参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

ほしみやじんじゃ

星宮神社(下野國・梁田宿総鎮守社)の歴史栃木県 県駅

星宮神社(下野國・梁田宿総鎮守社)の歴史情報

詳細情報

ご祭神天津日高彦火瓊瓊杵尊
ご由緒

正徳五年(1715年)に創祀されました。梁田宿の総鎮守社で、江戸時代には虚空蔵菩薩を本尊としていました。虚空蔵菩薩は福智円満をご加護し、梁田宿の繁栄、宿中及び近郷の人々の求めるご利益に応えて、氏子や崇敬者の篤い信仰を受けてまいりました。
明治維新の太政官布告(神仏分離令)により星宮神社と称することになりました。
戊辰の役(梁田戦争)によって、梁田宿の一部と別当寺である成就院が兵火によって焼失し、全ての文書や資料が失われたため、由来、歴史的な詳細については不明なことがあります。(神社パンフレットより)

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?