御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

しがけんごこくじんじゃ

滋賀県護国神社

公式滋賀県 彦根駅

授与所  午前9時半から午後4時半まで

開門時間 午前7時から午後5時まで

※御朱印は禰宜がいない時は書き置き対応となります

投稿する
0749-22-0822

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

現在の御朱印・御朱印帳

寅の限定御朱印

800円
令和4年元日より授与

東洋画家 田中千野先生が描かれた寅の吉祥大絵馬を300枚御朱印にしました。
縁起の良い五黄の寅を御朱印としてお持ち帰りいただき、令和四年がより良い年となりますよう、祈念致します。

御朱印をもっと見る|
82

最新のお知らせ

御朱印を新しく加えました

田中千野先生画

吉祥花鳥画吉祥文様御朱印 9月分

狐に秋草文様
限定500枚 1枚500円

キツネは神様の使いであり、五穀豊穣の象徴です。秋草文様の桔梗は厄除け開運の花で、萩は柔軟な精神と強い生命力の意味を持ちます。ススキは神様の宿り場で、ススキの葉で茅の輪を作る所があるように、葉は悪いことを祓い清める力があります。
稲穂は開運、健康長寿、家内安全、商売繁盛のいわれを持ちます。

滋賀県護国神社の御朱印

田中千野先生画

吉祥花鳥画吉祥文様御朱印 9月分

狐に秋草文様
限定500枚 1枚500円

キツネは神様の使いであり、五穀豊穣の象徴です。秋草文様の桔梗は厄除け開運の花で、萩は柔軟な精神と強い生命力の意味を持ちます。ススキは神様の宿り場で、ススキの葉で茅の輪を作る所があるように、葉は悪いことを祓い清める力があります。
稲穂は開運、健康長寿、家内安全、商売繁盛のいわれを持ちます。

御朱印を新しく加えました

田中千野先生画

吉祥花鳥画吉祥文様御朱印 8月分

百花繚乱に蝶と網代文様
限定500枚 1枚500円

百合は「純粋」向日葵は「栄光」ポピーは「喜び」薄紅葵は「穏やか」薔薇とブルーデージーとラナンキュラスは「幸福」コスモスは「平和」バーベナは「家族団欒」ペンタスは「希望が叶う」蝶は「幸運が舞い込んでくる」

魔除けの網代文様を花籠に見たて、才能豊かの意味も持ちます。

滋賀県護国神社の御朱印

田中千野先生画

吉祥花鳥画吉祥文様御朱印 8月分

百花繚乱に蝶と網代文様
限定500枚 1枚500円

百合は「純粋」向日葵は「栄光」ポピーは「喜び」薄紅葵は「穏やか」薔薇とブルーデージーとラナンキュラスは「幸福」コスモスは「平和」バーベナは「家族団欒」ペンタスは「希望が叶う」蝶は「幸運が舞い込んでくる」

魔除けの網代文様を花籠に見たて、才能豊かの意味も持ちます。

お知らせをもっと見る(15件)
氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

①浦安の舞の御朱印 奉拝 300円 
 直書き可能(禰宜がいる時)

②井伊家赤備えの兜の御朱印
 一期一会 300円
 直書き可能(禰宜がいる時)

③近江を制する者は天下を制すの御朱印 現在滋賀縣護國神社の中央文字は金の箔押し 500円

田中千野先生画 吉祥花鳥画吉祥文様御朱印

※3ヶ月単位で更新。限定500枚 500円

限定
あり
御朱印帳にお書き入れ
あり
郵送対応
あり

ホームページのトピック欄 御朱印について から、メールにてご連絡願います。

御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

①神社横の彦根観光協会駐車場から、②いろは松通り側鳥居から直接境内の中に車を乗り進めて下さい。境内の中の砂利が敷いてある空きスペースに駐車願います。

彦根観光協会駐車場からは、駐車場の垣根とカフェ朴の間から車を入れることができます。

巡礼

ご利益

滋賀県護国神社について

神社から彦根城やたねやさん、ポムダムールまで歩いて行けます。
神社に車を停めて彦根城へ行けば彦根城の駐車料金はかかりません。護国神社の神様にお参りしてから彦根城へ行ってください。神社の行事があるときは境内に車を停めることはできません。ホームページやインスタグラムで確認してから停めて下さい。
参道沿いに牡丹が植えてあり、4月中頃には見頃を迎えます。境内の中にはほっこりカフェ朴というカフェもあり、ほっこりした静かな時間を感じることができます。ほっこりカフェ朴は土日祝営業はされていません。平日の正午から15時までの営業です。
手水舎も今は花手水をされており、綺麗です。

