御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
慈眼寺めめ大バナー※白山皇大神宮ではいただけません

はくさんこうたいじんぐう

白山皇大神宮

岩手県 水沢江刺駅

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

歴史

白山皇大神宮の始まりは、人首川の淵に竜宮の玉を宝物として白山姫尊を祀り、白山妙理大権現として、角掛村の氏神と崇敬されてきた。
延暦22年(803年)坂上田村麻呂将軍が東夷征伐(人首丸・大岳丸・アテルイ系統)の為、人首村へ向かう途中、当地竜宮城を拝し、白山神社に白身鏡・天国槍・大日像・南蛮鉄(経7寸)を奉納し伊勢皇大神宮奉幣祈願したと伝わる。
享保2年(1717)5月、落雷によって社殿は炎上焼失し、同時に本殿脇にあった田村麻呂お手植えと伝わる杉の大木も失われたといわれる。
現本殿は、元文3年2月の再建、拝殿は大正11年5月に改築。
大正6年(1917)11月7日、村社に列す。

歴史をもっと見る|
1

白山皇大神宮の基本情報

住所岩手県 奥州市江刺区玉里
行き方
アクセスを詳しく見る
名称白山皇大神宮
読み方はくさんこうたいじんぐう

詳細情報

ご祭神天照大御神
伊邪那岐命
伊邪那美命
ご由緒

白山皇大神宮の始まりは、人首川の淵に竜宮の玉を宝物として白山姫尊を祀り、白山妙理大権現として、角掛村の氏神と崇敬されてきた。
延暦22年(803年)坂上田村麻呂将軍が東夷征伐(人首丸・大岳丸・アテルイ系統)の為、人首村へ向かう途中、当地竜宮城を拝し、白山神社に白身鏡・天国槍・大日像・南蛮鉄(経7寸)を奉納し伊勢皇大神宮奉幣祈願したと伝わる。
享保2年(1717)5月、落雷によって社殿は炎上焼失し、同時に本殿脇にあった田村麻呂お手植えと伝わる杉の大木も失われたといわれる。
現本殿は、元文3年2月の再建、拝殿は大正11年5月に改築。
大正6年(1917)11月7日、村社に列す。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー2