参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

報恩寺の投稿(1回目)by nahi

nahiさんのプロフィール画像
nahi
(222投稿)
 黒田官兵衛と、その息子である黒田長政ゆかりの、京都にある報恩寺に来た。この寺は長政の京都における宿舎になった場所で、息を引き取ったとされる「最期の部屋」も残されている。快慶作と伝わる阿弥陀三尊のある客殿には、黒田親子の位牌が安置されている。壁には秀吉と信長を描いた掛け軸が飾られていた。
また、明の画人である四明陶佾が描いた猛虎の絵を、秀吉が聚楽第へ飾ったところ、夜中に虎の鳴き声が聞こえ、秀吉は恐ろしくて一晩中安眠できず寺へ戻された逸話が残る『鳴虎図』も、複製ではあるが眺めることができた。
報恩寺の建物その他報恩寺の建物その他報恩寺の建物その他報恩寺の建物その他報恩寺の建物その他報恩寺の建物その他報恩寺の庭園報恩寺の建物その他報恩寺の庭園報恩寺の建物その他報恩寺の建物その他

すてき2

・・・

みんなのコメント(0件)

コメントはまだ投稿されていません。

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

戦国や幕末が好きで、ゆかりの神社仏閣を巡るのが好きです。

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!
行きたい投稿する