御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

いぬじんじゃ

伊奴神社の御由緒・歴史

愛知県 庄内通駅

投稿する
052-521-8800

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご祭神《主》素盞嗚尊,大年神,伊奴姫神,《配》稚産霊神,保食神,倉稲魂神,伊弉冉神,早玉男神,事解男神,天照大御神
創建時代673年(天武天皇2年)
ご由緒

天武天皇の御代、この地で採れた稲を皇室に献上した際に建立されたものと伝えられています。
『延喜式』に「尾張国山田郡伊奴神社」と記載される式内社で、尾張国の神社名簿『本国帳』には「従三位伊奴天神」とあり1330年余りの歴史をもちます。

歴史
由緒[編集] 天武天皇(白鳳)2年(673年)、この地で取れた稲を皇室に献上した際に社殿を建立したと伝えられる[1]。 延喜式神名帳に尾張国山田郡伊奴神社と記されている[1]。式内社[1]。 江戸時代には「熊野権現」などと称していたが、村名の稲生からの類推で、神名帳にある伊奴神社に比定したものとみられる。尾張国神名帳では「従三位上 伊奴天神」とある。[2][3] ^ a b c 引用エラー: 無効な タグです。「由緒」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 177. ^ 有限会社平凡社地方資料センター...Wikipediaで続きを読む
引用元情報伊奴神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E4%BC%8A%E5%A5%B4%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=86900584

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

めめ小バナー