御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※和気神社ではいただけません

わけじんじゃ

和気神社

鹿児島県 中福良駅

投稿する
0995‐77‐2885

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

和気神社について

和気清麻呂公流謫の地。
境内には白イノシシの”和気ちゃん”がいます。近くに名勝「犬飼滝」、
和気公園には藤の木が約100本あり、4月中旬~5月始めには「藤まつり」があります。

おすすめの投稿

NOW841
2020年03月13日(金)
21投稿

鹿児島旅行でお参りさせて頂きました。
御祭神は和気清麻呂公命。
和気清麻呂公が歩けなくなった時に猪に案内された霊泉に足を浸けた所、すぐに治り、歩けるようになったなど猪と縁が深かったため猪は、清麻呂公の随身、足腰の守護として奉られているそうです。
また新婚旅行で坂本龍馬が訪れた神社ということで龍馬の描かれた御朱印も頂きました。
ありがとうございました

和気神社の絵馬

神社に入る手前に巨大絵馬がありました

和気神社の歴史

ご由緒

和気神社の狛犬

狛犬ではなく狛猪です。
すごく珍しいのではないかと思います。

和気神社の狛犬和気神社の本殿

本殿

和気神社の動物

境内には白猪の「わけちゃん」もいます。

和気神社の建物その他

坂本龍馬 新婚旅行の地の石碑

和気神社の御朱印和気神社の御朱印

せっかく頂いた見開きの御朱印ですが、貼り方が下手過ぎてシワが出来てしまいました…
泣きたい(╥﹏╥)

和気神社の御朱印
もっと読む
投稿をもっと見る(23件)

歴史

清麻呂公は宇佐八幡神託の一件により僧道鏡の皇位継承を阻止したが、神護景雲三年大隅に流された。嘉永六年二十八代藩主島津斉彬公は、大隅日向諸郷巡視の折り犬飼附近に駕を駐め、八田知紀に命じて和気公遺跡を精査し、史実確認の上下中津川犬飼の現在地を公の遺跡地と確認された。滝の下流に縁りの和気湯、腰掛石がある。

明治維新以降清麻呂公の精忠の思想は世に浮上し、公関係遺跡地七ヶ所に記念碑も建ち、皇紀二千六百年を機に神社建立の気運が昂まり、昭和十二年四月地元有志の浄財により和気祠堂が建立された。昭和十四年和気清麻呂公精忠顕彰会が発足し、県議会の議決、県知事の承認を経て、同十七年五月六日県社和気神社創立の件が内務省神祇院より許可され、同十八年二月十一日地鎮祭を執行し建設を進め、大東亜戦争敗戦後の昭和二十一年三月十七日辛うじて鎮祭奉祀した。しかし国の管理を離れ、民心は混乱急変し、社会の関心も地に堕ち、管理不能状態が三十有余年続いて社殿の荒廃は極限に達した。

昭和五十四年四月和気神社復興奉賛会が発足、県下一円に亘り大々的に募金が行われ、会務は順調に進行していたが中断した。同五十七年六月二日、社殿屋根の仮補修が完成、社殿の腐朽により雨漏りが甚だしく桧皮葺をカラートタン葺に応急補修した。神社の窮状観るに忍びずと、昭和六十一年四月十日和気神社崇敬会が地元有志者により発足し、境内整備、管理運営上の絶大な力となって現在に至っている。

歴史をもっと見る|
6

和気神社の基本情報

住所鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3986
行き方
アクセスを詳しく見る
名称和気神社
読み方わけじんじゃ
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0995‐77‐2885
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
絵馬あり

詳細情報

ご祭神正一位護王大明神(和気清麻呂公)(ショウイチイゴオウダイミョウジン(ワケノキヨマロコウ))
ご由緒

清麻呂公は宇佐八幡神託の一件により僧道鏡の皇位継承を阻止したが、神護景雲三年大隅に流された。嘉永六年二十八代藩主島津斉彬公は、大隅日向諸郷巡視の折り犬飼附近に駕を駐め、八田知紀に命じて和気公遺跡を精査し、史実確認の上下中津川犬飼の現在地を公の遺跡地と確認された。滝の下流に縁りの和気湯、腰掛石がある。

明治維新以降清麻呂公の精忠の思想は世に浮上し、公関係遺跡地七ヶ所に記念碑も建ち、皇紀二千六百年を機に神社建立の気運が昂まり、昭和十二年四月地元有志の浄財により和気祠堂が建立された。昭和十四年和気清麻呂公精忠顕彰会が発足し、県議会の議決、県知事の承認を経て、同十七年五月六日県社和気神社創立の件が内務省神祇院より許可され、同十八年二月十一日地鎮祭を執行し建設を進め、大東亜戦争敗戦後の昭和二十一年三月十七日辛うじて鎮祭奉祀した。しかし国の管理を離れ、民心は混乱急変し、社会の関心も地に堕ち、管理不能状態が三十有余年続いて社殿の荒廃は極限に達した。

昭和五十四年四月和気神社復興奉賛会が発足、県下一円に亘り大々的に募金が行われ、会務は順調に進行していたが中断した。同五十七年六月二日、社殿屋根の仮補修が完成、社殿の腐朽により雨漏りが甚だしく桧皮葺をカラートタン葺に応急補修した。神社の窮状観るに忍びずと、昭和六十一年四月十日和気神社崇敬会が地元有志者により発足し、境内整備、管理運営上の絶大な力となって現在に至っている。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー