御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※豊川稲荷東京別院ではいただけません

とよかわいなりとうきょうべついん|曹洞宗圓福山

豊川稲荷東京別院

東京都 赤坂見附駅

投稿する
03-3408-3414

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印(1種類)

豐川吒枳尼眞天の御朱印

500円

真ん中に豐川吒枳尼眞天と書かれ、右上に大岡公開基霊場の印、真ん中に梵字(豐川吒枳尼眞天真言)の宝珠印、左下に東京赤坂豊川稲荷の文字、豊川稲荷別院の印が押されています。
豐川吒枳尼眞天とは、その昔、順徳天皇第三皇太子である寒巖禅師が感得された霊験あらたかな仏法守護の善神のことを言います。
また、江戸時代に大岡越前守忠相公が日常信仰されていた豊川稲荷の御分霊もお祀りしています。

御朱印帳(3種類)

豊川稲荷東京別院では、重陽の菊柄、色硝子、桜の3種類の御朱印帳が頒布されています。
重陽の菊柄が3色、桜の御朱印帳が2色あります。

重陽の菊柄の御朱印帳(赤色)

1,500円
約18×12cm
赤、黄、紫

紅白とピンクの菊がデザインされた御朱印帳で、表面は右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の文字、裏面は真ん中に豊川稲荷の定紋(豐川吒枳尼眞天を表す宝珠)と「二つ穂変わり抱き稲」の神紋が入っています。

色硝子の御朱印帳

1,500円
約18×12cm

花菱紋が色硝子調でデザインされた御朱印帳で、表面は右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の金文字、裏面は真ん中に金色で豊川稲荷の定紋(豐川吒枳尼眞天を表す宝珠)と「二つ穂変わり抱き稲」の神紋が入っています。

桜の御朱印帳(紫色)

1,500円
約18×12cm
紫、赤

紫色の地に桜の花がデザインされた御朱印帳で、表面は右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の金文字が入っています。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、三所殿の授与所もしくは稲荷会館の御祈祷受付でお受けできます。

御朱印の受付時間は9時~15時30分。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

過去の限定御朱印

豐川吒枳尼眞天の御朱印

500円

真ん中に豐川吒枳尼眞天と書かれ、右上に大岡公開基霊場の印、真ん中に梵字(豐川吒枳尼眞天真言)の宝珠印、灰色で豊川稲荷の定紋(豐川吒枳尼眞天を表す宝珠)、左下に東京赤坂豊川稲荷の文字、豊川稲荷別院の印が押されています。
豊川稲荷の定紋である宝珠は、除障招福を象(かたど)ったものとされています。

過去の御朱印帳

豊川稲荷東京別院では、季節や行事に合わせてカラフルな限定御朱印帳をいただけます。
ここからは2020年以前に頒布された過去の限定御朱印帳をご紹介します。

重陽の菊柄の限定御朱印帳(黄色)

1,500円
2015年1月~(数量限定)
赤、黄、紫

オレンジ色、黄色と白色の菊がデザインされた御朱印帳で、表面は右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の文字、裏面は真ん中に豊川稲荷の定紋(豐川吒枳尼眞天を表す宝珠)と「二つ穂変わり抱き稲」の神紋が入っています。

重陽の菊柄の限定御朱印帳(紫色)

1,500円
2014年7月~(数量限定)
赤、黄、紫

紫色と白色の菊がデザインされた御朱印帳で、表面は右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の金文字、裏面は真ん中に金色で豊川稲荷の定紋(豐川吒枳尼眞天を表す宝珠)と「二つ穂変わり抱き稲」の神紋が入っています。

桜と橘の限定御朱印帳

1,500円
2020年3月~(数量限定)

赤と水色の格子柄に籠目文様が施され、桜と橘がデザインされた御朱印帳で、表面右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の金文字が入っています。

縁起だるまの限定御朱印帳

1,500円
2020年1月~(数量限定)

緑色の地に松竹梅文様、赤、紫、黄色の縁起だるまがデザインされた御朱印帳で、表面右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の金文字が入っています。

子年の限定御朱印帳

1,500円
2020年1月~(数量限定)

クリーム色の地に宝尽くし文様、干支である子年をモチーフにした御朱印帳で、表面右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の金文字が入っています。

雪華文様の限定御朱印帳

1,500円
2019年11月~(数量限定)

赤色の地に様々な雪の結晶をモチーフにした雪華文様の御朱印帳で、表面は右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の金文字、裏面は真ん中に金色豊川稲荷の定紋(豐川吒枳尼眞天を表す宝珠)と「二つ穂変わり抱き稲」の神紋が入っています。

組木の限定御朱印帳

1,500円
2019年10月~(数量限定)

紺色を基調とした組木文様の御朱印帳で、表面右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の金文字が入っています。

金魚の限定御朱印帳

1,500円
2019年7月~(数量限定)
ピンク、水色

ピンク色の地に金魚草と流水文様、活き活きと泳ぐ紅白の金魚がデザインされた御朱印帳で、表面右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の金文字が入っています。