神主より

境内の中に滋賀県英霊顕彰館が建てられています。館内では、御祭神全てではないですが、実際に滋賀県護国神社におまつりされている方々をお写真で見ることができます。ステンドグラスも綺麗ですよ。
お時間があります方は、ぜひこちらも拝観願います。

少ない職員で応対しており、ご不便をおかけすること、御朱印をお待ちいただくことがあるかもしれません。混雑時は番号札をお渡し致しますので、周辺を散策する等お時間に余裕を持ち、心に余裕を持たれた対応をお願い致します。

境内が大変広く、ボランティアで植木の手入れをしていただける方、掃除をしていただける方がおられればありがたいです。

今までは英霊の御遺族の方々が神社を護持してきて下さいましたが、遺族会の高齢化もあり、全国の護国神社はどこも厳しい現状を抱えております。皆様方のお力添えを切にお願い申し上げます。

おすすめの投稿

惣一郎
2022年05月08日(日)
958投稿

【全国 護国神社巡り】

滋賀県護国神社は、滋賀県彦根市尾末町にある神社。旧内務大臣指定護国神社で、現在は神社本庁の別表神社。祭神は、戊辰戦争から第二次世界大戦までの滋賀県関係の戦没者3万4千余柱。

1869年に彦根の大洞龍潭寺に戊辰戦争で戦死した彦根藩士26人の霊を祀る招魂碑が建てられたのが始まり。1875年、元彦根藩主・井伊直憲の主唱により招魂碑が現在地に移され、翌1876年に社殿を造営、鎮座した。1939年に内務大臣指定護国神社として「滋賀県護国神社」と改称した。戦後GHQ占領期に「沙々那美神社」と改称したが、日本の主権回復後1953年に元の社名に復称した。

当社は、JR琵琶湖線・彦根駅の北西500mの平地、彦根城址の東端にある。彦根駅だと西口の駅前通りの突き当りにあたる。左手に彦根城のお堀を見ながら橋を渡ると、大きな鳥居をくぐって境内地が始まる。護国神社らしい広い敷地は、綺麗に掃き清められていて、心地良い張りのある空気が流れる。入口近くから参道脇に多くの石碑が並んでいる。社殿は左右両側に翌殿を繋いだ拝殿と、その背後に祝詞舎と本殿が直線に並ぶ、これも護国神社らしい造り。

今回は、滋賀県の旧指定護国神社であることから参拝することに。参拝時は平日の午後、自分以外にも数人参拝者が訪れていた。

滋賀県護国神社(滋賀県)

境内南東端入口全景。国宝・彦根城のお堀に架かる橋を渡る。

滋賀県護国神社の鳥居

境内入口の<鳥居>と<社号標>。

滋賀県護国神社の鳥居

鳥居をくぐる。突き当りが社殿ではないみたい。

滋賀県護国神社の建物その他

参道はすこし左側に曲がった先にある。

滋賀県護国神社(滋賀県)

参道右側にいろんな石碑が立っているので見て廻る。一つ目は<平和の礎>。シベリア矯正抑留者慰霊碑。

滋賀県護国神社(滋賀県)

二つ目は神馬ではなく、<戦没軍馬軍犬軍鳩霊之碑>。

滋賀県護国神社の建物その他

三つ目は<平和之碑>。彦根傷痍軍人会の寄贈。

滋賀県護国神社の建物その他

続いては<拓魂碑>。滋賀県送出の満蒙開拓事業参加者の慰霊顕彰碑。

滋賀県護国神社の建物その他

拓魂碑の左隣は<花塚>。花に感謝する碑。華道翠香流家元竹中翠香氏を中心に、故井伊文子氏(尚昌の子女で琉球国王尚泰の曾孫。日本の歌人、随筆家。聞得大君。)らの浄財で建立。

滋賀県護国神社(滋賀県)

花塚の左隣は<母の像>(左)と<父の像>(右)。これらの石碑などを見るにつけ、現代日本の平和が多数の先人の犠牲の上に成り立っているものとしみじみ思う。

滋賀県護国神社(滋賀県)

