御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

はいしわじんしゃ

配志和神社のお参りの記録(1回目)
岩手県山ノ目駅

投稿する
0191-23-2904

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

投稿日:2022年07月08日(金)
参拝:2022年4月吉日

【陸奥國 式内社巡り】

配志和神社(はいしわ~)は、岩手県一関市山目にある神社。式内社で、旧社格は県社。祭神は、高皇産靈神 瓊瓊杵尊 木花開耶姫命。

社伝によると、12代景行天皇の御代に、皇子日本武尊が東征の際に磐座山に矛を納め、三神を鎮斎して東奥鎮護の神として祠を建て火石輪と称したのが始まり。のち現在地に遷座し、配志和と改称した。平安時代の927年に編纂された『延喜式神名帳』に記載のある「陸奥國 磐井郡 配志和神社 小」に比定されている。江戸時代の寛永年間(1624年~1644年)に火災によって古文書を焼失したが、口伝で古来の天孫降臨・奉供稚児行列などの祭典を伝えてきたとのこと。

当社は、JR東北本線・山ノ目駅の南東1kmの住宅街の中に入口がある。境内地は広く、周囲の小丘全体が範囲になっている。入口から徐々に登って行くと、寺務所と二段式庭園、境内社などがあり、さらに参道を登って行くと森の中に突入し、先に社殿までの数百段の真っ直ぐな階段がある。高い位置にある社殿周りはきれいに整っていて、周りにはいくつかの境内社がある。森に囲まれているため、神聖な空気感は素晴らしい。

今回は、陸奥国の式内社ということで参拝することに。参拝時は休日の午後で、参拝者は自分以外には誰もいなかった。
配志和神社(岩手県)
境内南東端入口全景。手前は住宅街。
配志和神社の鳥居
<鳥居>と<社号標>。
配志和神社の手水
鳥居をくぐって参道を進むと、右側に<手水舎>。
配志和神社(岩手県)
右側に駐車場があり、ここまでは参道ほぼのみ。ここから本格的に境内が始まる。
配志和神社(岩手県)
参道左手に見える庭園。池の名前は「月見ヶ池」。写真右側の一段高いところにも庭園があって、「二段式庭園」と呼ばれているとのこと。
配志和神社(岩手県)
参道左側の<白鳥神社>。
配志和神社(岩手県)
つづいて参道左側の<八雲神社>。
配志和神社(岩手県)
さらに参道左側の<三寶大荒神社>。
配志和神社(岩手県)
参道左手の二段式庭園の上の段。奥は<社務所>で、御朱印はこちら。
配志和神社(岩手県)
徐々に参道の傾斜が増していき、森が深くなっていく。
配志和神社の建物その他
しばらく登ると、真っ直ぐ先の高いところに<社殿>が見えてくる。この坂は「剱坂」と呼ぶみたい。
配志和神社の建物その他
参道を進むと、両側に池があり、<神橋>が架かっている。
配志和神社(岩手県)
参道右手の石製小社群。かつてはバラバラに存在していたものを集めた感じ。
配志和神社の本殿
階段を登り切ったところからの眺め。社殿周りだけ空が抜けていて明るい。
配志和神社(岩手県)
参道左手に見える、南側の<御神木>。推定樹齢1000年以上、目通周4,83m、樹高42m。
配志和神社(岩手県)
参道右手に見える、北側の<御神木>。2本合わせて「夫婦杉」。推定樹齢1000年以上、目通周7.18m、樹高42m。
配志和神社(岩手県)
<拝殿>遠景。社殿や境内社群は一段高いところにある。
配志和神社(岩手県)
参道左側の<狛犬>。地面に置かれ、サイズは大きい。
配志和神社(岩手県)
参道右側の<狛犬>。かなり古そう。良い感じ。
配志和神社の本殿
<拝殿>全景。明治時代中期1711年の改築。
配志和神社(岩手県)
<拝殿>正面。
配志和神社の本殿
<拝殿>内部。
配志和神社(岩手県)
拝殿の左手にある建物。
配志和神社(岩手県)
拝殿後ろの<本殿>。平安時代末期1181年の改築。
配志和神社(岩手県)
拝殿右手の眺め。拝殿に近い順に廻って行く。
配志和神社(岩手県)
拝殿の右隣の<愛宕神社>。
配志和神社(岩手県)
愛宕神社の右隣にある<天神社>
配志和神社(岩手県)
天神社の右後ろにある<硯ヶ池>。
配志和神社(岩手県)
拝殿に向かって建つ建物。屋根の下左側に石製小社、右側に観音像かな。
配志和神社(岩手県)
上の建物の右隣に建つ境内社。
配志和神社(岩手県)
斜めから社殿全景。
配志和神社(岩手県)
少し離れたところにある境内社群。
配志和神社(岩手県)
右側の<日吉神社>。
配志和神社(岩手県)
左側の<浅間神社>。
配志和神社(岩手県)
帰路に就くため、に階段の上から参道を見下ろす。
配志和神社の建物その他
最後に、当社で最も印象に残ったのはこちら。森の中で百段以上の階段が、社殿までまっすぐ伸びる眺め。神聖な空気の中、まさに神殿に昇っていく感覚。 (^▽^)/

すてき

御朱印

みんなのコメント(0件)

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

投稿者のプロフィール

惣一郎さんのプロフィール画像

惣一郎963投稿

2020年1月から寺社仏閣巡りを始めた初心者です。東京在住です。
クルマとバイク、旅行が趣味なので、近くから遠くまで、精力的にお参りしています~♪

■2020年は、寺院も神社もよく分からないので、分かりやすそうな神社を中心に回り始めました(366寺社)。

①関東圏の延喜式内社 + 坂東三十三観音。
②関東以外に旅行に行くときは一之宮。
③チャンスがあれば、憧れの伊勢や出雲。

■2021年は、寺院にも力を入れてみました(574寺社)。

①寺院は巡礼を中心に。西国三十三、江戸三十三、鎌倉三十三、秩父三十四、関東三十六、北関東三十六、関東八十八、東国花の寺百ヶ寺。
②神社は、引き続き延喜式内社、旧社格県社以上、総社、一国一社八幡宮、神社本庁の別表神社。
③関東なら鎌倉、やっぱり京都・奈良、チャンスがあれば憧れの熊野・四国・九州。

■2022年は、良かった寺社を再訪しながら、日本各地(目標:47都道府県)を廻ってみたいと思っています~♪ (^▽^)/

(1月)東京都、三重県、岐阜県、愛知県 
(2月)静岡県 
(3月)山梨県、沖縄県 
(4月)滋賀県、福岡県、長野県、兵庫県、岩手県
(5月)埼玉県
(6月)長野県、北海道
(7月)(東京都)
(8月)富山県、(岐阜県)
(9月)(東京都)、(岩手県)、青森県

惣一郎さんの投稿をもっと見る

ホトカミ見ました! で広がるご縁

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
配志和神社の投稿をもっと見る7件
コメント
お問い合わせ