参拝者と神社お寺でつくる参拝記録共有サイト楽しみ方

みょうほうじ

妙法寺の歴史神奈川県 鎌倉駅

妙法寺の歴史情報

詳細情報

ご本尊一塔両尊四師
創建時代諸説あるが、建長5年(1253年) < 延文2年(1357年)との説もある >
開山・開基開山:日蓮 / 中興開山:日叡
ご由緒

妙法寺は、鎌倉で悲運の最期を遂げた護良親王の子日叡が日蓮の旧跡に再興した寺。
裏山山頂には護良親王の墓(供養塔)が建てられている。

Wikipediaからの引用

歴史
建長5年(1253年)に日蓮が安房より移り住んだ松葉ヶ谷草庵跡に開かれたとされ、現在も境内奥の山腹に「御小庵趾」の碑がある。ただし、ごく近隣の安国論寺、長勝寺も、それぞれ松葉ヶ谷草庵跡を称しており、すべて開山は日蓮、創建は草庵が置かれた建長5年としている。 実質的な開山は日蓮より数えて第5世となる楞厳法親王妙法房日叡(りょうごんほうしんのうみょうほうぼうにちえい)で、延文2年(1357年)のことである。後醍醐天皇の子・護良親王と藤原保藤の娘・南方(みなみのかた)の間に生まれた日叡は日蓮を偲び、かつ父・護良親王の菩提を弔うためにこの地に堂等伽藍を建て、自身の幼名である楞厳丸(りょうごんまる...Wikipediaで続きを読む
引用元情報妙法寺 (鎌倉市大町)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%A6%99%E6%B3%95%E5%AF%BA%20(%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%B8%82%E5%A4%A7%E7%94%BA)&oldid=85939603

歴史の写真一覧

ホトカミを応援してくださっている皆様

特別スポンサー

何かお気づきの点はありますか?
東京メトロ御朱印めぐり2021小バナー