へ足を運んで見てください。
力の強い神様からパワーを頂いてリフレッシュできること間違い無し!だと思います(^^)

真山神社の山門真山神社の建物その他

この奥にもう一つ階段があります。

真山神社の本殿真山神社の本殿

拝殿の中も失礼して撮らせてもらいました。

真山神社の自然

樹齢千年を超える榧の木。

真山神社の建物その他

授与所前にあるなまはげのお面。着けてみてもOKです。

真山神社の御朱印真山神社の御朱印帳

オリジナル御朱印帳です

真山神社の建物その他

おまけ。なまはげ館で歴史や各地のなまはげがみれます。

真山神社の体験その他

伝承館でのなまはげの体験。

もっと読む
投稿をもっと見る(9件)

例祭・神事

7月16日 例祭

例祭・神事をもっと見る|
1

真山神社の基本情報

住所秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢97
行き方
アクセスを詳しく見る
名称真山神社
読み方しんざんじんじゃ
通称赤神さま
参拝料

なし

トイレ駐車場
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0185-33-3033
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.namahage.ne.jp/~shinzanjinja/

詳細情報

ご祭神《合》天照皇大神,豊受姫命,《主》天津彦火瓊瓊芸命,豊玉毘女命,少彦名命,武甕槌命,伊邪那岐命,大山咋命,塞神三柱大神,大名持命
体験祈祷おみくじお祓い絵馬御朱印お守り祭り伝説

Wikipediaからの引用

概要
真山神社(しんざんじんじゃ)は秋田県男鹿市北浦字真山にある神社。江戸時代は秋田六郡三十三観音霊場の27番札所として赤神山光飯寺があった。しかし、明治の廃仏毀釈運動で真山神社となった。
歴史
由緒[編集] 社伝によれば、景行天皇の御代、武内宿禰が北陸地方諸国視察のため男鹿半島へ下向の折、涌出山(わきいでやま、現在の男鹿真山・男鹿本山)に登り使命達成と国土安泰・武運長久を祈願して瓊瓊杵命・武甕槌命を祀ったのが始源とされる。平安時代以降仏教の伝播が男鹿へも至り、貞観年中には慈覚大師によって涌出山を二分し、北を真山、南は本山としたと伝えられる。以来修験の信仰が昂り、天台僧徒によって比叡山延暦寺守護神の赤山明神と習合された。南北朝時代には真山別当光飯寺は真言宗に転じ、支配も東北豪族の安部氏・清原氏・藤原氏と移りながらも、その庇護のもとに修験霊場として一山繁栄を誇った。江戸時代には国内...Wikipediaで続きを読む
引用元情報真山神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%9C%9F%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=92403212

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー