御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

じげんじ|曹洞宗旗下山

秩父札所十三番 慈眼寺の御由緒・歴史

公式埼玉県 御花畑駅

投稿する
0494-23-6813

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご本尊聖観世音菩薩(日本百観音秩父札所十三番目)
薬師瑠璃光如来
地蔵菩薩
福寿稲荷
十三権者(秩父札所を開創したと伝えられる十三の権者像が祀られている)
虚空蔵菩薩
阿弥陀如来
迦葉尊者
阿難尊者
十六羅漢
創建時代文明18年(1486年)
開山・開基東雄朔法大和尚
ご由緒

旗下山慈眼寺(きかさんじげんじ)は、780年前に小さなほこらから始まったと伝えられています。​曹洞宗のお寺で、本尊は聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。

この場所は太古の昔、日本武​尊が東国遠征の折に立ち寄り、御旗を建てさせたことにより旗の下(ハタノシタ)と呼ばれました。それが当山の俗称であるハケノシタに変わってきました。※諸説あり

目の仏様、薬師瑠璃光如来(​やくしるりこうにょらい)を祀り、日本全国から目に悩みを持つ方や、めを伸ばしたい方がお参りに訪れます。

​毎年1月8日は「初薬師」、7月8日は「あめ薬師」と呼ばれる御祈願例大祭があり、特にあめ薬師では山門前に露店が立ち並び、夕方からは2万人を超す人で賑わいます。

歴史の写真一覧

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中