参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

はじんじゃ

歯神社の歴史大阪府 大阪梅田(阪急)駅

歯神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神宇迦之御魂大神
ご由緒

元々は、巨石を御神体としてお祀りする稲荷社でしたが、江戸中期に川の洪水があり、あわや梅田も水没するかに思われた時、この巨石が水の流れを歯止めしたことから、歯止めの神社、それが転じて歯痛止めに通じるとして、いつしか、歯の神社としてシア染まれるようになりました。明治になって正式な神社とするために、綱敷天神社の末社に加わり、現在では歯の大神さまとして世界各地からの多くのお参りがあります。

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?