戌年の限定御朱印帳

1,500円
2018年1月~(数量限定)

クリーム色の地に松竹梅柄と宝尽くし文様が施され、干支である戌をモチーフにした御朱印帳で、表面は右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の金文字、裏面は真ん中に金色で豊川稲荷の定紋(豐川吒枳尼眞天を表す宝珠)と「二つ穂変わり抱き稲」の神紋が入っています。

枝垂桜柄の限定御朱印帳

1,500円
2017年4月~(数量限定)

クリーム色の地に紫の枝垂桜柄が施された御朱印帳で、表面は右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の金文字、裏面は真ん中に金色で豊川稲荷の定紋(豐川吒枳尼眞天を表す宝珠)と「二つ穂変わり抱き稲」の神紋が入っています。

小花柄の限定御朱印帳

1,500円
2016年1月~(数量限定)

カラフルな小花柄が施された御朱印帳で、表面は右上に御朱印帳の文字、左下に赤坂豊川稲荷の金文字、裏面は真ん中に金色で豊川稲荷の定紋(豐川吒枳尼眞天を表す宝珠)と「二つ穂変わり抱き稲」の神紋が入っています。

御朱印をもっと見る|
174
御朱印について
御朱印
あり

御朱印や御朱印帳には、ご本尊の吒枳尼天を表す宝珠が描かれています。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
なし

なし

おすすめの投稿

アルネ
2020年01月04日(土)
313投稿

都内お年始ご挨拶巡り3箇所目、豊川稲荷東京別院です。日枝神社から歩きました。こちらもたいへんな人出でした。
本殿前での参拝の行列に並んで、手を合わせる際、うっかりしていて柏手を打ってしまいました。そのことにはすぐには気づかず、手を合わせ終わって賽銭箱の横に立ち、今日は中に入っちゃまずいかな、でもどなたかの靴が2足あるな、と思っていたら、その持ち主らしい方々が出てきて。さらに私の後ろからご夫婦らしいおじさんおばさんがやって来て中に上がろうとするのを目の当たりにして、あっ、と思うと同時だったか、どっちが先か忘れたけれどもそこでドンドンという太鼓とともに読経が始まったので、これはもう聴いていきなさいと言われてる!と思い、上がらせてもらいました。
いつもながら本殿の中は暖かく優しい気に満ちて、読経の声に癒されまくり、柏手を打った間違いに気づき、お詫びをしつつ、こんなおバカでも招き入れてくださる荼枳尼天さんの優しさにまた感動して、涙がこぼれました。今回は奥宮側へは行かず、本殿にしか行きませんでしたが、それでも十分でした。
祈祷が終わり、背後を見やると宝船を模した折り紙と、稲穂があしらわれたお札(名前失念。本殿内は写真撮影禁止なのです)が目につき、ここに置かれているということは、高波動を最高に浴びまくっているはず!ということで、一つ購入。
本殿内の授与品売場のお坊さまが、火打石で清めて、手を合わせて、渡してくださいました。
満たされた心持ちで本殿を出ると、おみくじの棚が見えたのでここで引きました。なかなかくじの棒が出なくてちょっと困りましたが、結果は「吉」。こちらの神仏やご眷属はおみくじも厳しめと聞いていたので、嬉しかったです。
元気をもらってお暇しました。

豊川稲荷東京別院の周辺

手前の歩道橋から、既に賑わっている様子が伺えます。

豊川稲荷東京別院の周辺

横断歩道の向こう側に、参拝客の行列ができていました。こちらもさすがの人気です。

豊川稲荷東京別院の周辺

ひたすら行列に従って、少しずつ前進します。

豊川稲荷東京別院の本殿

本殿前がこんな具合です。

豊川稲荷東京別院の狛犬

狛狐さん、あけましておめでとうございますー。(後で見返していて気づいたのですが、右横の紅白の宝船、まさに私が買った縁起物の拡大版です!授与品は紅白のポールでなく、竹が支柱になっています。)

豊川稲荷東京別院のおみくじ

本殿を出て、おみくじを引きました。こちらの荼枳尼天さんはクールな方で、おみくじ専門の厳しめなご眷属もいらっしゃるということなので、これはなかなか嬉しい結果でした。やっぱりここの荼枳尼天さんはいつも優しくて、大好きです。

もっと読む
カムヤマト
2018年06月05日(火)
28投稿

赤坂にある豊川稲荷です。こちらは神社ではなく寺院です。正式名称は「豐川閣妙嚴寺」なんですね。江戸時代、大岡越前守忠相公が日常信仰されていた豊川稲荷のご分霊をお祀りしているとのことです。

稲荷信仰で混同されて習合されてますが、神社のお稲荷さんは神宮外宮でおなじみの豊受大神=宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)がご祭神ですが、豊川稲荷はお寺さんなので鎮守として豊川吒枳尼真天が祀られてます(本家豊川稲荷の本尊は千手観世音菩薩、鎮守が豊川吒枳尼眞天)。荼吉尼天と書かれたりもします。「だきにまてん」と読みます。ダーキニー神の事で、元は仏教、インドヒンドゥー教の神様ですね。

