参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方
ジンジャーさんのプロフィール画像

ジンジャー

(1033投稿)
慶雲2年(西暦705)創祀。神武天皇東遷の折、大和へと道案内した「八咫烏」の化身である建角身命が御祭神です。
創建以来衰退が続いたが江戸中期に京都下鴨神社の働きかけにより中興(賀茂氏は八咫烏の子孫という関係)
その後、紀元2600年記念行事により県社に昇進、境内拡張などがあり現在に至ります。
神社南方の丸塚古墳は八咫鳥の陵墓であると伝わる。
八咫烏神社(奈良県榛原駅)八咫烏神社(奈良県榛原駅)社務所八咫烏神社(奈良県榛原駅)八咫烏神社(奈良県榛原駅)八咫烏神社(奈良県榛原駅)八咫烏神社のその他建物(奈良県榛原駅)八咫烏神社(奈良県榛原駅)八咫烏神社(奈良県榛原駅)

すてき10

・・・
投稿した人:

ジンジャー

ジンジャーさんのプロフィール画像(1033投稿)

皆様の投稿楽しく拝見してます。私は写真メインの投稿をしたいと思います。
夫婦とも北海道出身で岐阜三重愛知奈良と渡り歩き今は大阪府在住。
伊勢神宮・金剛峯寺・南都七大寺・金峯山寺が私のお勧めです。

みんなのコメント(0)

コメントはまだ投稿されていません。

八咫烏神社の投稿にコメントしませんか?

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

八咫烏神社について

基本情報

名称八咫烏神社
読み方やたがらすじんじゃ
御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号
メールアドレスinfo@yatagarasujinja.net
ホームページhttp://www.yatagarasujinja.net/
ご祭神建角身命(八咫烏大神)
ご由緒

・社史・社伝、言い伝えなどによる創建に関する経緯、歴史的な背景など 
当社は延喜式神名帳記載の式内社で、我が国の草創期の正史のひとつである『續日本紀』に文武天皇の御代 「『慶雲二年(西暦705)九月丙戌』、『大倭國宇太郡』に『八咫烏社』を祭る」と記述が見え、これが当社の創祀とされています。御祭神は建角身命(たけつぬみのみこと)です。建角身命とは伝承によると、神武天皇が大和へ東遷する折、熊野の山中で停滞する一行を大和へと道案内し、天皇の勝利に貢献した「八咫烏」の化身と伝えられています(余談ですが、当社境内から東の方角にある山を伊那佐山といい、この山も神武東征伝説の舞台となっています)。このような御由緒から古来、軍神として崇敬され、南北朝時代には後醍醐天皇の篤い信仰により社は大いに栄えたと伝えられています。(※1)
しかし、南朝の衰退と度重なる戦禍に見舞われて以後、江戸時代中期まで廃絶寸前の状態となり、社の衰微にともなって、いつしか「をとごろす」という俗称が残ったほどだと伝えられています。(※2)
やがて、江戸時代文政年間に京都の下鴨神社(賀茂御祖神社)の神官の目にとまり、その働きかけと在郷有志の協力により再興されました。本殿が現在のような春日造に作り替えられたのもこの頃とされています。
その後、大正三年の神社合祀令により近隣の鎮守の神様が当地で祀られることになったため、にわかに再興しました。また、昭和の時代になって紀元2600年を記念し、県社に昇格するのにともない神域の拡張と整備が行われました。以降、現在へと至ります。
※1「八咫烏神社略縁起」文政十三年庚寅年、藏人民部大丞兼左兵衞大尉大江朝臣俊常
※2「和州舊跡幽考」延寶九年、林宗甫                          

分類
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2019年06月04日
作成者: ホトカミ運営

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!
行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

アカウントをお持ちの方