御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年3月
飯倉神社ではいただけません
広告
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

惣一郎
2023年03月27日(月)
1269投稿

【薩摩國 古社巡り】

飯倉神社(いいくら~)は、鹿児島県南九州市川辺町宮にある神社。旧社格は県社。祭神は玉依姫命、大綿津見神、倉稲魂命。

創建は不詳。『川辺神社取調帳』によると和銅年間(708年~715年)の創建とされ、現在地の南西2kmの飯倉山に鎮座していたと言われている。鎌倉時代の1247年に加世田郷宮原村から1社、阿多郷宮崎村から1社を合祀した際に現在地に遷座したという。かつては「飯倉新宮三社大明神」としょうした川辺郷の総鎮守であった。明治に入り「飯倉魂神社」と改称し郷社に列格、その後現社名の「飯倉神社」に改称し県社に昇格した。

当社は、JR指宿枕崎線・中名駅の西方14km、道のり21kmあまりの平地、麓川の南岸にある。境内は木々にしっかり覆われていて、社殿周りだけが明るくなっている。入口付近には「川辺の大クス(宮の大クス)」があり、古社の雰囲気の演出に一役買っている。木々の深さから醸し出される神聖な空気感に、地面は非常にきれいに掃き清めらていて、とても気持ち良く参拝することができる。

今回は鹿児島県の旧県社であることから参拝することに。参拝時は休日の午前中で、神社好きと思われる中高年の人が数人、車でやって来て参拝していた。

飯倉神社(鹿児島県)

境内から数十m南の、住宅街の中の公道上にある<一の鳥居>。

飯倉神社(鹿児島県)

境内南端入口全景。手前左側は当社駐車場。

飯倉神社(鹿児島県)

境内入口の<鳥居>と<社号標>。

飯倉神社(鹿児島県)

二の鳥居をくぐった左側にある<門守神社>。

飯倉神社の末社

二の鳥居をくぐった右側にある<門守神社>。

飯倉神社の手水

参道左手にある<手水舎>。

飯倉神社の自然

右側の門守神社そばにある<川辺の大クス>。推定樹齢はなんと1200年。(;゚Д゚)

飯倉神社(鹿児島県)

門守神社付近から、社殿周り全景。

飯倉神社(鹿児島県)

<拝殿>全景。屋根の緑、躯体の茶色、柱や桟の朱色と、カラフルな色合いが特徴。

飯倉神社の本殿

<拝殿>正面。扁額はなし。

飯倉神社(鹿児島県)

拝殿から振り返って境内全景。境内はかなり綺麗に掃き清められていて清々しい。

飯倉神社(鹿児島県)

狛犬がないと思ったら、向拝を支える柱の根本で発見。風化で相当削れている。

飯倉神社(鹿児島県)

こちらが右側の<狛犬>。こちらの方がまだ狛犬と分かるかな。

飯倉神社(鹿児島県)

拝殿の左側にあって、拝殿と繋がっている建物。

飯倉神社の本殿

拝殿後ろの<本殿>。なかなか立派なサイズ。

飯倉神社の建物その他

大クス近くまで戻って、参道右手にある<社務所>。御朱印はこちら。

飯倉神社の本殿

社務所前から社殿方向を望む。

飯倉神社(鹿児島県)

社務所の近くにある、唯一の境内社<淡島神社>。

飯倉神社(鹿児島県)

最後に、当社の社叢の内部。古木の間の地面は苔生し、しっとりとした神聖な空気感が素晴らしい。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(4件)

飯倉神社の基本情報

住所鹿児島県川辺郡川辺町宮4778
行き方
アクセスを詳しく見る
名称飯倉神社
読み方いいくらじんじゃ
通称大明神様
御朱印あり

限定御朱印なし

詳細情報

ご祭神《合》大綿津見神,食飯魂命,大山祇大神,《主》玉依姫命

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