御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

よしざわしんめいしゃ

吉沢神明社

公式秋田県 吉沢駅

・参拝は自由 時間の制限なし
・社殿内部拝観時間 9時00分~15時30分 (要予約  0184-53-3693)
 積雪により拝観できない時期あり
・ご朱印授与    8時30分~16時30分

投稿する
0184-53-3693

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

現在の御朱印・御朱印帳

ご朱印

ご朱印

初穂料  300円
8時30分~16時30分

・集落内の自宅でお頒けしています(案内図は神社にあります)。
・神社に参拝後にお頒けしております。

御朱印をもっと見る|
2

最新のお知らせ

このごろ……

 無料でおわけしている宝船の絵を求める方が増えています。
 それをおわけした方の中に、何かのご利益があったみたいです。
 どんなご利益なのかを尋ねるのですが、だれも教えてくださいません。

 ということは……一番考えられるのは「金運」かと勝手に想像している今日この頃です。

予約なしで拝観できます!

 5月1日(土)と2日(日)の2日間、事前の予約なしで社殿の拝観ができます。

時間は、午前9時30分~午後3時30分
拝観料は、ひとり400円※造作等の解説案内はありません。希望の方はご相談ください。

お知らせをもっと見る(5件)
氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

あり 5台(墓地下 参道から徒歩2分)
   5台(参道奥 社殿下)

ご利益

吉沢神明社について

青や白がひときわ目立つ中国の故事や花鳥風月を描いた天井画と壁面や大絵馬、社殿内外の彫刻が素晴らしいです。
令和3年4月からご朱印をお頒けしています。

神主より

神職などが常駐している神社ではないので、内部の拝観には事前の予約が必要となります。
お手数をおかけしますが、是非一度ご参拝ください。

おすすめの投稿

みろく(20)
2021年08月15日(日)
7投稿

由利高原鉄道に乗ったついでに吉沢駅で降りて参拝致しました。
周辺は田んぼと集落で、駅からお宮まで歩いて10分ほどです。

参道は虫が多くて夜は怖いかもですが、日中だとまるでジブリ映画に出てきそうな雰囲気でとても清々しい気分で参拝出来ると思います。
狛犬も苔が蒸されていて、なかなかよい雰囲気が出ています^^

社殿の彫刻は国登録有形文化財なだけあって、きめ細かで綺麗でした!が、肝心の中は拝見しておりません。
どうやら、社殿の中にある絵が見所らしいです…。

お宮自体は無人なので御朱印は境内にある貼り紙で地図案内してあるとのことですが、見当たらなかったので電話で問い合わせて訊いてみました。
電話から御朱印拝受まで宮司様のお父様が対応して下さり、「息子が留守だから、あまりよく分からないけど…」と言われつつも、帰りの電車の待ち時間にわざわざ吉沢駅まで御朱印を届けて下さいました。
急な参拝で申し訳ございませんでしたが、素晴らしい対応でした!
宮司様のお父様には感謝です^^

今度参拝する際は自慢の社殿の中を拝見させて頂こうかなと思っております。(※自前に要連絡)

吉沢神明社の鳥居

参道入口

吉沢神明社の建物その他

参道

吉沢神明社の狛犬

狛犬(右)

吉沢神明社の狛犬

狛犬(左)

吉沢神明社の歴史

案内板

吉沢神明社の本殿

社殿

吉沢神明社の芸術

社殿の彫刻

吉沢神明社の御朱印

御朱印

もっと読む
投稿をもっと見る(1件)