宇迦之御魂神が白狐なら、ダーキニーはジャッカルに乗っていたなんてこともいわれますが、本殿前の狐の大きさに驚きました。んーまさにジャッカル。(って本物のジャッカルはよく知りません。。。^^)

インドヒンドゥー教のダーキニー神は破壊神のシヴァの妻カーリーの侍女で、人の心臓を食らう神となんだか恐ろしいのですが、シヴァ神(=大日如来=大黒天とも)に促されて、その後死者の心臓を食べることになったとか。。。鬼子母神にも似たような話がありますね。

宇迦之御魂神の性別はわかっていませんが、ダーキニー神は女神だそうです。
ちょっと怖い話になってしまいましたが、豊川吒枳尼真天は悪事災難を除き、福徳智恵を賜り、苦を抜いて楽なし、悲しみを転じて喜びとなす。願い事が成就する霊験あらたかなお稲荷さんとして、広く人々に信仰されてます。今日も多くの方が参拝されていました。
境内は七福神はじめ摩利支天、菩薩も祀られています。七福神巡り(スタンプあり)もできますよ。

豊川稲荷東京別院の狛犬

境内は所狭しと狐が祀られてます。

豊川稲荷東京別院の狛犬

本殿です

豊川稲荷東京別院の狛犬

実物は狐がおおきいんです。筋肉もすごいですし、しっぽもりっぱですね〜

豊川稲荷東京別院の本殿

寺院なので鈴ではなく、これ鰐口(わにぐち)って言うんですね。

豊川稲荷東京別院の建物その他豊川稲荷東京別院の鳥居

朱赤の鳥居が立派でした。

豊川稲荷東京別院の狛犬豊川稲荷東京別院のおみくじ

おみくじは男性用と女性用で選べるようでした。

豊川稲荷東京別院の建物その他

青山通りから見える看板 「豊」の文字が五穀豊穣を表しているのでしょうか?いいですね。こういう文字

豊川稲荷東京別院の建物その他

赤の提灯に囲まれた寺院です。文字上の白のマークは吒枳尼真天のマークです。

豊川稲荷東京別院の本殿

豊川吒枳尼真天 ちょっとピントが合ってませんね^^

もっと読む
投稿をもっと見る(146件)

豊川稲荷東京別院の基本情報

住所東京都港区元赤坂1-4-7
行き方

東京メトロ銀座線/丸の内線「赤坂見附駅」(B出口)から徒歩5分, 東京メトロ有楽町線/半蔵門線・南北線「永田町駅」(7番出口)から徒歩5分
東京メトロ銀座線/丸の内線「赤坂見附駅」(B出口)から徒歩5分
東京メトロ有楽町線/半蔵門線・南北線「永田町駅」(7番出口)から徒歩5分

自動車
首都高速3号渋谷線霞ヶ関出口・首都高速4号新宿線外苑出口・国道246号線(青山通り)沿い
赤坂警察署前交差点角

アクセスを詳しく見る
名称豊川稲荷東京別院
読み方とよかわいなりとうきょうべついん
通称豊川閣妙厳寺
参拝時間

8:30〜16:00

参拝料

なし

御朱印あり

御朱印や御朱印帳には、ご本尊の吒枳尼天を表す宝珠が描かれています。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号03-3408-3414
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.toyokawainari-tokyo.jp
おみくじあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご本尊《主》豊川吒枳尼真天
山号圓福山
宗旨・宗派曹洞宗
体験坐禅(座禅)祈祷結婚式御朱印

Wikipediaからの引用

概要
豊川稲荷東京別院(とよかわいなりとうきょうべついん)は、東京都港区元赤坂にある曹洞宗の寺院である。豊川稲荷 妙厳寺(愛知県豊川市)の、唯一の直轄別院(飛び地境内)である。
歴史
沿革[編集] 大岡越前守忠相が豊川稲荷から吒枳尼天(だきにてん)を勧請し、屋敷稲荷として自邸で祀ったのを由来とする[1]。 大岡家では、三河時代より豊川稲荷を信仰していたといい、越前守の時に、江戸の下屋敷に吒枳尼天を勧請して祀ったといわれる。その後、大岡家の下屋敷が赤坂一ツ木に移転となり、豊川稲荷も引き続き移転先の屋敷で祀られた。 創建[編集] 江戸では稲荷信仰が盛んであったため、大岡邸では毎月「午の日」と22日には門を開けて、一般庶民の稲荷への参拝を許していたという[2]。 その後、文政11年(1828年)、信徒の要望により、妙厳寺が一ツ木の大岡邸の敷地の内、4分の1(約250坪)を...Wikipediaで続きを読む
アクセス
アクセス[編集] 東京メトロ銀座線 赤坂見附駅より徒歩で約5分。
引用元情報豊川稲荷東京別院」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E8%B1%8A%E5%B7%9D%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%88%A5%E9%99%A2&oldid=92541524

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月