参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

桑津天神社の投稿(1回目)by nahi

nahiさんのプロフィール画像
nahi
(222投稿)
 桑津天神社の「大阪陣戦歿将士慰霊塔」を再訪。ここは夏の陣の茶臼山古戦場からもそう遠くなく、平野や八尾などと同じく多くの将兵の血が流された場所だそうである。さてこの近くに、福島正則に関する史跡があると聞き、住宅地の中をひたすら探す。
 はたして、駒川にかかる小さな橋を渡ったそばの、家と家の間にようやくそれを見つけることができた。名前を「五輪橋橋詰めの塚」という。この塚は、大坂の陣で戦死した豊臣方の武将「柴田権十郎正俊」と、徳川方の武将「蜂須賀九郎右衛門」の2人を供養するために建てられている。

 由来はこうだ。福島正則は豊臣秀吉の子飼いで、賤ヶ岳七本槍にも数えられる猛将だったため、徳川家康は豊臣方への寝返りを警戒し、彼を江戸城留守居役に任命することで行動を封じ込めてしまう。そんな正則の家臣に柴田権十郎正俊という男がいて、不憫な主君の身代わりに豊臣へ従軍する。たまたま八合わせたのか、この地で蜂須賀九郎右衛門と戦い討ち取るが、自らも重傷を負い、自刃してしまう。ちなみに当の正則は、大坂の陣自体に参加していないため、おそらく嫡男の福島忠勝か、他の親族の誰かに付き従って従軍したことが、身代わりとして語られるようになったのではないかと思われるが、このあたりよくわからない。のちに付近の住民が二人の供養をし、2つの五輪塔を建立しているが、なぜか九郎右衛門の墓だけが盗まれたそうで、今は柴田のものだけが残る。

 正則は広島藩の大名となるが、城を無断で改築したかどで幕府から改易される運命をたどる。自分の家臣がかつて豊臣方として戦った事実も関係しているのかは定かではない。
桑津天神社の建物その他桑津天神社の本殿桑津天神社のお墓桑津天神社の歴史桑津天神社の建物その他

すてき1

・・・
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。

みんなのコメント(0件)

コメントはまだ投稿されていません。

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

戦国や幕末が好きで、ゆかりの神社仏閣を巡るのが好きです。

nahiさんの他の投稿

圓應寺
福岡県
「光と影と光姫さまと」にはじめて参加。献茶が行なわれ、香道家による伽羅の供香。そして福娘に…
圓應寺の本殿
12
崇福寺
福岡県
黒田家墓所のある千代県庁口の崇福寺へ。正門は福岡城の楼門を移築したものです。官兵衛、光姫、…
崇福寺の山門
6
雲龍院
京都府
紅葉ライトアップで昨年末に訪れて以来の雲龍院へ。河津桜が咲いてました。昼は人が少なく、景色…
雲龍院の食事
7
枚岡神社
大阪府
生駒山の急斜面を登って平岡神社へ。奈良の春日大社の勧請元ということで、元春日の異名があるパ…
枚岡神社の鳥居
10
nahiさんの投稿をもっと見る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!
行きたい投稿する