参拝者と神社お寺でつくる参拝記録共有サイト楽しみ方

じょうりゅうじ

常立寺の歴史神奈川県 湘南江の島駅

常立寺の歴史情報

詳細情報

ご本尊本尊: 一塔両尊(三宝尊)
創建時代創建:享禄5年(1532年)
開山・開基開山:日豪  / 開基:鈴木隼人正

Wikipediaからの引用

歴史
龍口には罪人の処刑場があったが、場所については諸説あり、処刑場は龍口寺の入口西側、埋葬地は常立寺、すばな通り中央付近の西側などの説がある。 第一の元寇である文永の役の翌年、文永12年(1275年)4月15日長門国室津(現在の山口県下関市)に上陸し、高麗等の各国と同様に元への服従を求める国書を携えた杜世忠ら元の国使ら5名も建治元年(1275年)9月7日処刑されこの地に葬られた。 処刑された者たちを弔うため「誰姿森(たがすのもり)」と呼ばれる龍口寺の隣接地に埋葬され、「面影塚(おもかげづか)」を作り供養塔を立てた。 ここに真言宗の回向院利生寺と称した寺が創建されたのが常立寺のもとである。 そ...Wikipediaで続きを読む
引用元情報常立寺」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%B8%B8%E7%AB%8B%E5%AF%BA&oldid=84198520

歴史の写真一覧

ホトカミを応援してくださっている皆様

特別スポンサー

何かお気づきの点はありますか?
東京メトロ御朱印めぐり2021小バナー