御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

みもじんじゃ

御裳神社の御由緒・歴史

愛知県 二子駅

ご祭神天照皇大神、日本武尊、迦具土神
ご由緒

後朱雀天皇寛徳二年(1045)の創建。
古来公武の崇敬が非常に篤く、永禄年中には下津城主多田氏、岩崎城主丹羽氏をはじめ板倉、黒田、浅野等の諸将力を合わせ社殿を修し、祭儀、祭礼を整える。
江戸時代においては歴代尾張藩主をはじめ石河、山村諸侯崇敬。特に四代藩主徳川吉通公は正徳年中、社殿を造進。
明治維新後、社名を現在の御裳神社と定める。

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中