ゲストさん
無料で登録する

扇森稲荷神社の投稿 by ジンガ@白光の戦士

おうぎもりいなりじんしゃ

竹田市大字拝田原811番地

ジンガ@白光の戦士

大分県竹田市にある扇森稲荷神社
通称「こうとうさま」

子どもの頃、正月には両親と三人で毎年のようにお詣りしてました。
私は車酔いをする体質だったので、ある意味、行くだけで苦行みたいなところがありました。

父は頭の中に地図が入っているけど車の運転はできず、母は重度の方向音痴ながら模範運転者。一人息子はいつも青白い顔で車酔い。

そんな我が家も、いつの間にか正月の恒例行事も無くなり、父も亡くなって20年。
ふと思い立ち、約40年以上ぶりに参拝しました。

人影まばらな境内は、ほぼ私一人で貸し切り状態。

拝殿にて「お久しぶりでございます」と語りかけると、懐かしさやら何やら、何とも言えず感情が高ぶり、不覚にも涙が…。

自分でも驚きましたが、他に人がいなくて良かった。

思うに、神様が「人払い」をして下さったんではないかと。

ありがたいことです。

拝殿右側より約1分くらい登ると奥宮です。



以下、公式ホームページより ↓

商売繫盛、学業成就、家内安全、交通安全。古くから親しまれてきた神社。地元の人からは「こうとうさま」と呼ばれる。

九州三大稲荷のひとつで、毎年、正月三が日には数万人単位のご参拝者が訪れる。

近年では、パワースポットとして知られています。

ご祭神

保食大神(うけもちのおおかみ)
その御神徳は、
1.生命を守る 2.五穀食物を守る 3. 商売繁盛取引を守る 4.幸福を守る 5.漁業繁栄を守る

猿田彦神(さるたひこのみこと)
悪を防ぎ、運命を開こうとする努力を守る

大宮女命(おおみやのめのみこと)
神楽によって人の心をやわらげ、調和を保つ 出入りする人を、よく見極め守る

稲荷信仰には、ただ単に、商売繁盛を祈るだけでなく、根底に生命の根を養っていくことを願う「ムスビ」信仰があります。

合祀神
合祀神(ごうししん)とは、二柱以上の神や霊を合わせまつることです。

菅原神
学問文学、厄除け。合格に向けた学業を成す勤勉努力を守る

高龗神(たかおかみのかみ)
雨をつかさどり、農業を守る
拝殿拝殿前の広場奥宮奥宮からの眺め奥宮拝殿猿田彦神

すてき14

・・・
投稿した人:

ジンガ@白光の戦士

(13投稿)

神社系人(ジンジャケート)の参拝行者(さんぱいぎょうしゃ)です。

1966年生まれの50代。
参拝した時、四股を奉納するのがクセです(笑)。 さらに時間があって誰もいなければ「天津祝詞」や「ひふみ祝詞」などを奏上しています。

神社では基本的にお願いはしません。
はるか昔から、それぞれの場所で私達を見守ってくださっている神様には感謝しかありません。私達の感謝の気持ちが少しでも神様のエネルギーになれば幸いです。

★予祝(よしゅく/予め祝うことで願いが叶いやすくなります)
①私の身体機能が完全復活。
②息子が五輪で金メダル獲得。
③娘が最高の人と結婚。
ありがとうございます。

★最強の言霊
『天之御中主様(あめのみなかぬしさま)、お助けいただきまして、ありがとうございます』(『神様に上手に助けてもらう方法』より)

斉藤一人さんが「これが最強の言霊だよ」と言って広め始めたのが、始まりです。
「神様に上手に助けてもらう人」になるにはある言葉を言っていればいいのです。
これは強烈な光の波動を放つ「お守りの言霊」です。「お守りの言霊」は、とにかく、たくさん言うことがポイントになります。それは・・・

『天之御中主様(あめのみなかぬしさま)、お助けいただきまして、ありがとうございます』

この言霊を、いつ、どんなときでも、となえているだけでいいのです。この言霊を唱えていると、まず、あなたの中にいる「内神様(うちがみさま)」が、その言葉を聞き入れます。そして、宇宙の中心にいる神様である「天之御中主様」に連絡を取ってくれるのです。そこから「あなたのことをどうやって助けようか」と「内神様」と「天之御中主様」の相談が始まります。そして「助ける方法」を決めると「最高のタイミング」であなたのところに「助け船」を出してくれるのです。

▼お薦めHP
桜井識子オフィシャルブログ
 https://ameblo.jp/holypurewhite/
田宮陽子オフィシャルブログ
 https://ameblo.jp/tsumakiyoko/

みんなのコメント(2)

テラヨリーモ・ジンジャスキー

すごく素敵な投稿で涙が出そうです、ゆっくりご挨拶できたとてもいいお参りだったんですね。

2019年01月08日
ジンガ@白光の戦士

ありがとうございます。実は涙ぐむどころか大泣きでした。糖尿病を発病する前の元気だった頃の父の思い出などが頭をよぎったんだと思いますが、神様の方も「よく来たな」と涙ながらに迎えてくれたような気がしています。

2019年01月09日

扇森稲荷神社の投稿にコメントしませんか?

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

扇森稲荷神社について

基本情報

名称扇森稲荷神社
読み方おうぎもりいなりじんしゃ
通称狐頭様
祭神《主》保食神,猿田彦神,大宮女神,菅原神,高神
電話番号
ホームページ
歴史

最終更新: 2017年11月09日
情報提供:テラヨリーモ・ジンジャスキー
扇森稲荷神社の方へ
ログインすると神社・お寺の情報を追加/編集できます。

行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

使い方をもっと詳しく

ログインすると 、御朱印などのお参りの記録をウェブ上に保存し、共有できます。
あなただけの「行きたい神社お寺リスト」も作成できます。

初めての方

無料登録

アカウントをお持ちの方

ログイン