須佐神社 島根県 江南駅

島根県 島根県出雲市佐田町須佐730
エリア:江南駅

  • 行きたい
  • 投稿する

投稿:2017年06月26日

須佐神社は歴史あるお社です。宮司さんは78代目という代々続くお家柄。
スサノオが祀られており、向かい側にはアマテラスがいるという、面白いスタイル。出雲地方でアマテラスとスサノオが一緒に祀られている神社はいくつかありますが、ここはスサノオの方が社が大きいのが特徴です。

出雲國風土記の中では、スサノオがこの土地に自分の名前を付けたと書かれており、この辺りの地名も「須佐」です。そして宮司家の苗字も「須佐さん」です。
大社造の本殿は森の中に堂々としていて、裏には大杉さんとして親しまれる杉の木があります。
ここには須佐の七不思議があり、その一つが「塩の井」です。
この井戸ははるか離れた日本海の「稲佐の浜」の潮の干潮満潮とつながっていると言われており、実際に計ってみると塩気があるそうです。

近くには温泉、風穴があります。田舎ののどかな風景が広がっているエリアです。

須佐神社島根県江南駅

須佐神社島根県江南駅

須佐神社島根県江南駅

須佐神社島根県江南駅

西村 愛

島根県ふるさと親善大使、出雲観光大使。旅するフードライター。東京在住島根LOVE。

投稿数:29件

須佐神社 の概要

神話が生きるスサノオの聖地


スサノオがヤマタノオロチを退治した後、お姫様と余生を過ごしたと言われる土地がこの須佐神社です。出雲市街地から離れた山奥に位置し、なんと須佐神社の宮司である須佐宮司はスサノオの子孫と言われ出雲大社に並び、歴史がある神社とされています。

樹齢1300年を超える'大杉さん'


本殿の裏には、樹齢1300年を超える大きな杉がそびえ立っています。地元の方達には'大杉さん'と親しまれ、スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之氏が「現代に残る聖地」と称して以来、密かなブームともなっています。

須佐神社 の基本情報

名前 須佐神社
通称 須佐大宮
本尊・御祭神 《主》須佐之男命,《配》稲田比売命,脚摩槌命,手摩槌命
住所 島根県島根県出雲市佐田町須佐730
須佐神社に関わりたい方はコチラ

コメント一覧

コメントしませんか?

するとコメントできます。

須佐神社の投稿一覧

名前:増田コロゾー 増田コロゾー

何度かお参りさせていただいており、そのたびに御守りを授かって帰るのが、ここ数年のお決まりのパターンです。

0 0 投稿した日:2017年09月24日

名前:みゆ みゆ

出雲大社へ参拝する前に、慌ただしくお邪魔してしまいました。 駐車場から本殿へと向かう鳥居をくぐり、参拝。 拝殿近くに社務所があり、そちらで御朱印をいただく事ができました。 本殿と向かい合うように天照社があるそうで。 こちらに参拝できなかったこともあるので、次回こそはゆっくりと参拝したいです。

5 0 お参りした日:2016年11月吉日

名前:Sunao Notsu Sunao Notsu

近くの八雲風穴に行ってから、参りました。 前々から気になっていたのですが、ようやく行くことができました。 この日は、お祭りの日だったらしく、地域の人達が総出で祭りの準備をしていました。 個人的には、神社の裏の大杉が壮観で、印象に残っています。

2 0 投稿した日:2017年08月16日

名前:ひろぴよ ひろぴよ

2016年11月 主祭神は須佐之男命。妻の稲田比売命、稲田比売命の両親の足摩槌命・手摩槌命を配祀。車でのアクセスがオススメ。静謐な空気の中、大地の底から湧き上がるようなパワーを感じられます。

3 0 投稿した日:2017年06月30日

須佐神社の情報をもっと見る
投稿