御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※神明社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

平成元年ママ
2022年01月11日(火)
412投稿

奥多摩八十八札所36番多聞院さんの前にご挨拶参拝。

明治維新までは修験道のお寺の多聞院さん一緒だったのが、よくわかる。

お隣のお寺の隣で境内自由に行き来出来る。

宝泉寺から歩いて、途中、ファミリーマートで珈琲と餡まん食べて一時間。

神明社の本殿

本殿

神明社の周辺

近隣、神明社に行くまでの道は倉庫会社ばかり。だけど道の駅みたいなカフェあった。

神明社の周辺

神明社行くまで倉庫会社とお茶畑と芋畑など。

神明社の周辺

砂川堀は貴重な水利らしい。

神明社の周辺

この通りも倉庫会社ロジスティクス通り。

神明社の鳥居

神明社境内。鳥居。

神明社の建物その他

神明社の能舞台?

神明社の末社

末社は天神様

神明社の本殿

本殿のお賽銭函。

神明社の歴史

芋神社説明

神明社の末社

芋神社

神明社の庭園

神明社と奥多摩八十八のお寺、札所36番につなぐ道。

もっと読む
投稿をもっと見る(10件)

神明社の基本情報

住所埼玉県所沢市中富1507
行き方
アクセスを詳しく見る
名称神明社
読み方しんめいしゃ
通称神明様
御朱印あり

限定御朱印なし

詳細情報

ご祭神《合》誉田別命,倉稲魂命,追雄命,木花開耶姫命,大山祇命,応神天皇,《主》天照大御神

Wikipediaからの引用

概要
神明社(しんめいしゃ)は、埼玉県所沢市中富にある神社。 通称「富(とめ)の神明様」として親しまれている。 同市中心街にある神明社については所澤神明社を参照。
歴史
由緒[編集] 元禄9年(1696年)に柳沢吉保(当時川越藩主)が三富新田として上富・中富・下富村を開村した際、一寺一社の制に基づき開拓農家の檀家寺として上富に多福寺を、また中富に祈願所・鎮守の宮として毘沙門社(・多聞院)を創建した。 後に近隣地域より神明社を含む後述の「合祀七神社」を正式に勧請し、1869年(明治2年)[西暦年要検証]の神仏分離令によって西側の境内は当神社として、また東側は寺院(多聞院)としてそれぞれ独立し、今日に至っている。 また1928年(昭和3年)3月に埼玉県史蹟保存として三富開拓遺跡に指定されている。
アクセス
交通アクセス[編集] この節の加筆が望まれています。
行事
祭事[編集] 歳旦祭 初詣・中祭 (1月1日) - 地元上富囃子保存会による獅子舞などが奉納される。 大祭 祈年祭・兼 春祭 (4月15日) 例祭 (10月9日) 新嘗祭(勤労感謝祭)兼 秋祭 (11月23日) 大祓 (12月31日) 小祭 (毎月15日) ほか七五三詣など
引用元情報神明社 (所沢市中富)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%A5%9E%E6%98%8E%E7%A4%BE%20(%E6%89%80%E6%B2%A2%E5%B8%82%E4%B8%AD%E5%AF%8C)&oldid=81578802

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年9月