授与品

ご朱印

300円
書き置きが基本

土日祝日は手書きも対応できる場合もあります。ご希望の方はご相談ください。

神明社神符

700円

御守り

500円
交通安全

神矢

500円
数量限定です。

授与品をもっと見る

境内・文化財

神明社社殿

国登録有形文化財
本殿、幣殿、拝殿

秋葉神社・金刀比羅神社合社

境内社
神明社社殿奥 左側

宮比神社

境内社
神明社社殿奥 右側

神輿殿

国登録有形文化財
神明社社殿 左前

鏡池

中州に水神様の祠があります。

両部鳥居

国登録有形文化財

木製。参道石段の中腹にあります。

稲荷鳥居

参道入口

石製。

参道石段

188段あります。

境内・文化財をもっと見る|
7

例祭・神事

歳旦祭

毎年元日 午前

氏子が集まり五穀豊穣、加護、皇室の繁栄、その年の幸福をお祈りします。

祈年祭

3月20日頃

本来は2月に行われる祈年祭ですが、雪で社殿が覆われるため3月の春分の日に合わせて行っています。

例祭

4月15日に近い土曜日

前日に宵宮祭、翌日に当番渡が行われます。
例祭当日は、神社での祭式の後にご神体を重量約700キロの神輿に移して子供によるお先祓いを先頭に各種威儀物や五色旗、渡り太鼓と共に集落内を巡行し神社に帰って来ます。また、小学生の子供神輿もこれに加わります。
途中、1年間神様をお守りした当番(宿)と次の1年間神様をお守りする受当番の家で接待を受け、

新嘗祭

11月23日頃

例祭・神事をもっと見る

歴史

 吉沢神明社は江戸時代初期の正保元年(1644、3代将軍家光の頃)に、神宮にお参りした村人がその尊厳さに深く感激し、御神木や社殿床下の土を拝戴して持ち帰り、村人たちで御堂を建立したのが始まりとされています。享保年間に幣殿や宮殿が造営されました。その後火災で焼失したものの、藩に何度も再建を陳情して現在の幣殿と拝殿が江戸時代末期の慶応3年(1867)に完成しました。

 戊辰戦争に際しては、新政府軍となる藩主六郷公の武運長久を村人が祈願した記録もあり、神社近くではこの地域で最も激しい戦いがあったとのことです。

 古くは神仏混淆で「龍重山 金涌寺(りゅうじゅうざん こんゆうじ)」とも称していましたが、明治に入り、廃仏毀釈によって「神明社」となり、旧社格の村社に列し現在に至っています。

 見どころ:慶応3年(1867)に完成した現在の幣殿や拝殿は入母屋、銅板葺き、正面千鳥破風、桁行3間、正面1間軒唐破風向拝付、屋根の裏は朱色に塗られ梁や柱、壁に獅子、竜、鳳凰、力士など細かい細工が施されています。内部は、格天井に中国の故事二十四孝や花鳥風月を描いた天井画、壁にはこれも中国の故事で司馬温公の甕割りの画が描かれ、色鮮やかな大絵馬なども見ることができます。これらは、江戸時代この地を治めた本荘藩主六郷家の菩提寺の造作にも関わった本荘藩の当代一流の棟梁や絵師による仕事であり、吉沢神明社は本荘由利地方を代表する建築物と云えます。これらのことから、吉沢神明社の本殿、拝弊殿、神輿殿、境内社合殿、鳥居、宮殿は、平成16年(2004)に国の登録有形文化財となりました。

歴史をもっと見る|
1

吉沢神明社の基本情報

住所秋田県由利本荘市吉沢字上林42
行き方

鳥海山ろく線吉沢駅から徒歩12分
羽後交通バス停(吉沢)から徒歩10分

アクセスを詳しく見る
名称吉沢神明社
読み方よしざわしんめいしゃ
参拝時間

・参拝は自由 時間の制限なし
・社殿内部拝観時間 9時00分~15時30分 (要予約  0184-53-3693)
 積雪により拝観できない時期あり
・ご朱印授与    8時30分~16時30分

参拝にかかる時間

約15分、別途内部拝観 約30分

参拝料

参拝は無料。社殿内部の拝観 ひとり500円(内部装飾の解説案内、参拝記念品含む)

トイレ社務所左奥
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0184-53-3693
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神《主》天照大神,稲倉魂命,天宇受女命
創建時代正保元年(1644)
本殿神明造
文化財

国登録有形文化財  社殿、両部鳥居、神輿殿、宮殿(非公開)

ご由緒

見所は何といっても社殿内部の天井画と壁面、彫刻の数々です。当時この地を治めた本荘藩のお抱え絵師など藩内一流の絵師や彫り師による芸術作品が当時の色彩鮮やかに残っている社殿は、4年の歳月をかけて慶応3年に完成しました。
神社としての創建は江戸時代初期の正保元年(1644)になります。
神仏習合の時代で、当初は「龍重山 金涌寺(りゅうじゅうざん こんゆうじ)」という名前でもありました。今もその名残が社殿にうかがわれます。
明治になって「神明社」となり旧社格では村社に列していました。

体験祈祷お祓い御朱印お守り重要文化財祭り

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー2