御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年6月
志度寺ではいただけません
広告

しどじ|真言宗善通寺派補陀洛山(ふだらくさん)

志度寺
香川県 琴電志度駅

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

納経所の前(無料)

巡礼

その他の巡礼の情報

四国八十八箇所第86番

おすすめの投稿

くるくるきよせん
2024年03月08日(金)
1452投稿

憧れの四国八十八霊場巡り日帰り5回目です。
香川県にシフトチェンジしたため 車の運転が短時間になり楽でした。
87番札所長尾寺に続き 86番札所の志度寺へのお参りです。
長尾寺から志度寺までは 7kmほどで 車だと10分と少しです。
境内の外が駐車場になっていましたので 車でのお参りはしやすいです。
あいにくの雨天でしたが 駐車場は満車で 参拝者は非常に多かったです。
山門をくぐると接待を受けました。暖かいカフェオレをいただきました。
四国八十八霊場巡りでは 度々接待のお世話になります。
地元の方の温かい心に触れ 心がほっこりします。
境内には建物が多く 見て回るのが楽しいです。
本堂も大師堂も素晴らしいのですが 奪衣婆堂や五重塔や焔魔堂も素敵です。
書院なのか 関係者以外立ち入り禁止と言われそうな建物に入ると 無染庭と言われる庭を見ることができます。
細川勝元によって完成された枯山水庭園です。
少し笑ったのが 中庭にあるドアです。
ドラえもんの「どこでもドア」のように立っています。

山号は補陀洛山 院号は清浄光院 宗旨宗派は古義真言宗善通寺派 ご本尊は十一面観音菩薩 創建年は(伝)推古天皇33年(626年) 開基は(伝)尼凡薗子です。

ご真言とご詠歌は
本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか
ご詠歌:いざさらば今宵はここに志度の寺 祈りのこえを耳にふれつつ
でした。

由緒については
本寺の縁起によると 志度浦にたどり着いた檜の霊木を凡薗子尼(おおしそのこに智法尼とも)が草庵へ持ち帰り安置し その霊木から本尊・十一面観音を造立し 小さな堂を建て祀ったという。
626年(推古天皇33年)のことで創建とされている。
681年(天武天皇10年)藤原不比等が堂宇を増築し「死度道場」と名づけたという。
また 693年(持統天皇7年)には不比等の子・藤原房前が行基とともに堂宇を建立し 寺名を「志度寺」に改めたと伝えられている。
この海辺は極楽浄土へ続いているとの信仰を伝えると『梁塵秘抄』に書かれているという。
その後 巡錫に来た 弘法大師が伽藍の修理にあたったのは弘仁年間である。
室町時代には四国管領の細川氏が代々寄進を行うことで繁栄し 室町後期になると敷地内および近隣に多くの僧坊や支院末寺を塔頭として抱えた。
のちの戦乱により寺院は荒廃するも 安土桃山時代から江戸時代初期にかけて藤原氏末裔の生駒親正による支援などを得る事となり 慶長の頃には改めて「華厳坊」「常楽坊」「西林坊」「常林坊」「林蔵坊」「空圓坊」などの僧坊を復興させるに至る。
1671年(寛文10年) 高松藩主松平頼重の寄進(本堂・仁王門)など 高松藩主松平氏により再興。
これに伴い復興させた僧坊も様々な要因により改めて再編され複数の塔頭寺院(後述)として独立するに至る。
とありました。

志度寺(香川県)

石柱右

志度寺(香川県)

石柱左

志度寺(香川県)

由緒など

志度寺(香川県)

山門には巨大わらじが

志度寺(香川県)

山門の扁額

志度寺(香川県)
志度寺(香川県)
志度寺(香川県)

山門をくぐると

志度寺(香川県)

手水舎

志度寺(香川県)

讃岐遍路道についての説明

志度寺(香川県)

境内には低木が多く その中に石仏などが散在しています

志度寺(香川県)

書院の門かと思うのですが

志度寺(香川県)

文化財の看板があり

志度寺(香川県)

おそらく書院だと思うのです

志度寺(香川県)

関係者の入口のような気もするのですが 入りました

志度寺(香川県)

無染庭

志度寺(香川県)
志度寺(香川県)

本堂

志度寺(香川県)
志度寺(香川県)
志度寺(香川県)

内陣は網があって見えにくい

志度寺(香川県)

大師堂

志度寺(香川県)

内陣

志度寺(香川県)

閻魔堂

志度寺(香川県)

焔魔堂の説明

志度寺の仏像

三尊仏

志度寺(香川県)

三社

志度寺(香川県)

薬師堂かな 工事中

志度寺(香川県)

納骨堂かな

志度寺(香川県)

鐘楼 工事中

志度寺(香川県)

どこでもドア

志度寺(香川県)

奪衣婆堂

志度寺(香川県)

内陣

志度寺(香川県)

説明

志度寺(香川県)

五重塔

志度寺(香川県)

納経所

志度寺(香川県)

駐車場には 授与品の自動販売機がありました

もっと読む
to_sun
2023年06月18日(日)
189投稿

【補陀洛山(ふだらくざん)清浄光院(せいじょうこういん)志度寺(しどじ)】
本尊:十一面観世音菩薩
宗派:真言宗善通寺派
開基:藤原不比等
 志度寺の歴史は古く、飛鳥時代625(推古天皇33)年、凡薗子(おおしそのこ)という尼僧が十一面観音像を彫り、小さな御堂を建てたのがはじまりとされている。その後、681(天武天皇10)年、藤原鎌足の息子、藤原不比等(ふひと)が妻の墓を建立し「死度(しど)道場」と名づけたという。その息子 房前(ふささき)の時代、693(持統天皇7)年、行基とともに堂宇を拡張し、寺名を「志度寺」に改めたと伝えられている。

志度寺(香川県)

【86_仁王門と五重塔】

志度寺(香川県)

【86_無染庭】
 龍神から海女が玉を取り返したとされる「玉取り伝説」をモチーフにした枯山水の庭園「無染庭」。七つの石を配し、苔むした岩、庭一面に敷き詰めた白砂で、伝説を表現している。(四国霊場開創1200年記念絵はがき)

志度寺(香川県)

【86_無染庭(むぜんてい)】
 昭和期の作庭家 重森三玲(しげもりみれい)によって造られた枯山水の庭園。

志度寺の本殿

【86_本堂】

志度寺(香川県)

【86_大師堂】

志度寺(香川県)

【86_仁王門】
 運慶作の仁王像を納めている。

志度寺(香川県)

【86_仁王阿形像】

志度寺(香川県)

【86_仁王吽形像】

志度寺(香川県)

【86_閻魔堂】
 厳しい表情の十一面閻魔大王が鎮座している。

志度寺(香川県)

【86_五重塔と鐘楼】

志度寺(香川県)

【86_書院入口】

志度寺(香川県)

【86_曲水式庭園】
 室町時代の守護大名 細川勝元が寄進した庭園が書院の南側に残る。

志度寺の御朱印
もっと読む
投稿をもっと見る(32件)

歴史

香川県東部、志度湾に面して建立される志度寺。海の向こうはるかには、屋島や五剣山の稜線を望めます。開創は古く推古天皇33年(625)、四国霊場屈指の古刹です。海洋技能集団海人族の凡園子(おおしそのこ)が霊木を刻み、十一面観音(かんのん)像を彫り、精舎を建てたのが始まりと言われ、その後、藤原鎌足の息子、藤原不比等が妻の墓を建立し「死度道場」と名づけられました。その息子房前の時代、持統天皇7年(693)、行基とともに堂宇を拡張し、学問の道場として栄えました。能楽の作品「海士(あま)」の舞台としても語り継がれています。
室町時代には、四国管領の細川氏の寄進により繁栄するが、戦国時代に荒廃。その後、藤原氏末裔、生駒親正(安土桃山時代、信長や秀吉などに仕える)による支援を経て、寛文10年(1671年)高松藩主松平頼重の寄進などにより再興されました。志度は、江戸時代の奇才平賀源内の故郷であり、近くに記念館があります。

歴史をもっと見る|
1

志度寺の基本情報

住所香川県さぬき市志度町志度1102
行き方

志度駅より(0.7km)
85【八栗寺】より
(自家用車)約15分 約7km
(徒歩)約2時間 約6.5km
87【長尾寺】より
(自家用車)約15分 約7km
(徒歩)約1時間50分 約7km

アクセスを詳しく見る
名称志度寺
読み方しどじ
参拝時間

7:00~17:00

トイレ駐車場の海側に公衆トイレ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号087-894-1991
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

巡礼の詳細情報

四国八十八ヶ所霊場(お遍路)

詳細情報

ご本尊十一面観世音菩薩
山号補陀洛山(ふだらくさん)
宗旨・宗派真言宗善通寺派
創建時代推古33年(625)
開山・開基藤原不比等
文化財

本堂、仁王門、木造十一面観音立像および両脇侍(不動明王立像・毘沙門天)立像、絹本著色十一面観音像、絹本著色志度寺縁起 6幅(重要文化財)
閻魔堂、奪衣婆堂、木造如来形坐像、木造金剛力士立像(県指定有形文化財)
絹本著色十一面観音立像(さぬき市指定有形文化財)
生駒親正墓塔、海女の墓五輪塔群(さぬき市指定史跡)

ご由緒

香川県東部、志度湾に面して建立される志度寺。海の向こうはるかには、屋島や五剣山の稜線を望めます。開創は古く推古天皇33年(625)、四国霊場屈指の古刹です。海洋技能集団海人族の凡園子(おおしそのこ)が霊木を刻み、十一面観音(かんのん)像を彫り、精舎を建てたのが始まりと言われ、その後、藤原鎌足の息子、藤原不比等が妻の墓を建立し「死度道場」と名づけられました。その息子房前の時代、持統天皇7年(693)、行基とともに堂宇を拡張し、学問の道場として栄えました。能楽の作品「海士(あま)」の舞台としても語り継がれています。
室町時代には、四国管領の細川氏の寄進により繁栄するが、戦国時代に荒廃。その後、藤原氏末裔、生駒親正(安土桃山時代、信長や秀吉などに仕える)による支援を経て、寛文10年(1671年)高松藩主松平頼重の寄進などにより再興されました。志度は、江戸時代の奇才平賀源内の故郷であり、近くに記念館があります。

体験御朱印重要文化財札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