御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※雄山神社峰本社ではいただけません

おやまじんじゃみねほんしゃ

雄山神社峰本社

富山県 欅平駅

御朱印について
御朱印
あり

真ん中に雄山神社、右に峰本社と書かれ、右上に日本三霊山立山頂上の印、真ん中に雄山神社の印が押されています。
標高3003メートルの高さにあり、7月~9月の3ヶ月間のみいただける御朱印です。
状況により社務所が早く閉鎖されることがあります。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

登山口にあり

巡礼

ご利益

雄山神社峰本社について

立山頂上の奥宮


日本の三霊山・立山の頂上に鎮座する雄山神社の峰本社で、麓の中宮祈願殿、前立社壇と合わせて三位一体をなす。
3003mの高地に鎮座し、気候の問題で7〜9月の間でしか登拝できないため、一宮の中でも最難関といわれている。

おすすめの投稿

KAAZ
2022年01月29日(土)
31投稿

主祭神
西本殿「立山大宮」
立山権現伊弉那岐大神(たてやまごんげんいざなぎおおかみ)
相殿神
文武天皇(もんむてんのう)
佐伯宿祢有若公(さえきすくねありわかこう)

東本殿「立山若宮」
天手力雄命(あめのたじからおのみこと)
稲背入彦命(いなせいりひこのみこと)
佐伯有頼命(さえきありよりのみこと)

霊峰立山を神の山として祀られている雄山神社は、標高3003mにある「峰本社」と芦峅中宮にある「祈願殿」、岩峅の「前立社壇」の三社殿から成り立っています。
祈願殿には、古来より武将や公家の信仰も篤く献上品が多く奉納されていたそうです。
周辺には宿坊や、女人救済のための行事を行なう「布橋」なども現存しており、ここはかつて女人禁制の立山信仰において、女性が立ち入る事が出来た最終地だったそうです。

立山は古来より、富士山、白山と並ぶ三霊山として全国各地から信仰されており、今では観光やスポーツ感覚の立山登山と言われますが、本来は立山に参拝するのが目的の立山登拝なのだとか。

有名な大伴家持(おおとものやかもち)は、立山を「神が住まいし山」としてあがめ、当時の人々も「タチヤマ」(「タチ」とはそびえたつ山の様子で神々の権現の意味もあった)と呼んでいたようです。

お守りをいただいてきました。

雄山神社峰本社のお守り

八方除守

雄山神社峰本社のお守り
もっと読む
投稿をもっと見る(19件)

雄山神社峰本社の基本情報

住所富山県中新川郡立山町立山峰1
行き方

富山地鉄立山線「立山」→ケーブルカー「美女平」→バス「室堂ターミナル」

アクセスを詳しく見る
名称雄山神社峰本社
読み方おやまじんじゃみねほんしゃ
通称立山頂上雄山神社峰本社・雄山大権現
参拝時間

7月〜9月末まで

参拝にかかる時間

2時間

トイレあり
御朱印あり

真ん中に雄山神社、右に峰本社と書かれ、右上に日本三霊山立山頂上の印、真ん中に雄山神社の印が押されています。
標高3003メートルの高さにあり、7月~9月の3ヶ月間のみいただける御朱印です。
状況により社務所が早く閉鎖されることがあります。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
お守りあり

詳細情報

ご祭神《主》伊邪那岐神、天手力雄神
ご神体立山
ご由緒

立山は大宝元年(701)に越中国司佐伯有若公の嫡男有頼公が16歳のとき、神示により開山したと伝えられています。これ以来1300年の間富士山白山と共に日本三霊山の1つとして全国から尊敬されてきました。富山県では少年時代に立山に登拝しないものは一人前になれないという風習がありました。
当社は北アルプス山岳上の唯一の延喜式内国弊社であります。

体験祈祷おみくじ御朱印お守り重要文化財祭り一の宮伝説

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー