神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

多度大社の投稿(1回目)by のぶさん

のぶさんさんのプロフィール画像
のぶさん
1101投稿
伊勢国(三重県)北部、古来、神が坐します神体山と仰ぐ多度山(標高四〇三メートル)の麓に御鎮座する当大社は、御創祀は定かではないが、山中に遺された数多の磐座・御神石から推して、神代の古に遡ることが出来る。
社伝によれば、雄略天皇の御宇に社殿が造営され、天平宝字七年、満願禅師によって神宮寺が創建、その後『多度神宮寺伽藍縁起並資財帳』が牒上されるに至り、伊勢国の准国分寺と目される程の壮麗な伽藍が造営された。
皇室の御敬神の思召しは並々ならず、国史には延暦元年十月に従五位下に叙せられたとの記述(『続日本紀』)に初見され、以降正二位にまで累進し、『延喜式神名帳』では、霊験著しい神に、朝廷が臨時に祈願を捧げる名神祭を受ける「名神大社」に列し、以降累々幣帛が奉られた。
更に、後一条天皇、鳥羽天皇、六条天皇の御即位に際し、御一代一度の大神宝使の御差遣を忝うし、全国有数の神社と仰がれた。
また、後白河法皇が編纂した当時の流行歌謡(今様)を編纂した『梁塵秘抄』にも、関(滋賀県 逢坂の関)以東の軍神の一社として唄われる等、非常に隆盛を極めた。
中世に入ってもその信仰は衰えることなく、弘長元年神階は正一位を極め、平家を始めとする武家の篤い信仰を受けていた。
然しながら元亀二年、織田信長の長島一向一揆平定の際、兵火に罹り、美濃国(現在の岐阜県)赤坂山に御動座になり、御社殿を始め神宮寺など全ての御建物と、歴朝より賜った神位記・御神宝・諸記録の全てが灰燼となり、広大な神領地も烏有に帰した。
近世、江戸時代に入ると、桑名藩主本多忠勝公より莫大な寄進を受け、慶長十年に御社殿が再興され、以降別宮以下摂末社、年中の恒例祭儀も漸次復興され
  ”お伊勢参らば お多度もかけよ
      お多度かけねば 片参り”
と謡われる程の復興を遂げた。
以降歴代桑名藩主の産土神として格別の御崇敬が寄せられ幕末に至った。
近代に入り、明治六年、県社に列格され、大正四年、大正天皇御即位に際し、一躍國幣大社に昇格し、以降御例祭を始め恒例、臨時の幣帛が奉られ、祭祀が執り行われた。
大東亜戦争後、明治以来の社格制度は廃止されたが、現在でも地元を始め全国から厚い崇敬を受け、境内には、本宮、別宮、摂社末社等十二社を数え、年中七十数度の恒例祭儀を斎行申し上げ、皇室の御安泰を始め、遍く氏子崇敬者の日々の平安を祈願申し上げている。
帰りに桑名の菜花の里でイルミネーション見てから帰ってきました。お客さん少なかったです
多度大社の初詣
多度大社の建物その他
多度大社の末社
多度大社の本殿
多度大社の芸術
多度大社の建物その他
多度大社の鳥居
多度大社の末社
多度大社の鳥居
多度大社の末社
多度大社の建物その他
多度大社の山門
多度大社の歴史
多度大社の建物その他
多度大社の末社
多度大社の建物その他
多度大社の末社
多度大社の本殿
多度大社の本殿
多度大社の末社
多度大社の建物その他
多度大社の建物その他
多度大社の初詣
多度大社の初詣
多度大社の建物その他
多度大社の建物その他
多度大社の建物その他
多度大社の建物その他
多度大社の建物その他
多度大社の建物その他
多度大社の建物その他
多度大社の手水
多度大社の建物その他
多度大社の建物その他
多度大社(三重県)
多度大社(三重県)
多度大社(三重県)

すてき51

・・・
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。

みんなのコメント(0件)

コメントはまだ投稿されていません。

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

初めての御朱印は平成30年12月
奈良県東大寺。
妻の一周忌が終わり、以前から興味のあった御朱印を始めました。
趣味のドライブも兼ねてひとり旅しながら妻の冥福を祈り続けようと思っています。
ホトカミさんは備忘録として登録しました。
SNS自体があまり得意ではなく基本無口です🙇‍♂️
たくさんの土産話と御朱印帳を手土産に妻の待つ天国に逝けるよう神様、仏様にお祈りしながら残りの人生を愉しみたいと思います🙏
木花咲耶姫様と相性が良いみたいで、浅間神社ではいつも歓迎されてる気持ちになれます。言葉にはできない暖かさや安心感が癖になり浅間神社に魅了され、虜になってしまいました🗻⛩
富士山本宮浅間大社がお気に入りだった妻が呼んでくれるてるのかも知れません。
アイコンは須山浅間神社の境内

初投稿
2020年6月18日大善寺
100投稿
2020年8月15日伊奘諾神宮
200投稿
2020年11月8日元乃隅神社
300投稿
2020年12月31日多摩川浅間神社
400投稿
2021年2月22日富士山本宮浅間大社
500投稿
2021年4月16日静岡浅間神社
600投稿
2021年6月4日柴生浅間神社
700投稿
2021年7月23日都萬神社
800投稿
2021年10月12日須山浅間神社
900投稿
2022年1月1日北口本宮富士浅間神社
1000投稿
2022年3月13日山宮浅間神社
1100投稿
2022年5月23日河口浅間神社

多度大社の最新の投稿

前回のお願いが、叶ったのでお礼に行ってきました。

10

大阪へ墓参に向かう道中、未明から早朝にかけて“度々”交通事故現場を横目に走り続けましたが、長島インターの事故による渋滞が酷いことになっていたようなので、名港中央インターで降りて、石榑トンネルのルートを選んだところ、“多度”の神社を地図で見つけ、こちらに参拝しました。
延喜...

7

今日行こうか迷ってたけどもう気が桑名に向いていたので惨敗。でも行って良かったと感じてしまう空気が漂っててよかった。

9

【伊勢国 式内社巡り】

多度大社(たど~)は、三重県桑名市多度町にある神社。式内社(名神大)で、伊勢国二之宮。旧社格は国幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。主祭神は天津彦根命(あまつひこね;天照大神の第3子)。伊勢神宮との関係が深く、「お伊勢参らばお多度もかけよ、...

47

伊勢国(三重県)北部、古来、神が坐します神体山と仰ぐ多度山(標高四〇三メートル)の麓に御鎮座する当大社は、御創祀は定かではないが、山中に遺された数多の磐座・御神石から推して、神代の古に遡ることが出来る。
社伝によれば、雄略天皇の御宇に社殿が造営され、天平宝字七年、満願禅師...

37

もっと見る(63件)神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

のぶさんさんの他の投稿

のぶさんさんの投稿をもっと見る
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中