参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

こしおうじんじゃ

古四王神社の歴史秋田県 土崎駅

古四王神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神《主》武甕槌神,大彦命

Wikipediaからの引用

歴史
社伝では、崇神天皇の時代、四道将軍大彦命が蝦夷を平定するため北陸道に派遣された折、北門の鎮護のために武甕槌神を齶田浦神(あぎたのうらのかみ)として祀り、次いで斉明天皇の時代、阿倍比羅夫が秋田地方に来た折、自らの祖である大彦命を合祀し、越王神社(古四王神社)として創建したとされている。「齶田浦神」の名は日本書紀に見え、一説では蝦夷が信仰した地主神または海洋神と推定し、「齶田」を「秋田」の古名とする。当神社は延喜式神名帳には記載がないが、『日本三代実録卷第十』貞観7年2月27日(865年3月28日)条に「出羽国正六位上城輪神。高泉神並従五位下」との記述があり、このうち「高泉神」について菅江真...Wikipediaで続きを読む
引用元情報古四王神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%8F%A4%E5%9B%9B%E7%8E%8B%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=80900699

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?