参道正面の<社殿>遠景。社殿は一段高くなった場所にある。
大きいが華美ではない、慎ましくも包容力のある構え。

滋賀県護国神社の狛犬

拝殿に向かって、下の段の左手(社務所近く)にある<狛犬>。

滋賀県護国神社の狛犬

拝殿に向かって、下の段の右手(手水舎近く)にある<狛犬>。

滋賀県護国神社(滋賀県)

上の段の右手にある、大きく立派な<手水舎>。

滋賀県護国神社(滋賀県)

手水盤は花で彩られている。素直にきれい。(o^―^o)

滋賀県護国神社(滋賀県)

<拝殿>全景。近づくにつれ心が引き締まる。

滋賀県護国神社の本殿

<拝殿>内部。

滋賀県護国神社の建物その他

拝殿前から振り返ったところ。

滋賀県護国神社(滋賀県)

拝殿に向かって右側を向く。奥の建物は5年前に建てられた<滋賀県英霊顕彰館>。

滋賀県護国神社(滋賀県)

拝殿に向かって左側にある<社務所>。御朱印はこちら。

滋賀県護国神社の建物その他

社務所前から<拝殿>を望む。

滋賀県護国神社の自然

右側の狛犬と手水舎の間に立つ、おそらく当社で一番大きな樹木。

滋賀県護国神社(滋賀県)

最後に、大きな樹木の下から<拝殿>を望む。心が洗われる感じがする。(^▽^)/

もっと読む
よしくん
2019年08月16日(金)
596投稿

彦根駅から、彦根城へ向かう途中に参拝。

幼い頃にみたま祭りも何度も来たことあったし、その後も何回か来てますが、資料館が新しくなっていたことに気付いたので入ってみました。

すると、大きな護国神社巡りの御朱印屏風が。
以前の知事さんが、奉納されたものだそうです。

御朱印頂くときに、写真撮ってネットにアップしても良いですか?と尋ねたところ、
「ぜひ、宣伝して下さい。」とのお返事頂いたので、
自信を持って、宣伝します!笑

同じ護国神社と言えど、神社によってデザインは様々で思わず眺めてしまいました。

ちなみに、滋賀県護国神社の御朱印は、井伊の兜と井伊直弼公が生み出した言葉『一期一会』でした。

吉田松陰先生の御朱印帳に、井伊直弼の言葉、、、
160年経ち、平和になったからこその実現ですね。
https://hotokami.jp/goshuincam/goshuins/545/

滋賀県護国神社の建物その他滋賀県護国神社の鳥居

そんなこと今まで気にしたことなかったけど、
木の鳥居でした。

滋賀県護国神社の建物その他

あとのまつり

おまつりのときは、提灯がキレイに並びます。

滋賀県護国神社の建物その他

台風の影響で、今年のおまつりは、日程変更だそうです。

滋賀県護国神社の建物その他

(いつからか分からないけど)新しくなっていた資料館。中は新築の木のにおいがしました。

滋賀県護国神社の建物その他

そして、護国神社御朱印屏風。
東日本編!

滋賀県護国神社の建物その他

西日本編!

滋賀県護国神社の建物その他

背景

滋賀県護国神社の建物その他

いつか僕も日本全国巡りたいなぁ。

滋賀県護国神社の授与品その他

御朱印に挟んで頂いた由緒書きも。

滋賀県護国神社の授与品その他

裏面。

滋賀県護国神社の御朱印

どどん!

一期一会!

もっと読む
投稿をもっと見る(43件)

授与品

おうみの幸せ守り

1600円

滋賀県の伝統工芸品である近江上布を使って全て手うみと手織りで調製しております。
麻の力で伸びやかで幸せな人生を歩んでいただきたいと願います。

勝守

800円

神社所蔵の井伊家の赤備えの兜をデザインしました。赤は太陽や火の強さに通じるため、魔除けの意味があります。黒は不動の心を表し、白は太陽の光や清らかな心身と輝く未来を意味します。前立ての金色は豊かな人生を象徴します。自分自身の人生に打ち克ち、幸せな人生を歩んでいただきたいと願います。

身体健康御守

800円

身体健康の御守。

上昇守

800円

上昇トレンドの波に乗っていただき、幸せな人生を歩んでいただきたいと願い、調製致しました。裏側には社紋と神社名、双龍が配してあります。

交通安全御守

800円

交通安全の御守。

交通安全土鈴御守

800円

干支の交通安全御守。

咲御守

800円

人生に幸せの花がたくさん咲きますように。たくさんの花が咲いて笑顔あふれる人生となりますように。

授与品をもっと見る|
6

歴史

戊辰戦争で彦根藩の藩士の方々が戦死されました。彦根に大きな功績を残されたこれらの方々を彦根の中心地である彦根城の近くに丁重におまつりし、彦根の守り神となっていただこうと、最後の彦根藩の藩主である井伊直憲公が中心となって滋賀縣護國神社の前身である官祭彦根招魂社が明治9年に建てられました。

戊辰戦争から後も、国内外で多くの戦争が起こりました。

西南戦争、日清戦争、日露戦争、大東亜戦争で滋賀県から多くの方々がお亡くなりになられました。
こうした方々の「みたま=神霊」を護國神社で丁重におまつりすることで、滋賀県の守護神となっていだだく、つまりは日本を護る神様となられるのだとの信仰から、現在に至るまで多くの方々の参拝があります。

各地にある護國神社も各地の守り神様として建てられています。

護國神社は即ちその名前の通り、国を護る神様・現代に生きる我々をお護りいただく神様ですので、混迷を極める現代社会においては大変重要な神様といえるでしょう。

歴史をもっと見る|
1

滋賀県護国神社の基本情報

住所滋賀県彦根市尾末町1-59
行き方

彦根駅西口から彦根市役所に向かって直進徒歩10分程度
彦根キャッスルリゾート&スパホテル、又は
護国神社前という信号を目印としてお越し下さい。

アクセスを詳しく見る
名称滋賀県護国神社
読み方しがけんごこくじんじゃ
通称滋賀のごこくさん、滋賀縣護國神社
参拝時間

授与所  午前9時半から午後4時半まで

開門時間 午前7時から午後5時まで

※御朱印は禰宜がいない時は書き置き対応となります

参拝にかかる時間

約15分 英霊顕彰館ご見学の方はもう少しお時間を見て下さい。

参拝料

なし

トイレ拝殿白砂を正面から参拝して左に降りたところに参拝者用お手洗いがあります。
御朱印あり

①浦安の舞の御朱印 奉拝 300円 
 直書き可能(禰宜がいる時)

②井伊家赤備えの兜の御朱印
 一期一会 300円
 直書き可能(禰宜がいる時)

③近江を制する者は天下を制すの御朱印 現在滋賀縣護國神社の中央文字は金の箔押し 500円

田中千野先生画 吉祥花鳥画吉祥文様御朱印

※3ヶ月単位で更新。限定500枚 500円

限定御朱印あり
御朱印帳に直書きあり

御朱印の郵送対応あり

ホームページのトピック欄 御朱印について から、メールにてご連絡願います。

電話番号0749-22-0822
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.shigagokoku.jp
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》護国の英霊
創建時代明治9年
本殿神明造
ご由緒

戊辰戦争で彦根藩の藩士の方々が戦死されました。彦根に大きな功績を残されたこれらの方々を彦根の中心地である彦根城の近くに丁重におまつりし、彦根の守り神となっていただこうと、最後の彦根藩の藩主である井伊直憲公が中心となって滋賀縣護國神社の前身である官祭彦根招魂社が明治9年に建てられました。

戊辰戦争から後も、国内外で多くの戦争が起こりました。

西南戦争、日清戦争、日露戦争、大東亜戦争で滋賀県から多くの方々がお亡くなりになられました。
こうした方々の「みたま=神霊」を護國神社で丁重におまつりすることで、滋賀県の守護神となっていだだく、つまりは日本を護る神様となられるのだとの信仰から、現在に至るまで多くの方々の参拝があります。

各地にある護國神社も各地の守り神様として建てられています。

護國神社は即ちその名前の通り、国を護る神様・現代に生きる我々をお護りいただく神様ですので、混迷を極める現代社会においては大変重要な神様といえるでしょう。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三食事・カフェ御朱印お守り武将・サムライ花手水
感染症対策内容

授与所に足踏み式消毒液設置

参拝者用トイレにクレベリン設置

おみくじに抗菌加工済

現在は鈴の緒を外しております

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー