御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

りゅうしじんじゃ

立志神社の御由緒・歴史

公式滋賀県 三雲駅

投稿する
0748-72-3797

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご祭神【御祭神】
国之常立神
【御神徳】
①「大地生成」の神様
古事記では神世七代※の最初に出現した神様であり、伊邪那岐神・伊邪那美神の国生みに繋がる地上世界の土台を生成した神様です。
大地の根源神のご神格があります。

②「国土安泰」の神様
国之常立神の神名は、文字通り、国土(国)が、恒久に(常)、立ち続ける(立)ことを意味しています。
そのため、国土の恒久的な確立を司り、国土安泰のご神徳があります。

③「開運招福」の神様
日本書紀では、天地が開けるときに最初に出現した神様とされている。
万物の始まりを象徴する神様であるため、開運招福のご神徳があります。
ご由緒

正式な社名は立志神社(りゅうしじんじゃ)と読みます。志を立てて目標に向かうことを立志(りっし)と読むことから、“りっしじんじゃ”とも呼ばれています。

起源は不詳ですが、欽明天皇の御代(6世紀)に飢餓に苦しんでいる民を救いたいという一心で、全国12ヶ所の神社にて五穀豊穣のお祈りをしました。その祈願所のひとつが立志神社です。

今日においても当社は、神さまの恵みと祖先のご恩に感謝し、神さまに祈りをささげる場となっています。民の救いたいと祈る、家族の健康を祈る、会社の発展を祈る、自己実現を祈る。祈りに込めた願いはさまざまですが、根底に流れる基本的な姿勢は今も昔も変わりません。

祈るとは「意宣(いの)る」こと、つまり神さまに決意を宣言することです。
そして当社は、1400年以上にわたり、志を立て決意を宣言する役割を担った神社です。

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

めめ小バナー